第145回ケンタッキーダービー(米GI)の勝ち馬-Country House(2016.5.8)+α-

Country House(カントリーハウス) 牡 栗毛 2016.5.8生 米国・J. V. Shields, Jr.生産 馬主・Shields, Jr., Mrs. J. V., McFadden, Jr., E. J. M. and LNJ Foxwoods 米国・William I. Mott厩舎

Country House(2016.5.8)の4代血統表

Lookin At Lucky
鹿毛 2007.5.27
種付け時活性値:0.00
Smart Strike
鹿毛 1992.5.21
Mr. Prospector
鹿毛 1970.1.28
★Raise a Native 1961.4.18
Gold Digger 1962.5.28
Classy ‘n Smart
鹿毛 1981.5.20
Smarten 1976.4.17
No Class 1974.3.30 ♀
Private Feeling
鹿毛 1999.2.14
Belong to Me
黒鹿毛 1989.3.20
Danzig 1977.2.12
Belonging 1979.5.28
Regal Feeling
鹿毛 1986.3.21
Clever Trick 1976.3.10
Sharp Belle 1975.2.23
Quake Lake
芦毛 2006.2.4
仔受胎時活性値:0.25

War Chant
黒鹿毛 1997.5.22
種付け時活性値:0.00
Danzig
鹿毛 1977.2.12
Northern Dancer 1961.5.27
Pas de Nom 1968.1.27
Hollywood Wildcat
黒鹿毛 1990.2.4
Kris S. 1977.4.25
Miss Wildcatter 1980.3.20
Shooting Party
芦毛 1998.3.21
仔受胎時活性値:1.75
Sky Classic
栗毛 1987.3.17
種付け時活性値:0.50
Nijinsky 1967.2.21
No Class 1974.3.30 ♀
Ayanka
芦毛 1991.4.27
仔受胎時活性値:1.50
ジェイドハンター
栗毛 1984.2.22
種付け時活性値:1.50
Al’s Charm
芦毛 1983.3.28
仔受胎時活性値:1.75

<5代血統表内のクロス:Mr. Prospector3×5×5、Danzig4×3、Northern Dancer5×4×5、No Class(♀)4×4>

Country House(2016.5.8)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
★Lookin At Lucky
(Mr. Prospector系)
★War Chant
(Danzig系)
Sky Classic
(Nijinsky系)
ジェイドハンター
(Mr. Prospector系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
ジェイドハンター
(Janina)
5.25 祖母が米GI2着
(No. 9-f)
4番仔?
(3連産目?)

*

2019年の第145回ケンタッキーダービー(米GI。チャーチルダウンズ・ダート10F)の結果(上位6頭)


馬名 性齢
騎手 走破時計
・着差
調教師
1 20 Country House 牡3 57.2 Flavien Prat 2:03.93 William Mott 18
2 13 Code of Honor 牡3 57.2 John R Velazquez 3/4 Claude McGaughey III 6
3 8 Tacitus 牡3 57.2 Jose L Ortiz 3/4 William Mott 3
4 5 Improbable 牡3 57.2 Irad Ortiz Jr アタマ Bob Baffert 1
5 16Game Winner 牡3 57.2 Joel Rosario 1/2 Bob Baffert 4
6 15 マスターフェンサー 牡3 57.2 Julien R Leparoux アタマ 角田晃一 17

2019年の第145回ケンタッキーダービー。戦前、名伯楽リチャード・マンデラ調教師の悲願を背負ったはずのアーカンソーダービー(米GI)勝ち馬Omaha Beach(2016.2.24)がまさかの出走回避。そうして、当日は現地で言うところのsloppy、泥田のような不良馬場で行われた「バラを賭けた戦い」。レースは、19頭立て2番人気のMaximum Security(2016.5.14)が最終コーナーのオブストラクションで1位入線17着降着。波乱の末、2位入線1着繰り上がりとなった18番人気のCountry Houseが優勝という結末でした。ケンタッキーダービーの1位入線馬の「降着」は史上初だったということ。1位入線馬の「失格」ということでは、1968年の第94回のダンサーズイメージ(1965.4.10)の例があります。

Country Houseの鞍上のフラビアン・プラ騎手、管理されるウィリアム・I.モット調教師は共にケンタッキーダービー初制覇。2018年は獲得賞金で初の北米ベスト10に入るなど、気鋭の若手騎手である仏国出身のプラ騎手は、実はOmaha Beachの5戦目までの主戦を務めていました。既に米国殿堂入りを果たされているモット師は、ヘザーテン(1979.4.28)、Theatrical(1982.3.13)、フレイズ(1998.4.13)、パラダイスクリーク(1989.2.4)、Cigar(1990.4.18)、Favorite Trick(1995.4.20)、Drosselmeyer(2007.4.1)、Tourist(2011.4.10)など数々の名馬を手掛けられてきましたが、ケンタッキーダービーは初制覇でした。

*

波乱の末に主役となったCountry House。その血統構成を見れば、0の理論的には、↑の4代血統表の通り、見どころのある配合となっています。父Lookin At Lucky、母父War Chantが共に8歳時の0交配、そしてまた祖母父Sky Classicの母No Classの牝馬クロスと、近い代で先祖が経る配合となっています。

そうして、不思議なシンクロだと思ったのですが、ダンサーズイメージが失格となった1968年の第94回の勝ち馬となったフォワードパスの4代血統構成を辿ってみれば、、、

フォワードパス(Forward Pass) 牡 鹿毛 1965.3.28生~1980.12.1没 米国・Calumet Farm生産 馬主・Calumet Farm 米国・Henry Forrest厩舎

フォワードパス(1965.3.28)の4代血統表

On-and-On
鹿毛 1956.4.24
種付け時活性値:0.00
Nasrullah
鹿毛 1940.3.2
Nearco
黒鹿毛 1935.1.24
Pharos 1920.4.4
Nogara 1928
Mumtaz Begum
鹿毛 1932
Blenheim 1927
Mumtaz Mahal 1921
Two Lea
鹿毛 1946
Bull Lea
黒鹿毛 1935.3.11
Bull Dog 1927
Rose Leaves 1916
Two Bob
栗毛 1933
The Porter 1915
Blessings 1925
Princess Turia
栗毛 1953.2.25
仔受胎時活性値:0.75

Heliopolis
鹿毛 1936
種付け時活性値:0.00
Hyperion
栗毛 1930.4.18
Gainsborough 1915.1.24
Selene 1919
Drift
黒鹿毛 1926
Swynford 1907
Santa Cruz 1916
Blue Delight
黒鹿毛 1938
仔受胎時活性値:1.50
Blue Larkspur
鹿毛 1926
種付け時活性値:0.75
Black Servant 1918
Blossom Time 1920
Chicleight
黒鹿毛 1926
仔受胎時活性値:0.75
Chicle
鹿毛 1913
種付け時活性値:1.00
Ruddy Light
黒鹿毛 1921
仔受胎時活性値:1.00

<5代血統表内のクロス:Chicle4×5>

フォワードパス(1965.3.28)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
On-and-On
(Nasrullah系)
★Heliopolis
(Hyperion系)
Blue Larkspur
(Himyar系)
◆Chicle
(Spearmint系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
Chicle 4.00 母がケンタッキーオークス勝ち馬
(No. 9-c)
4番仔?

父On-and-On、母父Heliopolisが共に0交配を与えており、さらに4代目の先祖であるChicleがクロスにより0化、そして曾祖母父が最優性先祖という0の理論的な相似形。そんなフォワードパスは、

  1. ケンタッキーダービー、プリークネスS、フロリダダービー、ブルーグラスS、アメリカンダービー、エヴァグレイズS、ハイビスカスS
  2. ベルモントS、トラヴァーズS
  3. サンフォードS

通算23戦10勝、2着4回、3着2回という紛れもない名馬でした。

#余談。併せてCountry House、フォワードパス共にボトムラインが9号族です^^;

*

Country Houseについては、

【海外競馬】ケンタッキーダービー覇者カントリーハウス、プリークネスSは回避 | 競馬ニュース - netkeiba.com
 米三冠クラシックの一冠目、ケンタッキーダービー(G1)を制したカントリーハウス(牡3、米・W.モット厩舎)が、二冠目のプリークネスS(G1)を回避することがわかった。食欲はあり、発熱もしていないが、… No.1競馬情報サイト「netkeiba.com」の競馬ニュース。

ということで、第144回プリークネスS(米GI)は回避の模様。この後の進路が大変気になりますが、第145代ケンタッキーダービー馬の未来に幸多からんことを。

  

それでは、これから走る馬、人すべてが無事でありますように。

*

マイシンザン
マイシンザン

このサイトの管理人、ダンサーズイメージさんが好きらしいわ。

ワイルドブラスター
ワイルドブラスター

「好きなNative Dancer(1950.3.27)系種牡馬は?」、ダンサーズイメージさんということで。

マイシンザン
マイシンザン

寺山修司の「馬敗れて草原あり」でも、ダンサーズイメージさんが取り上げられていたな。

ワイルドブラスター
ワイルドブラスター

そしてまた、今回のケンタッキーダービーでは、マスターフェンサー(2016.2.21)が6着に頑張りましたね。

マイシンザン
マイシンザン

あの末脚は褒められて良いな。次走予定の第151回ベルモントS(米GI)、頑張って欲しいね。