第148回独ダービー(GI)の勝ち馬

Windstoss 牡 黒鹿毛 2014.3.7生 独国・Gestüt Röttgen生産 馬主・Gestüt Röttgen 独国・Markus Klug厩舎

Windstoss(2014.3.7)の4代血統表
Shirocco
鹿毛 2001.4.10
種付け時活性値:1.00
Monsun
黒鹿毛 1990.3.4
Konigsstuhl
黒鹿毛 1976
Dschingis Khan 1961
Konigskronung 1965
Mosella
鹿毛 1985.3.25
Surumu 1974.2.26
Monasia 1979
So Sedulous
鹿毛 1991.4.17
★The Minstrel
栗毛 1974.3.11
Northern Dancer 1961.5.27
Fleur 1964.4.1
Sedulous
鹿毛 1986.5.22
タツプオンウツド 1976.2.15
Pendulina 1978.3.25
Wellenspiel
黒鹿毛 2008.3.22
仔受胎時活性値:1.25
Sternkonig
芦毛 1990.4.26
種付け時活性値:0.25
Kalaglow
芦毛 1978.2.19
Kalamoun 1970.4.30
Rossitor 1970
Sternwappen
黒鹿毛 1985.5.31
Wauthi 1977.3.21
Sternwacht 1965
Well Known
黒鹿毛 1987.5.4
仔受胎時活性値:1.00
Konigsstuhl
黒鹿毛 1976
種付け時活性値:0.50
Dschingis Khan 1961
Konigskronung 1965
Well Proved
黒鹿毛 1980.4.5
仔受胎時活性値:1.50
Prince Ippi
鹿毛 1969.4.9
種付け時活性値:0.50
Well Tamed
青鹿毛 1971
仔受胎時活性値:2.00(0.00)

<5代血統表内のクロス:Konigsstuhl3×3、Tamerlane5×5×5、Authi5×5>

Windstoss(2014.3.7)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
Shirocco
(Blandford系)
Sternkonig
(ゼダーン系)
Konigsstuhl
(Blandford系)
Prince Ippi
(Bay Ronald系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
Shirocco
(Monsun)
5.75 or 3.75 祖母が独2歳牝馬王者
(No. 4-o)
初仔?

*

第148回独ダービー(GI。ハンブルク芝2400m)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破時計
・着差
調教師
1 2 Windstoss 牡3 58 Maxim Pecheur 2:41.52 Markus Klug 4
2 6 Enjoy Vijay 牡3 58 Andrasch Starke 1 P Schiergen 3
3 4 Rosenpurpur 牡3 58 Daniele Porcu 3/4 P Schiergen 10
4 10 Shanjo 牡3 58 Ioritz Mendizabal 1 Markus Klug 11
5 17 Promise of Peace 牡3 58 Jozef Bojko 2 1/4 A Wohler 12

2017年の第148回独ダービー。内で粘るEnjoy Vijay(2014.2.8)とアンドレアシュ・シュタルケ騎手、真ん中外目を豪快に伸びるWindstossとマキシム・ペシュール騎手、大外のラチ沿いを駆けるRosenpurpur(2014.4.4)とダニエル・ポーキュ騎手。内外に大きく別れる独国競馬らしい最後の直線、決勝点で先んじたのは、「突風」を意味するWindstossとペシュール騎手。Windstossは英語圏でも通じる馬名綴りですが、最後のssは、独語圏ではエスツェット「ß」ですね。ペシュール騎手は独ダービー初勝利、マルクス・クルーク調教師は2014年の第145回のSea the Moon(2011.4.29)以来2回目の制覇となり、生産のレットゲン牧場も1959年の第90回のUomo(1956)以来となる2回目の優勝となりました。

Windstossの父Shiroccoは2004年の第135回の勝ち馬であり、父仔2代の独ダービー制覇となりました。Windstossが突風、Shiroccoはサハラ砂漠からイタリア南部に吹く地方風、そしてShiroccoの父Monsunが季節風を意味するということで、父方からは馬名意味の連想が続いています。

またWindstossの牝系は、独国で継承されている4号族。Windstossのボトムラインを辿ると、13代母にKincsem(1874.3.17)の名前が見えます。54戦54勝、史上に残る19世紀の名牝ですね。近年では2012年の英2冠馬Camelot(2009.3.5)もKincsemの子孫として知られています。

#余談。「Windstoss」という英字馬名でハッと思ったのが、1980年代に日本で走っていたウインドストース(1983.3.24)。ダービー卿チャレンジトロフィー(GIII)2勝、函館記念(GIII)、中日新聞杯(GIII)と重賞4勝を挙げたトウシヨウボーイ(1973.4.15)産駒、ウインドストースも英字綴は「Windstoss」でした。

また、今回の独ダービーを逃げて5着に粘ったPromise of Peace(2014.2.9)は、父キングカメハメハ(2001.3.20)、母ピースオブワールド(2000.2.18)という日本で走るならばメチャ注目される血統馬でした。そしてまた、戦前2番人気に推されたWarring States(2014.3.2)は以前に紹介したとおり、父ヴィクトワールピサ(2007.3.31)、母チリエージェ(2001.4.23)というハクサンムーン(2009.2.14)の半弟。Warring Statesは今回は残念な結果でしたが、日本産馬が2頭も出走したというエポックメイキングを見せてくれた、2017年の第148回独ダービーでした。

  

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。