第149回独ダービー(GI)の勝ち馬-Weltstar(2015.3.31)-

Weltstar 牡 黒鹿毛 2015.3.31生 独国・Gestüt Röttgen生産 馬主・Gestüt Röttgen 独国・Markus Klug厩舎

Weltstar(2015.3.31)の4代血統表
Soldier Hollow
鹿毛 2000.2.25
種付け時活性値:1.50
In the Wings
鹿毛 1986.1.17
Sadler’s Wells
鹿毛 1981.4.11
Northern Dancer 1961.5.27
Fairy Bridge 1975.5.4
High Hawk
鹿毛 1980.3.17
Shirley Heights 1975.3.1
Sunbittern 1970
Island Race
鹿毛 1995.4.20
Common Grounds
鹿毛 1985.4.20
★Kris 1976.3.23
Sweetly 1975.2.10
レイクアイル
青鹿毛 1989.4.5
★Caerleon 1980.3.27
Inisfree 1981.2.11
Wellenspiel
黒鹿毛 2008.3.22
仔受胎時活性値:1.50
Sternkönig
芦毛 1990.4.26
種付け時活性値:0.25
Kalaglow
芦毛 1978.2.19
Kalamoun 1970.4.30
Rossitor 1970
Sternwappen
黒鹿毛 1985.5.31
Wauthi 1977.3.21
Sternwacht 1965
Well Known
黒鹿毛 1987.5.4
仔受胎時活性値:1.00
Königsstuhl
青毛 1976.5.17
種付け時活性値:0.50
Dschingis Khan 1961
Königskrönung 1965
Well Proved
黒鹿毛 1980.4.5
仔受胎時活性値:1.50
Prince Ippi
鹿毛 1969.4.9
種付け時活性値:0.50
Well Tamed
青鹿毛 1971
仔受胎時活性値:2.00(0.00)

<5代血統表内のクロス:Tamerlane5×5>

Weltstar(2015.3.31)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
Soldier Hollow
(Sadler’s Wells系)
Sternkönig
(ゼダーン系)
Königsstuhl
(Blandford系)
Prince Ippi
(Bay Ronald系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
Soldier Hollow
(Sunbittern)
6.00 or 4.00 半兄Windstoss
(No. 4-o)
2番仔?
(2連産目?)

*

第149回独ダービー(GI。ハンブルク芝2400m)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破時計
・着差
調教師
1 6 Weltstar 牡3 58 Adrie de Vries 2:32.44 Markus Klug 2
2 1 Destino 牡3 58 Martin Seidl クビ Markus Klug 3
3 13 Royal Youmzain 牡3 58 Eduardo Pedroza 1 1/2 A Wohler 1
4 10 Salve Del Rio 牡3 58 Michael Cadeddu 1 Jean-Pierre Carvalho 6
5 14 Aldenham 牡3 58 Jozef Bojko 1/2 A Wohler 9

2018年の第149回独ダービー。例年、北半球の主要国におけるダービーのトリを務める独ダービー。↑の動画では、肝心の決勝点でどちらが先着したか分かりませんが、最後の脚色が勝っていた大外のWeltstarとアドリエ・ド・フリース騎手が、Destino(2015.3.21)とマルティン・ザイドル騎手に「クビ」だけ先んじていました。詰まるところ、マルクス・クルーク厩舎のワンツー・フィニッシュであり、Soldier Hollow産駒のワンツー・フィニッシュでもありました。WeltstarとDestinoは、前走ウニオンレネン(独GII)でもワンツー・フィニッシュを決めており、そのまま独ダービーでも1着2着を占めました。

Weltstarの鞍上であるオランダ出身のフリース騎手は48歳にして独ダービー初制覇。管理されるクルーク調教師は2014年の第145回のSea the Moon(2011.4.29)、2017年の第148回のWindstoss(2014.3.7)に続いて独ダービー3勝目、オーナーブリーダーである独国の名門レットゲン牧場は1959年の第90回のUomo(1956)、前出のWindstossに続く独ダービー3勝目。それぞれにおめでとうございました。

今回のWeltstarの勝利により成されたのは「兄弟による独ダービー制覇」の偉業。独ダービーのきょうだい制覇は史上6組目。その6組を紐解けば、、、

  1. Kaliber(1951)&Kilometer(1953)
  2. Orofino(1978.3.7)&Ordos(1980.2.16)
  3. Lando(1990.1.23)&Laroche(1991.4.10)
  4. Borgia(1994.4.4)&Boreal(1998.4.19)
  5. Samum(1997.3.21)&Schiaparelli(2003.3.25)
  6. Windstoss(2014.3.7)&Weltstar(2015.3.31)

ズラリ並んだ、きょうだい同士で名前の頭文字は同じという、いかにも「らしい」独ダービー馬のきょうだいたち。Landoは1995年の第15回ジャパンカップ(GI)を制したことでもおなじみですし、Borgiaは42年ぶりの牝馬による独ダービー制覇を果たし、1999年の第19回ジャパンカップにも出走してくれました。なお、6組のうち5組は父が異なる半きょうだいですが、SamumとSchiaparelliの1組のみ、父Monsun(1990.3.4)の全兄弟です。また、Windstoss&Weltstar兄弟による連年の勝利は、Lando&Laroche兄弟に続く、史上2例目でした。

独ダービーは、2019年にGIIへの降格の危機にさらされているようですが、WeltstarとDestinoが熱い接戦を見せ、Weltstarが独ダービー史上6例目のきょうだい制覇を遂げた2018年の第149回を受けて、GIの地位を守り続けてほしいと、極東の空の下から祈っておきます。

  

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。

<参考WEB>