第125回愛オークス(GI)の勝ち馬-Star Catcher(2016.2.19)-

Result

Star Catcher 牝 鹿毛 2016.2.19生 英国・Hascombe and Valiant Studs生産 馬主・A E Oppenheimer 英国・John Gosden厩舎

Star Catcher(2016.2.19)の4代血統表
Sea The Stars(IRE)
鹿毛 2006.4.6
種付け時活性値:0.25
Cape Cross
黒鹿毛 1994.3.13
▲Green Desert
鹿毛 1983.4.16
Danzig 1977.2.12
Foreign Courier 1979.4.11
Park Appeal
黒鹿毛 1982.4.9
Ahonoora 1975.4.12
Balidaress 1973.4.22
Urban Sea
栗毛 1989.2.18
▲Miswaki
栗毛 1978.2.22
Mr. Prospector 1970.1.28
Hopespringseternal 1971.5.27
Allegretta
栗毛 1978.3.10
▲Lombard 1967
Anatevka 1969
Lynnwood Chase
鹿毛 2002.4.5
仔受胎時活性値:1.25
Horse Chestnut(SAF)
栗毛 1995.8.19
種付け時活性値:1.50
Fort Wood
鹿毛 1990.5.5
★Sadler’s Wells 1981.4.11
Fall Aspen 1976.3.9
London Wall
鹿毛 1978
Col Pickering 1971
Nalatale 1966
Lady Ilsley
鹿毛 1996.3.2
仔受胎時活性値:1.25
Trempolino(USA)
栗毛 1984.3.17
種付け時活性値:0.75
Sharpen Up 1969.3.17
Trephine 1977.4.23
Sue Warner
黒鹿毛 1988.5.19
仔受胎時活性値:1.75
Forli(ARG)
栗毛 1963.8.10
種付け時活性値:1.875
Bitty Girl
鹿毛 1971
仔受胎時活性値:2.00(0.00)

<5代血統表内のクロス:Northern Dancer5×5>

Star Catcher(2016.2.19)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
Sea The Stars
(Danzig系)
Horse Chestnut
(Sadler’s Wells系)
Trempolino
(エタン系)
Forli
(Hyperion系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
Forli
(Riot)
6.25 or 4.25 半兄が加GI勝ち馬
(No. 1-n)
7番仔?

*

2019年の第125回愛オークス(GI。カラ芝12F)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破時計
・着差
調教師
1 3 Star Catcher 牝3 57.2 Frankie Dettori 2:34.49 John Gosden 2
2 8 Fleeting 牝3 57.2 Donnacha O’Brien 1/2 A P O’Brien 4
3 4 Pink Dogwood 牝3 57.2 Ryan Moore 4 1/2 A P O’Brien 1
4 5 Search For A Song 牝3 57.2 Chris Hayes 3/4 D K Weld 7
5 2 Manuela De Vega 牝3 57.2 Harry Bentley 1 1/2 Ralph Beckett 5

2019年の第125回愛オークス。カラ芝12Fの牝馬クラシック、8頭立てで行われた2019年のこの一戦。終始の逃げでレースの主導権を握ったStar Catcherとランフランコ・デットーリ騎手、決勝点まで先頭を譲ることはなく勝利をキャッチしました。鞍上のデットーリ騎手は第107回のLailani(1998.2.2)、第109回のVintage Tipple(2000.1.17)、第117回のBlue Bunting(2008.3.20)、第123回のEnable(2014.2.12)に続いて愛オークス5勝目。管理されるジョン・ゴスデン調教師は第118回のGreat Heavens(2009.4.28)、前出のEnableに続いて愛オークス3勝目。なお、デットーリ騎手は2019年5月末から「無双」という感じになっており、

  1. Anapurna(2016.3.31)
    →英オークス(GI)
  2. Crystal Ocean(2014.2.8)
    →プリンスオブウェールズS(英GI)
  3. Stradivarius(2014.2.28)
    →ゴールドC(英GI)
  4. Advertise(2016.2.23)
    →コモンウェルスC(英GI)
  5. Enable(2014.2.12)
    →エクリプスS(英GI)
  6. Coronet(2014.2.24)
    →サンクルー大賞(仏GI)
  7. Too Darn Hot(2016.3.27)
    →ジャンプラ賞(仏GI)
  8. Star Catcher(2016.2.19)
    →愛オークス(GI)。本稿の主役

と、2ヶ月足らずで欧州GI8勝という活躍ぶり。8頭のうち5頭、Anapurna、Stradivarius、Enable、Coronet、Too Darn Hot、Star Catcherがゴスデン師の管理馬です。Enableは、7月27日の”キング・ジョージ”(英GI)では2度目の制覇の期待も掛かります。

では、以下にStar Catcherのごく簡単な近親牝系図を示しておきます。なお、近親牝系図内のレース名、格付けはいずれも施行当時のものです。

Lady Ilsley 1996.3.2 2勝
|Lord Admiral 2001.3.27 6勝 ジェベルハッタ(UAE・GII) アルラシディヤ(UAE・GIII) バリーコーラスS(愛GIII)ほか
|Lynnwood Chase 2002.4.5 0勝
||Pisco Sour 2008.2.22 4勝 ウジェーヌアダム賞(仏GII) ターセンテナリーS(英GIII)ほか
||Cannock Chase 2011.3.20 5勝 カナディアンインターナショナルS(GI) ハクスレーS(英GIII) ターセンテナリーS(英GIII)ほか
||Star Catcher 2016.2.19 (本馬) 愛オークス(GI) リブルスデイルS(英GII)

Star Catcherの牝系は1号族n分枝系。Star Catcherの半兄Cannock Chaseは伝統のカナディアンインターナショナルSの勝ち馬、同じく半兄のPisco Sourも仏GII勝ち馬であり、Star Catcherがきょうだい3頭目のGレース勝ち馬となりました。尊ぶべきは、母Lynnwood Chase。

  

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。