第143回ケンタッキーダービー(米GI)の勝ち馬

Always Dreaming 牡 黒鹿毛 2014.2.25生 米国・Santa Rosa Partners生産 馬主・MeB Racing, Brooklyn Boyz, Teresa Viola, St Elias, Siena Farm and West Point 米国・Todd A. Pletcher厩舎

Always Dreaming(2014.2.25)の4代血統表
Bodemeister
鹿毛 2009.4.28
種付け時活性値:1.00

エンパイアメーカー
黒鹿毛 2000.4.27
Unbridled
鹿毛 1987.3.5
Fappiano 1977.5.19
Gana Facil 1981.2.9
Toussaud
黒鹿毛 1989.5.6
El Gran Senor 1981.4.21
Image of Reality 1976.5.18
Untouched Talent
鹿毛 2004.5.2
Storm Cat
黒鹿毛 1983.2.27
Storm Bird 1978.4.19
Terlingua 1976.2.7
Parade Queen
鹿毛 1994.2.2
A.P. Indy 1989.3.31
Spanish Parade 1988.3.15
Above Perfection
黒鹿毛 1998.3.8
仔受胎時活性値:1.75
In Excess
黒鹿毛 1987.4.8
種付け時活性値:0.50
Siberian Express
芦毛 1981.1.25
Caro 1967.4.11
Indian Call 1966.1.24
Kantado
鹿毛 1976.3.23
Saulingo 1970.2.14
Vi 1960
Something Perfect
鹿毛 1980.3.22
仔受胎時活性値:0.25
Somethingfabulous
鹿毛 1972.4.20
種付け時活性値:1.75
Northern Dancer 1961.5.27
Somethingroyal 1952.3.12
Happening
栗毛 1967.4.17
仔受胎時活性値:1.00
Terrang
青鹿毛 1953.4.1
種付け時活性値:1.25
Lazy Mary
鹿毛 1962.2.27
仔受胎時活性値:1.00

<5代血統表内のクロス:Northern Dancer5×5×4>

Always Dreaming(2014.2.25)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
Bodemeister
(Mr. Prospector系)
In Excess
(フオルテイノ系)
Somethingfabulous
(Northern Dancer系)
Terrang
(Khaled系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
Somethingfabulous 4.00 半姉が米GI勝ち馬
(No. 4-o)
9番仔?
(前年産駒なし後?)

*

第143回ケンタッキーダービー(米GI。チャーチルダウンズ・ダート10F)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破時計
・着差
調教師
1 5 Always Dreaming 牡3 57.2 John R Velazquez 2:03.59 Todd Pletcher 1
2 1 Lookin At Lee 牡3 57.2 Corey J Lanerie 2 3/4 Steven Asmussen 13
3 11 Battle Of Midway 牡3 57.2 Flavien Prat 5 Jerry Hollendorfer 15
4 14 Classic Empire 牡3 57.2 Julien R Leparoux 1 Mark Casse 3
5 19 Practical Joke 牡3 57.2 Joel Rosario 3/4 Chad C Brown 12

2017年の第143回ケンタッキーダービー。バラのレイを賭けた「The Run for the Roses」を制したのは、1番人気のAlways Dreaming。雨は上がっていたものの、馬場状態は「Wet Fast(Sealed)」、日本風に言うと「水が浮くような馬場」で行われたこの一戦。スタート直後、有力馬の1頭であったThunder Snow(2014.3.24)がいきなりの競走中止。波乱の幕開けも関係なしにAlways Dreaming、道中先行2番手から進める米国王道の競馬。最後の直線、13番人気を覆すべく差し迫ったLookin At Lee(2014.3.7)を相手にせず、2と4分の3馬身差の完勝でした。

Always Dreaming、後に続く第142回プリークネスS(米GI)、第149回ベルモントS(米GI)での走りも楽しみですね。ベルモントS挑戦を決めたエピカリス(2014.3.22)にとっても強敵ですが、まずはどの馬も無事に舞台に立って欲しいと願います。

 

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。