第154回パリ大賞(仏GI)の勝ち馬-Japan(2016.2.22)-

Result

Japan(ジャパン) 牡 鹿毛 2016.2.22生 英国・Newsells Park Stud生産 馬主・Derrick Smith & Mrs John Magnier & Michael Tabor 愛国・A P O’Brien厩舎

Japan(2016.2.22)の4代血統表
Galileo
鹿毛 1998.3.30
種付け時活性値:0.25

Sadler’s Wells
鹿毛 1981.4.11
Northern Dancer
鹿毛 1961.5.27
Nearctic 1954.2.11
Natalma 1957.3.26 ♀
Fairy Bridge
鹿毛 1975.5.4
Bold Reason 1968.4.8
Special 1969.3.28
Urban Sea
栗毛 1989.2.18
▲Miswaki
栗毛 1978.2.22
Mr. Prospector 1970.1.28
Hopespringseternal 1971.5.27
Allegretta
栗毛 1978.3.10
▲Lombard 1967
Anatevka 1969
Shastye
鹿毛 2001.4.5
仔受胎時活性値:1.50
デインヒル
鹿毛 1986.3.26
種付け時活性値:1.50
★Danzig
鹿毛 1977.2.12
Northern Dancer 1961.5.27
Pas de Nom 1968.1.27
Razyana
鹿毛 1981.4.18
His Majesty 1968.4.15
Spring Adieu 1974.5.10
Saganeca
黒鹿毛 1988.3.8
仔受胎時活性値:1.00
Sagace
鹿毛 1980.5.26
種付け時活性値:1.75
Luthier 1965.3.22
Seneca 1973.2.16
Haglette
鹿毛 1978.4.30
仔受胎時活性値:0.25
Hagley
鹿毛 1967.4.13
種付け時活性値:0.50
Sucrette
鹿毛 1958.4.17
仔受胎時活性値:0.75

<5代血統表内のクロス:Northern Dancer3×4、Natalma(♀)4×5×5、Buckpasser5×5>

Japan(2016.2.22)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
Galileo
(Sadler’s Wells系)
デインヒル
(Danzig系)
Sagace
(Luthier系)
Hagley
(Relic系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
Sagace
(Pantheon)
3.50 伯父Sagamix
(No. 11-d)
9番仔?
(7連産目)

*

2019年の第154回パリ大賞(仏GI。パリロンシャン芝2400m)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破時計
・着差
調教師
1 3 Japan 牡3 58 Ryan Moore 2:27.07 A P O’Brien 1
2 8 Slalom 牡3 58 Maxime Guyon 1/2 A Fabre 2
3 5 Jalmoud 牡3 58 James Doyle 3/4 Charlie Appleby 4
4 6 Roman Candle 牡3 58 Mickael Barzalona クビ A Fabre 2
5 7 Soft Light 牡3 58 Cristian Demuro 2 1/2 J-C Rouget 5

2019年の第154回パリ大賞。凱旋門賞(仏GI)と同じパリロンシャン芝2400mで行われる3歳限定のこの一戦、2019年のレースを1番人気で制したのは、その名もJapan。昨年2018年にはベレスフォードS(愛GII)を勝ち、今年2019年はダンテS(英GII)4着、第240回英ダービー(GI)3着、キングエドワード7世S(英GII)1着と来て、仏国の舞台で見事にGI初制覇を遂げました。

さて、Japanの最優性先祖と判断した祖母父Sagaceは現役時代に8勝を挙げ、その主な勝ち鞍に凱旋門賞、イスパーン賞(仏GI)、ガネー賞(仏GI)、コンセイユドパリ賞(仏GII)、フォワ賞(仏GIII)2回、ニエル賞(仏GIII)と仏グループレース7勝がある、Lutierの代表産駒。Sagaceのよく知られるエピソードとしては、連覇を果たしたかに思われた1985年の第64回凱旋門賞で、Rainbow Quest(1981.5.15)に対するインターフェアにより2着降着となったことでしょうか。

走行妨害と判定される程には見えませんけれど、兎にも角にも、Sagaceの凱旋門賞連覇は露と消えてしまいました。ともあれ、1980年代中期の仏国の名馬であることには相違なく、そしてまたLuthierラインの継承者としても期待されたSagaceでしたが、種牡馬入り後僅か3年で夭折。ただ、それでも能力の片鱗は見せ、

  1. アルカング(1988.3.12)
    →ブリーダーズカップ・クラシック(米GI)、イスパーン賞(仏GI)、ジョンヘンリーH(米GII)、ウジェーヌアダム賞(仏GII)、プランスドランジュ賞(仏GIII)ほか
  2. Saganeca(1988.3.8)
    →ロワイヤリュー賞(仏GII)。↑の4代血統表の通り、Japanの祖母

と、2頭のGレース勝ち産駒を残しました。特にアルカングが制した1993年の第10回ブリーダーズカップ・クラシックは、仏国調教馬アルカングが自身初のダート挑戦でいきなり米国の最高峰のGIレース勝利を収め、競馬ファンをあっと言わせました。

「別路線からの挑戦者」「芝からダート替わり」。国は変われど、馬の習性は変わらず。アルカング、見事なジャイアントキリングでした。

では、以下にJapanのごく簡単な近親牝系図を示しておきます。なお、近親牝系図内のレース名、格付けはいずれも施行当時のものです。

Saganeca 1988.3.8 1勝 ロワイヤリュー賞(仏GII)ほか
|Sagamix 1995.3.15 4勝 凱旋門賞(仏GI) ニエル賞(仏GII)ほか
|Sage et Jolie 1996.3.25 3勝 マルレ賞(仏GII)ほか
||Sageburg 2004.3.19 4勝 イスパーン賞(仏GI)ほか
|Sagacity 1998.4.6 2勝 クリテリウム・ド・サンクルー(仏GI) 凱旋門賞(仏GI)3着ほか
|Sagalina 2000.4.1 0勝
||Sagawara 2009.4.28 2勝 サンタラリ賞(仏GI)ほか
|Shastye 2001.4.5 2勝
||Secret Gesture 2010.1.22 4勝 ミドルトンS(英GII)ほか
||Maurus 2011.2.1 キングストンタウンS(豪GIII)2着ほか
||Sir Isaac Newton 2012.2.12 インターナショナルS(愛GIII)ほか
||Japan 2016.2.22 (本馬) パリ大賞(仏GI) キングエドワード7世S(英GII) ベレスフォードS(愛GII)ほか

Japanの牝系は11号族d分枝系。祖母Saganeca自身がロワイヤリュー賞の勝ち馬であり、その仔孫にも基本頭文字Sの活躍馬が居並びます。Japanの伯父Sagamixが制した1998年の第77回凱旋門賞は、第75回のエリシオ(1993.1.24)、第76回のパントレセレブル(1994.3.17)に続く、オリビエ・ペリエ騎手の凱旋門賞3連覇でした。また、伯父Sagacityが3着を果たした2001年の第80回凱旋門賞の折の鞍上は武豊騎手でした。

  

パリロンシャン芝2400mの舞台で勝利を収めたことにより、秋の進路の楽しみが増えました。Japan、その名を更に轟かせるべく、これからも強いところを見せ続けて欲しいもの。その馬名の由来となった、極東の国の空の下から祈願しています。

  

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。