第12回ヴィクトリアマイル(GI)の勝ち馬

アドマイヤリード 牝 青鹿毛 2013.3.18生 安平・ノーザンファーム生産 馬主・近藤利一氏 栗東・須貝尚介厩舎

アドマイヤリード(2013.3.18)の4代血統表
ステイゴールド
黒鹿毛 1994.3.24
種付け時活性値:0.50
サンデーサイレンス
青鹿毛 1986.3.25
★Halo
黒鹿毛 1969.2.7
Hail to Reason 1958.4.18
Cosmah 1953.4.4
Wishing Well
鹿毛 1975.4.12
Understanding 1963.2.17
Mountain Flower 1964.3.23
ゴールデンサッシュ
栗毛 1988.4.23
デイクタス
栗毛 1967.4.11
Sanctus 1960.2.28
Doronic 1960.3.25
ダイナサツシユ
鹿毛 1979.3.16
ノーザンテースト 1971.3.15
ロイヤルサツシユ 1966
ベルアリュールII
栗毛 2005.2.2
仔受胎時活性値:1.75
Numerous
鹿毛 1991.3.14
種付け時活性値:1.25
Mr. Prospector
鹿毛 1970.1.28
★Raise a Native 1961.4.18
Gold Digger 1962.5.28
Number
鹿毛 1979.5.5
Nijinsky 1967.2.21
Special 1969.3.28
Mare Aux Fees
芦毛 1988.3.21
仔受胎時活性値:2.00
Kenmare
芦毛 1975.5.5
種付け時活性値:1.00
Kalamoun 1970.4.30
Belle of Ireland 1964
Feerie Boreale
芦毛 1981.6.2
仔受胎時活性値:1.50
Irish River
栗毛 1976.4.2
種付け時活性値:1.00
Skelda
芦毛 1968.2.23
仔受胎時活性値:1.00

<5代血統表内のクロス:Northern Dancer5×5>

アドマイヤリード(2013.3.18)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
ステイゴールド
(Halo系)
Numerous
(Mr. Prospector系)
Kenmare
(ゼダーン系)
Irish River
(Riverman系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
Numerous
(Mr. Prospector)
6.25 母が海外GIII2勝馬
(No. 22)
3番仔
(3連産目)

*

第12回ヴィクトリアマイル(GI)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 上り
3F
馬体重
[前走比]
調教師
1 5アドマイヤリード 牝4 55 C.ルメール 1:33.9    33.4 422
[-4]
須貝尚介 6
2 10デンコウアンジュ 牝4 55 蛯名正義 1:34.1 1 1/4 33.2 444
[0]
荒川義之 11
3 3ジュールポレール 牝4 55 幸英明 1:34.1 クビ 33.6 452
[-2]
西園正都 7
4 2スマートレイアー 牝7 55 武豊 1:34.1 アタマ 34.0 470
[-6]
大久保龍志 4
5 4ソルヴェイグ 牝4 55 川田将雅 1:34.2 クビ 34.1 470
[-6]
鮫島一歩 9

2017年の第12回ヴィクトリアマイル。このレースの前まで5走連続連対してやって来た、アドマイヤリード。振り返れば、今年2月の飛鳥S(準OP)は、武幸四郎騎手(現調教師)の騎手生活最後の勝利でした。そうして6番人気で迎えた東京芝1600mの大一番、いつでも頑張りを見せるその末脚は、東京の長い直線で遺憾なく発揮され、6戦連続連対は馬名意味のとおり「先頭」を駆け抜けて成されました。終わってみれば、強い4歳世代が3着までの上位独占という結果でした。

出走17頭中最軽量となる422kgの青鹿毛の流星アドマイヤリード、ヴィクトリアマイル史上最軽量の勝ち馬となると共に、ステイゴールド牝駒としては初めての古馬牝馬GI勝ちとなりました。そしてまた、馬主の近藤利一氏にとっては、2008年の第137回天皇賞・春(GI)を制したアドマイヤジュピタ(2003.3.1)以来、9年ぶりとなるJRAGI勝利でした。おめでとうございました。

初の重賞制覇をGIで射止めたアドマイヤリード。2013年生まれ世代のマイル女王として、これからも同世代を牽引して行って欲しいものです。

  

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。