第144回ニュージーランドダービー(GI)の勝ち馬-Crown Prosecutor(2015.9.19)-

Crown Prosecutor(クラウンプロセキューター) 牡 鹿毛 or 青鹿毛 2015.9.19生 豪州・Hesket Bloodstock生産 馬主・Huntingdale Lodge 2012 Ltd (Mgr: Harvey Green) & JML Bloodstock Ltd (Mgr: L Petagna) 新国・Stephen Marsh厩舎

Crown Prosecutor(2015.9.19)の4代血統表
Medaglia d’Oro(USA)
黒鹿毛 1999.4.11
種付け時活性値:1.875
El Prado
芦毛 1989.2.3
Sadler’s Wells
鹿毛 1981.4.11
Northern Dancer 1961.5.27
Fairy Bridge 1975.5.4
Lady Capulet
芦毛 1974.4.3
★Sir Ivor 1965.5.5
Cap and Bells 1958.5.21
Cappucino Bay
鹿毛 1989.2.12
Bailjumper
鹿毛 1974.3.28
Damascus 1964.4.14
Court Circuit 1964.4.11
Dubbed In
栗毛 1973.5.31
Silent Screen 1967.4.23
Society Singer 1968.4.24
Riptide(AUS)
鹿毛 2007.10.20
仔受胎時活性値:1.75
Exceed And Excel(AUS)
鹿毛 2000.9.5
種付け時活性値:1.50
デインヒル
鹿毛 1986.3.26
★Danzig 1977.2.12
Razyana 1981.4.18
Patrona
栗毛 1994.3.24
Lomond 1980.2.3
Gladiolus 1974.4.16
River Express(AUS)
鹿毛 1994.8.28
仔受胎時活性値:1.00
★Blazing Sword(AUS)
栗毛 1985.10.21
種付け時活性値:0.00
Marscay 1979.10.20
Royal Plate 1975.11.1
Ride The Rapids(AUS)
青鹿毛 1988.10.16
仔受胎時活性値:1.25
★River Rough(NZ)
青鹿毛 1979
種付け時活性値:0.00
Kilmarie(AUS)
青鹿毛 1983.11.8
仔受胎時活性値:1.00

<5代血統表内のクロス:Northern Dancer4×5×5>

Crown Prosecutor(2015.9.19)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
Medaglia d’Oro
(Sadler’s Wells系)
Exceed And Excel
(Danzig系)
Blazing Sword
(Star Kingdom系)
River Rough
(Star Kingdom系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
Medaglia d’Oro
(Cappucino Bay)
5.00 従兄に豪GII勝ち馬
(No. 5-h)
4番仔?
(4連産目?)

*

2019年の第144回ニュージーランドダービー(GI。エラズリー芝2400m)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破時計
・着差
調教師
1 12 Crown Prosecutor 牡3 56.5 Craig Grylls 2:28.17 Stephen Marsh 18
2 3 In A Twinkling せん3 56.5 Glen Boss アタマ Jamie Richards 2
3 18 Platinum Invador せん3 56.5 Chris Johnson 1 1/2 Lisa Latta 5
4 17 Arrogant 牡3 56.5 Cameron Lammas クビ Michael Moroney & Pam Gerard 10
5 1 Surely Sacred せん3 56.5 Vinnie Colgan 短クビ Tony Pike 1

2019年の第144回ニュージーランドダービー。

NZダービーは大波乱、最低人気のクラウンプロセキューターが叩き合いを制す | JRA-VAN Ver.World
 G1ニュージーランドダービー(3歳、芝2400m)が現地2日にエラーズリー競馬場で18頭によって争われ、好位から抜け出した単勝105.40倍の最低人気クラウンプロセキューターが、2番人気インアトゥウ

18頭立て18番人気、戦前最低人気だった単勝105.4倍の伏兵がジャイアントキリングを見せました。Crown Prosecutor、クレイグ・グリルス騎手を鞍上に先行策。スタートからしばらくは口向きの悪さを見せましたが、落ち着いてからは内ラチ沿いの3~4番手を推し進め、直線では外から迫ったグレン・ボス騎手が騎乗した2番人気のIn A Twinkling(2015.11.1)とのつば競り合いを「アタマ」だけ凌ぎ切りました。

いやぁ、やっぱり勝負はやってみないと分かりませんね^^;

  

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。