第143回プリークネスS(米GI)の勝ち馬-Justify(2015.3.28)-

Justify 牡 栗毛 2015.3.28生 米国・John D. Gunther生産 馬主・China Horse Club, Head of Plains Partners LLC, Starlight Racing, WinStar Farm 米国・Bob Baffert厩舎

Justify(2015.3.28)の4代血統表
Scat Daddy
黒鹿毛 2004.5.11
種付け時活性値:0.50
ヨハネスブルグ
鹿毛 1999.2.23
ヘネシー
栗毛 1993.3.25
Storm Cat 1983.2.27
Island Kitty 1976.2.23
Myth
鹿毛 1993.2.26
▲オジジアン 1983.3.17
Yarn 1987.3.1
Love Style
栗毛 1999.3.22
Mr. Prospector
鹿毛 1970.1.28
★Raise a Native 1961.4.18
Gold Digger 1962.5.28
Likeable Style
鹿毛 1990.1.30
Nijinsky 1967.2.21
Personable Lady 1981.2.21
Stage Magic
栗毛 2007.5.4
仔受胎時活性値:1.75
Ghostzapper
鹿毛 2000.4.6
種付け時活性値:1.50
Awesome Again
鹿毛 1994.3.29
Deputy Minister 1979.5.17
Primal Force 1987.4.27
Baby Zip
鹿毛 1991.3.24
Relaunch 1976.3.16
Thirty Zip 1983.4.23
Magical Illusion
栗毛 2001.5.15
仔受胎時活性値:1.25
Pulpit
鹿毛 1994.2.15
種付け時活性値:1.50
A.P. Indy 1989.3.31
Preach 1989.3.26
Voodoo Lily
鹿毛 1987.3.9
仔受胎時活性値:1.25
Baldski
黒鹿毛 1974.5.15
種付け時活性値:1.00
Cap the Moment
栗毛 1980.2.11
仔受胎時活性値:1.50

<5代血統表内のクロス:Mr. Prospector5×3×5、Nijinsky4×5、Narrate(♀)5×5>

Justify(2015.3.28)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
Scat Daddy
(Storm Cat系)
Ghostzapper
(Deputy Minister系)
Pulpit
(Seattle Slew系)
Baldski
(Nijinsky系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
Ghostzapper
(Relaunch)
5.75 曾祖母が米GIII勝ち馬
(No. 1-h)
3番仔?
(3連産目?)

*

2018年の第143回プリークネスS(米GI。ピムリコ・ダート9.5F)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破時計
・着差
調教師
1 7 Justify 牡3 57.2 Mike E Smith 1:55.93 Bob Baffert 1
2 8 Bravazo 牡3 57.2 Luis Saez 1/2 D Wayne Lukas 5
3 6 Tenfold 牡3 57.2 Ricardo Santana Jr クビ Steven Asmussen 8
4 5 Good Magic 牡3 57.2 Jose L Ortiz クビ Chad C Brown 2
5 2 Lone Sailor 牡3 57.2 Irad Ortiz Jr 1 Thomas Amoss 4

2018年の第143回プリークネスS。21世紀初頭の米国の名短距離馬の名前を借りますが「Lost in the Fog」と言いたくなる一戦。第144回ケンタッキーダービー(米GI)に続いて泥田のような馬場で行われた米国牡馬クラシック3冠の2戦目、勝利を収めたのはJustify。Justify、2歳王者Good Magic(2015.3.1)との競い逃げに負けず、直線で早めに抜け出すと最後まで先頭を譲ることなく、鋭脚を見せて追い込んだBravazo(2015.1.29)を「おいでおいで」と半馬身抑えて5戦5勝、見事に無敗で2冠を達成しました。Justify、これは1977年のSeattle Slew(1974.2.15)以来となる、米国史上2頭目の無敗の3冠馬の誕生が、否が応でも期待されます。

しっかし、名伯楽ボブ・バファート調教師はサスガというところで、1997年のシルバーチャーム(1994.2.22)、1998年のReal Quiet(1995.3.7)、2002年のウォーエンブレム(1999.2.20)、2015年のAmerican Pharoah(2012.2.2)に続いて、Justifyが5頭目のケンタッキーダービー&プリークネスSの2冠馬。ケンタッキーダービーを勝った管理馬は、すべてプリークネスSも制して2冠馬になっているという事実。恐れ入谷の鬼子母神ですm(_ _)m

*

Justifyの最優性先祖である母父Ghostzapperは現役時代に9勝を挙げ、その主な勝ち鞍に第21回ブリーダーズカップ・クラシック(米GI)、第112回メトロポリタンH(米GI)、第51回ウッドワードS(米GI)、第64回ヴォスバーグS(米GI)、トムフールH(米GII)、フィリップHアイズリンBCH(米GIII)と米グレードレース6勝。6.5ハロンから10ハロンのGIを勝つという、速さと強さを兼ね備えた2000年代の米国最強馬。

2004年の第21回ブリーダーズカップ・クラシック。2着のロージズインメイ(2000.2.9)に3馬身差を着けての快勝。ローンスターパーク・ダート10ハロンの勝ち時計1分59秒02は、2018年の現在もブリーダーズカップ・クラシックの勝ち時計として最速タイムを保持しています。

そんなGhostzapperの代表産駒を示しておきます。以下、代表産駒と共に示すGレースのレース名および格付けは、いずれも施行当時のものです。

  1. Stately Victor(2007.5.1)
    →ブルーグラスS(米GI)ほか
  2. Better Lucky(2009.3.26)
    →メイトリアークS(米GI)、ファーストレディS(米GI)ほか
  3. Judy the Beauty(2009.3.17)
    →ブリーダーズカップ・フィリー&メアスプリント(米GI)、マディソンS(米GI)ほか
  4. Molly Morgan(2009.4.21)
    →ラトロワンヌS(米GI)ほか
  5. コンテスティッド(2009.3.10)
    →エイコーンS(米GI)、テストS(米GI)ほか
  6. スターシップトラッフルズ(2009.3.10)
    →プリンセスルーニーH(米GI)
  7. Moreno(2010.4.2)
    →ホイットニーS(米GI)ほか
  8. Paulassilverlining(2012.3.21)
    →ヒューマナディスタフS(米GI)、マディソンS(米GI)ほか
  9. Shaman Ghost(2012.5.5)
    →サンタアニタH(米GI)、ウッドワードS(米GI)、クイーンズプレートほか
  10. Holy Helena(2014.5.4)
    →クイーンズプレートほか
  11. ワイルドフラッパー(2009.5.12)
    →レディスプレリュード(JpnII)、エンプレス杯(JpnII)、マリーンC(JpnIII)ほか

名前を挙げた11頭のうち8頭が牝馬であり、フィリーサイアーとしての活躍が目立ちます。Ghostzapper自身の父系が加国由来、そして加国の名士であるフランク・ストロナック氏のストロナックステーブルの所有ということもあり、Shaman Ghost、Holy Helenaの2頭が、加国のクイーンズプレートの勝ち馬として名を連ねています。Ghostzapper、Justifyという超大物のブルードメアサイアーになったことにより更に注目されると思いますが、日本でもギベオン(2015.2.20)-上述のコンテスティッドの仔-、レヴァンテライオン(2014.3.23)が重賞で活躍しており、社台スタリオンステーションに繋養されている種牡馬ドレフォン(2013.2.19)の母父としても名を刻んでいます。

また、0の理論的な見解を述べると、11頭のうち6頭が2009年生まれ世代。Ghostzapperが満8歳時のミニモの遺伝を受けた牝駒たちが活躍したというところです。2009年生まれ世代の6頭のうち3頭がカタカナ馬名であり、コンテスティッドとスターシップトラッフルズ、そしてお馴染みのワイルドフラッパーの3頭が、繁殖牝馬として社台ファームで繋養されています。見れば、コンテスティッドとスターシップトラッフルズの2頭は、共に3月10日生まれですね。

*

Justify、果たして無敗で史上13頭目となる米国牡馬クラシック3冠馬になることが出来ますでしょうか。決戦は3週間後の2018年6月9日土曜日、ベルモントパーク・ダート12Fの第150回ベルモントS(米GI)にて。

  

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。