第148回トラヴァーズS(米GI)の勝ち馬

West Coast 牡 鹿毛 2014.5.14生 米国・CFP Thoroughbreds LLC生産 馬主・West, Gary and Mary 米国・Bob Baffert厩舎

West Coast(2014.5.14)の4代血統表
Flatter
鹿毛 1999.3.6
種付け時活性値:1.50
A.P. Indy
黒鹿毛 1989.3.31
Seattle Slew
黒鹿毛 1974.2.15
Bold Reasoning 1968.4.29
My Charmer 1969.3.25
Weekend Surprise
鹿毛 1980.4.8
▲Secretariat 1970.3.30
Lassie Dear 1974.5.2
Praise
鹿毛 1994.3.18
Mr. Prospector
鹿毛 1970.1.28
Raise a Native 1961.4.18
Gold Digger 1962.5.28
Wild Applause
鹿毛 1981.5.4
Northern Dancer 1961.5.27
Glowing Tribute 1973.3.15
Caressing
黒鹿毛 1998.4.18
仔受胎時活性値:1.75
Honour and Glory
鹿毛 1993.3.24
種付け時活性値:1.00
★Relaunch
芦毛 1976.3.16
In Reality 1964.3.1
Foggy Note 1965.3.20
Fair to All
鹿毛 1986.3.24
Al Nasr 1978.2.11
Gonfalon 1975.5.9
Lovin Touch
栗毛 1980.4.4
仔受胎時活性値:0.25
Majestic Prince
栗毛 1966.3.19
種付け時活性値:1.25
Raise a Native 1961.4.18
Gay Hostess 1957.4.9
Forest Princess
芦毛 1973.2.28
仔受胎時活性値:1.50
Fleet Nasrullah
鹿毛 1955.5.8
種付け時活性値:0.25
Queen Hostess
芦毛 1962.6.1
仔受胎時活性値:0.50

<5代血統表内のクロス:Raise a Native4×4>

West Coast(2014.5.14)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
Flatter
(Seattle Slew系)
Honour and Glory
(In Reality系)
Majestic Prince
(Raise a Native系)
Fleet Nasrullah
(Nasrullah系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
Flatter 4.00 母が米GI馬
(No. 9-f)
8番仔?
(前年産駒なし後の仔?)

*

第148回トラヴァーズS(米GI。サラトガ・ダート10F)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破時計
・着差
調教師
1 3 West Coast 牡3 57.2 Mike E Smith 2:01.19 Bob Baffert 4
2 11 Gunnevera 牡3 57.2 Edgard J Zayas 3 1/4 Antonio Sano 9
3 10 Irap 牡3 57.2 Mario Gutierrez 2 1/4 Doug O’Neill 2
4 4 Tapwrit 牡3 57.2 Jose L Ortiz 2 1/2 Todd Pletcher 3
5 5 Good Samaritan 牡3 57.2 Joel Rosario 1 William Mott 1

2017年の第148回トラヴァーズS。「ミッドサマーダービー」を制したのは、昨年2016年の147回の勝ち馬Arrogate(2013.4.11)に続いて、ボブ・バファート調教師&マイク・スミス騎手のコンビで臨んだWest Coast。

今回のトラヴァーズSは、第143回ケンタッキーダービー(米GI)の勝ち馬Always Dreaming(2014.2.25)第142回プリークネスS(米GI)の勝ち馬Cloud Computing(2014.4.29)第149回ベルモントS(米GI)の勝ち馬Tapwrit(2014.3.28)と、米国牡馬三冠レースの勝ち馬が一堂に会するという豪華な一戦でした。トラヴァーズSに米国牡馬三冠レースの別々の勝ち馬が揃って出走するのは、1982年の第113回以来35年ぶりだったそうな。1982年の米国牡馬三冠レースの勝ち馬は、Gato del Sol(1979.2.23)、Aloma’s Ruler(1979.4.21)、Conquistador Cielo(1979.3.20)の3頭でしたが、トラヴァーズSを制したのは別路線からやって来たRunaway Groom(1979.4.11)でした。

そんな35年前を踏襲した訳ではありませんが、今年2017年の勝ち馬West Coastも、前走ロスアラミトスダービー(米GIII)を制してやって来た、別路線からの挑戦者でした。逃げの手に出たWest Coast、最後まで先頭を譲ること無く、決勝点では2着のファウンテンオブユースS(米GII)勝ち馬Gunnevera(2014.2.28)に3と4分の1馬身差を着けていました。West Coast、着差やタイムに差はあれど、逃げて先頭を譲らなかったのは、厩舎の先輩であるArrogateのトラヴァーズSと同様でした。

*

West Coastの最優性先祖である父Flatterは現役時代に4勝を挙げ、その主な成績はワシントンパークH(当時米GII)3着が目立つ程度のマイナー競走馬でした。そんなFlatterは、父A.P. Indy、牝系はLa Troienne(1926)系で曾祖母Glowing Tributeの仔に第119代ケンタッキーダービーにして第124代トラヴァーズS勝ち馬Sea Hero(1990.3.4)がいるところが評価されたのか、故郷のクレイボーンファームで種牡馬入りしました。種牡馬となった後は堅調に仕事を果たし、

  1. Flat Out(2006.3.21)
    →ジョッキークラブゴールドC(米GI)2回、シガーマイルH(米GI)ほか
  2. Taris(2011.5.5)
    →ヒューマナディスタフS(米GI)ほか
  3. Paola Queen(2013.3.13)
    →テストS(米GI)ほか
  4. West Coast
    →本稿の紹介馬

のほか、多くのステークス勝ち馬を送り込んでいます。2017年の種付け料は35,000ドルということですから、優良種牡馬の一角ですね。

では、以下にWest Coastの本当にごくごく簡単な近親牝系図を示しておきます。

Caressing 1998.4.18 5勝 ブリーダーズカップ・ジュヴェナイルフィリーズ(米GI)ほか米GIII2勝
|マイグッドネス 2005.4.20 1勝
||ダノンレジェンド 2010.2.24 14勝 JBCスプリント(JpnI) 東京盃(JpnII) カペラS(GIII) クラスターC(JpnIII)2回 北海道スプリントC(JpnIII) 黒船賞(JpnIII)2回 東京スプリント(JpnIII)ほか
|West Coast 2014.5.14 (本馬) トラヴァーズS ロスアラミトスダービーほか

母Caressingがブリーダーズカップ・ジュヴェナイルフィリーズの勝ち馬で、年上の甥にダノンレジェンドがいます。ダノンレジェンドは今年2017年からイーストスタッドで種牡馬供用されており、Himyar(1875)系の異系種牡馬として期待が掛かります。

*

同期のクラシックホース3頭を打ち負かしたWest Coast。厩舎の先輩Arrogateは、トラヴァーズSを飛躍のステップとしました。West Coastも同じように続くことができるでしょうか。楽しみにしたい新星です。

  

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。