第144回ケンタッキーダービー(米GI)の勝ち馬-Justify(2015.3.28)-

Justify 牡 栗毛 2015.3.28生 米国・John D. Gunther生産 馬主・China Horse Club, Head of Plains Partners LLC, Starlight Racing, WinStar Farm 米国・Bob Baffert厩舎

Justify(2015.3.28)の4代血統表
Scat Daddy
黒鹿毛 2004.5.11
種付け時活性値:0.50
ヨハネスブルグ
鹿毛 1999.2.23
ヘネシー
栗毛 1993.3.25
Storm Cat 1983.2.27
Island Kitty 1976.2.23
Myth
鹿毛 1993.2.26
▲オジジアン 1983.3.17
Yarn 1987.3.1
Love Style
栗毛 1999.3.22
Mr. Prospector
鹿毛 1970.1.28
★Raise a Native 1961.4.18
Gold Digger 1962.5.28
Likeable Style
鹿毛 1990.1.30
Nijinsky 1967.2.21
Personable Lady 1981.2.21
Stage Magic
栗毛 2007.5.4
仔受胎時活性値:1.75
Ghostzapper
鹿毛 2000.4.6
種付け時活性値:1.50
Awesome Again
鹿毛 1994.3.29
Deputy Minister 1979.5.17
Primal Force 1987.4.27
Baby Zip
鹿毛 1991.3.24
Relaunch 1976.3.16
Thirty Zip 1983.4.23
Magical Illusion
栗毛 2001.5.15
仔受胎時活性値:1.25
Pulpit
鹿毛 1994.2.15
種付け時活性値:1.50
A.P. Indy 1989.3.31
Preach 1989.3.26
Voodoo Lily
鹿毛 1987.3.9
仔受胎時活性値:1.25
Baldski
黒鹿毛 1974.5.15
種付け時活性値:1.00
Cap the Moment
栗毛 1980.2.11
仔受胎時活性値:1.50

<5代血統表内のクロス:Mr. Prospector5×3×5、Nijinsky4×5、Narrate(♀)5×5>

Justify(2015.3.28)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
Scat Daddy
(Storm Cat系)
Ghostzapper
(Deputy Minister系)
Pulpit
(Seattle Slew系)
Baldski
(Nijinsky系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
Ghostzapper
(Relaunch)
5.75 曾祖母が米GIII勝ち馬
(No. 1-h)
3番仔?
(3連産目?)

*

2018年の第144回ケンタッキーダービー(米GI。チャーチルダウンズ・ダート10F)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破時計
・着差
調教師
1 7 Justify 牡3 57.2 Mike E Smith 2:04.20 Bob Baffert 1
2 6Good Magic 牡3 57.2 Jose L Ortiz 2 1/2 Chad C Brown 6
3 5 Audible 牡3 57.2 Javier Castellano アタマ Todd Pletcher 4
4 15 Instilled Regard 牡3 57.2 Drayden Van Dyke 1 3/4 Jerry Hollendorfer 20
5 10 My Boy Jack 牡3 57.2 Kent J Desormeaux 2 3/4 J Keith Desormeaux 2

2018年の第144回ケンタッキーダービー。ドロドロの不良馬場で行われたこの一線、先行2番手から堂々と押し切ったのは、前走第81回サンタアニタダービー(米GI)を制してここに臨んだ無敗のJustify。英国の第210回英2000ギニー(GI)ではSaxon Warrior(2015.1.26)が4戦4勝の無敗で通過しましたが、米国でもJustifyが4戦4勝の無敗で3冠路線の1冠目を制しました。なお、3歳でデビューした馬によるケンタッキーダービー勝利は、1882年の第8回を制したApollo(1879)以来136年振りのことだったそうです。海外の記事を見れば「136年の呪いを破る」のような書き方をされていました^^;

Justifyの鞍上のマイク・スミス騎手は第131回のGiacomo(2002.2.16)に続いて2回目、管理されるボブ・バファート調教師は、第123回のシルバーチャーム(1994.2.22)、 第123回のReal Quiet(1995.3.7)、第128回のウォーエンブレム(1999.2.20)、第141回のAmerican Pharoah(2012.2.2)に続いて5回目の制覇となりました。また、Justifyは共同所有となっていますが、ウインスターファームの勝負服としては、第136回のSuper Saver(2007.3.18)に続いて2回目の制覇となりました。それぞれにおめでとうございました。

では、以下にJustifyのごく簡単な近親牝系図を示しておきます。なお、近親牝系図内のレース名、格付けはいずれも施行当時のものです。

Voodoo Lily 1987.3.9 5勝 コロンビアS(米GIII) テンプティドS(米GIII)3着
|Lily O'Gold 1995.3.11 4勝 アルシビアデスS(米GII)2着 チャポーサスプリングズH(米GIII)2着
|Shah Jehan 1999.3.2 4勝 ウィザーズS(米GIII)2着 ロングブランチS(米GIII)2着
|Magical Illusion 2001.5.15 3勝 CCAオークス(米GI)3着
||Stage Magic 2007.5.4 3勝 ガーデニアS(米GIII)3着
|||Justify 2015.3.28 (本馬) ケンタッキーダービー(米GI) サンタアニタダービー(米GI)
|Layreebelle 2006.5.14 不出走
||Spellbound 2010.3.22 3勝  ラカナダS(米GII)
||Kid Cruz 2011.3.30 7勝 エクセルシオールS(米GIII) ドワイヤーS(米GIII)ほか

米国で継承されている1号族h分枝系。曾祖母からの世代交代ではJustifyが初めてのGI勝ち馬となりました。なお、Justifyは2016年のキーンランド・セプテンバー・イヤリングセールにて50万ドルで購入されています。デキが良かったのでしょう。

*

Scat Daddy産駒が制した第144回ケンタッキーダービーでしたが、このレースでシンガリとなってしまったのも、Scat Daddy産駒でした。前走の第19回UAEダービー(GII)における18と2分の1馬身差の圧勝を以て挑戦して来たMendelssohn(2015.5.17)、今回は米国ダート競馬のキツい洗礼を浴びる格好となってしまいました。

むぅ、厳しい。「インターフェアを取られないのか」とも思いますが、この厳しさがあるからこそ、米国ダート競馬なのでしょう。Mendelssohnの気持ちがイヤイヤにならないことを願いつつ、また次走以降の奮起を期待しています。

*

Justify、その名のとおり、自身のチカラの正当化を果たした第144回ケンタッキーダービー。2018年の米国3冠戦線のステージは、5月5日の第144回ケンタッキーダービーを皮切りに、5月19日の第143回プリークネスS(米GI)、6月9日の第150回ベルモントS(米GI)と短い期間で続いて行きます。泥田のような馬場で行われた今回の一戦で、Justifyを始めとする出走馬たちが過度に消耗していないことを祈りつつ、米国3冠の戦いを見守りたいと思います。

  

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。