第147回独ダービー(GI)の勝ち馬。

Isfahan 牡 栗毛 2013.3.5生 独国・Rennstall Wohler生産 馬主・Darius Racing 独国・Andreas Wohler厩舎

Isfahan(2013.3.5)の4代血統表
Lord of England
栗毛 2003.4.25
種付け時活性値:0.25
Dashing Blade
鹿毛 1987.3.1
Elegant Air
鹿毛 1981.4.8
Shirley Heights 1975.3.1
Elegant Tern 1971.4.4
Sharp Castan
栗毛 1977.4.23
Sharpen Up 1969.3.17
Sultry One 1961
Loveria
栗毛 1984.3.17
Los Santos
鹿毛 1978.2.26
★Caracol 1969.3.7
Loanda 1968
Liranga
栗毛 1973.3.18
Literat 1965
Love In 1966
Independent Miss
栗毛 2000.2.21
仔受胎時活性値:1.00
Polar Falcon
黒鹿毛 1987.6.1
種付け時活性値:1.00
Nureyev
鹿毛 1977.5.2
Northern Dancer 1961.5.28
Special 1969.3.28
Marie D’Argonne
栗毛 1981.3.21
Jefferson 1967
Mohair 1974.3.8
Indiaca
栗毛 1994.3.4
仔受胎時活性値:1.25
Sanglamore
栗毛 1987.3.1
種付け時活性値:1.50
Sharpen Up 1969.3.17
Ballinderry 1981.2.26
Indica
栗毛 1987
仔受胎時活性値:1.50
★Athenagoras
黒鹿毛 1970.3.17
種付け時活性値:0.00
Insulinde
鹿毛 1976
仔受胎時活性値:0.50

<5代血統表内のクロス:Sharpen Up4×4>

Isfahan(2013.3.5)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
Lord of England
(Mill Reef系)
Polar Falcon
(Nureyev系)
Sanglamore
(エタン系)
★Athenagoras
(Nasrullah系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
Sanglamore
(Miss Manon)
4.25 曾祖母が独GI勝ち馬
(No.4-n)
5番仔?
(2連産目?)

*

毎年欧州のダービー戦線の掉尾を飾るのは、7月に行われるドイツダービー。今年2016年、第147代の勝ち馬として名前を刻んだのは、戦前7番人気のIsfahanでした。19頭立てのレース、Isfahanは先行7~8番手の馬群中央で道中を進み、最終コーナーではいち早く抜け出しに掛かりました。直線、外から粘り強く追い込んだDschingis Secret(2013.2.17)、そして内から鋭く差し込んだSavoir Vivre(2013.3.28)と、ライバルたちの強襲も激しかったものの、Isfahan。日本でもおなじみのダリオ・バルジュー騎手の鼓舞に応えて、最後の最後、Savoir Vivreに「アタマ」だけ先んじてゴールに飛び込んでいました。日本で言うところの不良馬場で行われたハンブルク芝2400mの勝ち時計は2分45秒97。確認したところ、近30年では最も遅い勝ち時計となった、力比べ、我慢比べの一戦でした。

Isfahanの牝系は独国で継承されている頭文字Iの4号族。余談ですが、Isfahanはリネームされており、旧名はInuitと言いました。さて、以下にIsfahanのごく簡単な近親牝系図を示しておきます。

Indica 1987 8勝 アラルポカル(独GI。現バイエルン大賞) ハンザ賞(独GII) ルードヴィッヒゲーベルス記念(独GIII) ハノーファー銀行賞(独GIII) ノイス牝馬賞(独GIII)ほか
|Indiaca 1994.3.4 1勝
||Independent Miss 2000.2.21 2勝
|||Il Divo 2005.3.7 3勝 バヴァリアンクラシック(独GIII)2着 ヴィルトシャフト大賞(独GIII)3着 貯蓄銀行金融グループ賞(独GIII)3着
|||Incantator 2012.2.28 現役 バーデンヴュルテンベルクトロフィー(独GIII)
|||Isfahan 2013.3.5 (本馬) 独ダービー(GI) バヴァリアンクラシック ヴィンターファヴォリテン賞(独GIII)
|Indikator 1995.3.30 5勝 フュルシュテンベルクレネン(独GIII)

近親馬の中では曾祖母Indicaの好成績が目に付きますね。そのIndicaは父Athenagorasが16歳時の0交配、母父Alpenkonigが8歳時の0交配と近い代で0が配されており、なおかつ祖母父Birkhahn(1945.3.14)、曾祖母父Ticino(1939)が共にクロス0という、仕掛け型の牝馬でした。

Indica 牝 栗毛 1987生 独国・Erika u. Wilhelm Eilts生産 馬主・Reinhold Lockmann 独国・Raimund Prinzinger厩舎

Indica(1987)の4代血統表

Athenagoras
黒鹿毛 1970.3.17
種付け時活性値:0.00
Nasram
鹿毛 1960.5.4
Nasrullah
鹿毛 1940.3.2
Nearco 1935.1.24
Mumtaz Begum 1932
La Mirambule
鹿毛 1949
Coaraze 1942
La Futaie 1937
Avenida
鹿毛 1959
Neckar
青毛 1948
Ticino 1939
Nixe 1941
Angela
鹿毛 1952
Nebelwerfer 1944
Asgard 1941
Insulinde
鹿毛 1976
仔受胎時活性値:0.50

Alpenkonig
鹿毛 1967
種付け時活性値:0.00
Tamerlane
黒鹿毛 1952
Persian Gulf 1940
Eastern Empress 1944
Alpenlerche
黒鹿毛 1962
Birkhahn 1945.3.14
Ascona 1956
Inga
栗毛 1966
仔受胎時活性値:0.25
Birkhahn
黒鹿毛 1945.3.14
種付け時活性値:1.00
Alchimist 1930
Bramouse 1936
Ischia
黒鹿毛 1953
仔受胎時活性値:1.00
Ticino
鹿毛 1939
種付け時活性値:1.25
Yonne
鹿毛 1936
仔受胎時活性値:2.00(0.00)

<5代血統表内のクロス:Birkhahn4×3、Ticino4×4、Nearco4×5>

Indica(1987)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
★Athenagoras
(Nasrullah系)
Alpenkonig
(Bahram系)
Birkhahn
(Dark Ronald系)
Ticino
(Isinglass系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
Ticino
(Athanasius)
3.75 or 1.75
(No.4-n)
3番仔?

  

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。