第149回トラヴァーズS(米GI)の勝ち馬-Catholic Boy(2015.4.12)-

Catholic Boy 牡 鹿毛 2015.4.12生 米国・Fred W. Hertrich III & John D. Fielding生産 馬主・LaPenta, Robert V., Madaket Stables LLC, Siena Farm LLC, and Twin Creeks Racing Stables, LLC 米国・Jonathan Thomas厩舎

Catholic Boy(2015.4.12)の4代血統表
More Than Ready
黒鹿毛 1997.4.4
種付け時活性値:0.25
サザンヘイロー
鹿毛 1983.2.9
Halo
黒鹿毛 1969.2.7
Hail to Reason 1958.4.18
Cosmah 1953.4.4
Northern Sea
鹿毛 1974.3.13
Northern Dancer 1961.5.27
Sea Saga 1968.2.21
Woodman’s Girl
鹿毛 1990.4.30
Woodman
栗毛 1983.2.17
Mr. Prospector 1970.1.28
プレイメイト 1975.4.12
Becky Be Good
鹿毛 1981.2.26
Naskra 1967.3.15
Good Landing 1965.4.18
Song of Bernadette
黒鹿毛 2009.3.31
仔受胎時活性値:1.25
Bernardini
鹿毛 2003.3.23
種付け時活性値:1.25
A.P. Indy
黒鹿毛 1989.3.31
Seattle Slew 1974.2.15
Weekend Surprise 1980.4.8
Cara Rafaela
芦毛 1993.3.30
Quiet American 1986.4.29
Oil Fable 1986.4.4
Winner’s Edge
黒鹿毛 1992.5.14
仔受胎時活性値:2.00
Seeking the Gold
鹿毛 1985.4.7
種付け時活性値:1.50
Mr. Prospector 1970.1.28
Con Game 1974.3.20
Lucky Us
鹿毛 1976.3.17
仔受胎時活性値:1.75
★Nijinsky
鹿毛 1967.2.21
種付け時活性値:0.00
La Sevillana(ARG)
黒鹿毛 1966
仔受胎時活性値:0.125

<5代血統表内のクロス:Mr. Prospector4×4、Northern Dancer4×5、Buckpasser5×5>

Catholic Boy(2015.4.12)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
More Than Ready
(Halo系)
Bernardini
(Bold Ruler系)
Seeking the Gold
(Mr. Prospector系)
★Nijinsky
(Northern Dancer系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
Seeking the Gold
(Broadway)
5.125 高祖母が亜国2歳&3歳牝馬王者
(No. 9-g)
2番仔?
(2連産目?)

*

2018年の第149回トラヴァーズS(米GI。サラトガ・ダート10F)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破時計
・着差
調教師
1 10 Catholic Boy 牡3 57.2 Javier Castellano 2:01.94 Jonathan Thomas 3
2 7 Mendelssohn 牡3 57.2 Ryan Moore 4 A P O’Brien 7
3 4 Bravazo 牡3 57.2 Luis Saez 1 D Wayne Lukas 5
4 6 King Zachary 牡3 57.2 Robby Albarado 1 1/2 Dale Romans 9
5 5 Vino Rosso 牡3 57.2 John R Velazquez 2 1/2 Todd Pletcher 4

2018年の第149回トラヴァーズS。例年8月下旬に行われる、おなじみの「ミッドサマーダービー」。今年2018年は、昨年2017年のエクリプス賞最優秀2歳牡馬Good Magic(2015.3.1)、第150回ベルモントS(米GI)でJustify(2015.3.28)の2着だったGronkowski(2015.2.1)、芝の第69回ベルモントダービー招待S(米GI)1着から転戦して来たCatholic Boy、そしてUAEダービー(GII)を18と2分の1馬身差で制したMendelssohn(2015.5.17)など、面白いメンバーが揃った一戦となりました。が、結果はあっけないもので、道中逃げたMendelssohnの番手に着けたCatholic Boyが最後の直線で抜け出すと、後はCatholic Boyとハビエル・カステリャーノ騎手の世界。後続を尻目に決勝点では4馬身差の快勝でした。

Catholic Boyは今回の勝利により、グレードレース5勝目となりました。その内訳は、トラヴァーズS、ベルモントダービー招待S、レムゼンS(米GII)、ペニーリッジS(米GIII)、ウイズアンティシペイションS(米GIII)。ジャングルポケット(1998.5.7)が制した第21回ジャパンカップ(GI)に出走してくれたWith Anticipation(1995.3.27)も懐かしい、というのはさておき、Catholic Boyが勝利を収めたグレードレースは、名前を挙げた順にダート10F、芝10F、ダート9F、芝9F、芝8.5Fであり、サーフェイスを問わない活躍を見せています。思えば、今回のトラヴァーズSで2着だったMendelssohnも昨年2017年の2歳時には第11回ブリーダーズカップ・ジュヴェナイルターフ(米GI)を制していますし、MLBで活躍されている大谷翔平選手ではありませんが、今回のトラヴァーズSは「二刀流」がキーワードだったのかも知れません。なお、Catholic Boyもブリーダーズカップ・ジュヴェナイルターフに出走しており4着でした。

という訳で、トラヴァーズSの前走、Catholic BoyがGI初勝利を遂げたベルモントダービー招待Sも紹介しておきます。

2018年の第69回ベルモントダービー招待S(米GI。ベルモントパーク芝10F)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破時計
・着差
調教師
1 7 Catholic Boy 牡3 55.3 Javier Castellano 1:59.28 Jonathan Thomas 3
2 3 Analyze It 牡3 55.3 Jose L Ortiz アタマ Chad C Brown 1
3 4 Hunting Horn 牡3 55.3 Ryan Moore 1 3/4 A P O’Brien 2
4 1 Channel Cat 牡3 55.3 Luis Saez 4 Todd Pletcher 8
5 6 Kingstar 牡3 55.3 Pierre-Charles Boudot 3/4 Mme Pia Brandt 6

最後は前を行ったAnalyze It(2015.3.13)を内から「アタマ」だけ差しての勝利でした。Catholic BoyとAnalyze Itは、その前走ペニーリッジSでも「クビ」差の勝負を演じていたのですが、Catholic Boyが2戦とも僅差の勝利を制した、という結末でした。

*

Catholic Boyは、性別は「牡」としていますが、海外のサイトでは「R」と表記されています。海外では「RidGling」、すなわち「停留精巣」として、区別されています。Something’s Missing Here: Explaining Ridglings – Horse Racing News | Paulick Reportによると、「停留精巣」の著名馬として、Summer Squall(1987.3.12)&A.P. Indy兄弟、Honor Code(2011.3.1)、Slew o’ Gold(1980.4.19)、ダハール(1981.5.7)などの名前が挙がっています。不勉強ながら、Slew o’ Goldとダハールについては初めて知りました。また、Funny Cide(2000.4.20)は、停留精巣の処置の結果、せん馬の名馬として大成しました。↑のリンク先でも述べられていますが、Seattle Slewの血を持つ馬に停留精巣が見られるという感はありますね。まま、活躍しているからこそ、目立つのですが。Catholic Boyも母父がA.P. Indyの仔であるBernardiniですし、Funny Cideも母父がSeattle Slewの仔であるSlewacide(1980.4.15)です。

*

Catholic Boy、芝ダート兼用の強豪3歳馬として、次に向かう舞台は何処になりますでしょうか。ダート10Fで悠然たる勝利を見せたのですから、秋は米国競馬の大一番、第35回ブリーダーズカップ・クラシック(米GI)の路線でしょうか。Catholic Boy、その次走以降も楽しみにしたいと思います。

  

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。