第143回ケンタッキーオークス(米GI)の勝ち馬

Abel Tasman 牝 鹿毛 2014.3.12生 米国・Clearsky Farms生産 馬主・China Horse Club and Clearsky Farms 米国・Bob Baffert厩舎

Abel Tasman(2014.3.12)の4代血統表
Quality Road
鹿毛 2006.3.23
種付け時活性値:1.75
Elusive Quality
鹿毛 1993.1.27
★Gone West
鹿毛 1984.3.10
Mr. Prospector 1970.1.28
Secrettame 1978.3.15
Touch of Greatness
鹿毛 1986.4.30
Hero’s Honor 1980.4.28
Ivory Wand 1973.3.21
Kobla
鹿毛 1995.5.11
Strawberry Road
鹿毛 1979.9.28
Whiskey Road 1972.2.19
Giftisa 1974.11.2
Winglet
鹿毛 1988.3.19
Alydar 1975.3.23
Highest Trump 1972.2.4
Vargas Girl
鹿毛 2003.3.15
仔受胎時活性値:0.50
Deputy Minister
鹿毛 1979.5.17
種付け時活性値:1.75
Vice Regent
栗毛 1967.4.29
Northern Dancer 1961.5.27
Victoria Regina 1958.5.18
Mint Copy
黒鹿毛 1970.2.24
★Bunty’s Flight 1953.4.26
Shakney 1964
Wheatly Way
黒鹿毛 1989.3.26
仔受胎時活性値:1.25
Wheatly Hall
栗毛 1983.2.13
種付け時活性値:1.25
Norcliffe 1973
La Bonzo 1976.4.3
Family Way
黒鹿毛 1968.5.4
仔受胎時活性値:1.00
★Cyane
鹿毛 1959.4.12
種付け時活性値:0.00
Family Line
青鹿毛 1958.2.15
仔受胎時活性値:0.25

<5代血統表内のクロス:Northern Dancer5×4、Raise a Native5×5>

Abel Tasman(2014.3.12)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
Quality Road
(Mr. Prospector系)
Deputy Minister
(Vice Regent系)
Wheatly Hall
(Buckpasser系)
★Cyane
(Turn-to系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
Quality Road 3.00 半姉が米GIII勝ち馬
(No. 1-a)
6番仔?

*

第143回ケンタッキーオークス(米GI。チャーチルダウンズ・ダート9F)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破時計
・着差
調教師
1 13 Abel Tasman 牝3 54.9 Mike E Smith 1:51.62 Bob Baffert 4
2 12 Daddys Lil Darling 牝3 54.9 Julien R Leparoux 1 1/4 Kenneth McPeek 6
3 2 Lockdown 牝3 54.9 Jose L Ortiz 1 William Mott 8
4 6 Vexatious 牝3 54.9 Kent J Desormeaux 1/2 Neil Drysdale 10
5 14 Salty 牝3 54.9 Joel Rosario 1 1/4 Mark Casse 5

2017年の第143回ケンタッキーオークス。ユリのレイを賭けた「Lillies for the Fillies.」を制したのは、4番人気のAbel Tasman。雨中の戦い、馬場状態はSloppy、日本風に言うと「泥田のような馬場」で行われたこの一戦。Abel Tasman、レーススタート直後は14頭立ての最後方。ボブ・バファート調教師とのコンビではArrogate(2013.4.11)の鞍上としても知られる名手マイク・スミスに促されて、向こう流しから徐々に進出してマクリ一発。最後の直線の半ばで大外から先頭に立ち、同じく後方から差して来た6番人気のDaddys Lil Darling(2014.3.28)を抑えて、そのまま押し切り勝ちしました。

  

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。