第1回ペガサスワールドカップ(米GI)の勝ち馬

Arrogate 牡 芦毛 2013.4.11生 米国・Clearsky Farms生産 馬主・Juddmonte Farms, Inc 米国・Bob Baffert厩舎

Arrogate(2013.4.11)の4代血統表
Unbridled’s Song
芦毛 1993.2.18
種付け時活性値:0.75
Unbridled
鹿毛 1987.3.5
Fappiano
鹿毛 1977.5.19
Mr. Prospector 1970.1.28
Killaloe 1970.3.17
Gana Facil
栗毛 1981.2.9
Le Fabuleux 1961
Charedi 1976.4.12
Trolley Song
芦毛 1983.4.13
Caro
芦毛 1967.4.11
フォルティノ 1959.4.19
Chambord 1955
Lucky Spell
鹿毛 1971.1.28
★Lucky Mel 1954.3.7
Incantation 1965
Bubbler
黒鹿毛 2006.4.5
仔受胎時活性値:1.50
Distorted Humor
栗毛 1993.3.19
種付け時活性値:1.00
フォーティナイナー
栗毛 1985.5.11
Mr. Prospector 1970.1.28
File 1976.4.30
Danzig’s Beauty
鹿毛 1987.3.7
Danzig 1977.2.12
Sweetest Chant 1978.5.11
Grechelle
黒鹿毛 1995.3.11
仔受胎時活性値:0.50
Deputy Minister
黒鹿毛 1979.5.17
種付け時活性値:1.75
Vice Regent 1967.4.29
Mint Copy 1970.2.24
Meadow Star
栗毛 1988.5.19
仔受胎時活性値:1.50
Meadowlake
栗毛 1983.3.12
種付け時活性値:1.00
Inreality Star
鹿毛 1979.1.16
仔受胎時活性値:2.00(0.00)

<5代血統表内のクロス:Mr. Prospector4×4、In Reality5×5、Northern Dancer5×5>

Arrogate(2013.4.11)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
Unbridled’s Song
(Mr. Prospector系)
Distorted Humor
(Mr. Prospector系)
Deputy Minister
(Northern Dancer系)
Meadowlake
(Princequillo系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
Deputy Minister
(Vice Regent)
5.50 or 3.50 曾祖母が米GI6勝
(No. 16-g)
初仔?

*

第1回ペガサスワールドカップ(米GI。ガルフストリームパーク・ダート9F)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破時計
・着差
調教師 人気
1 1 Arrogate 牡4 56.2 Mike E Smith 1:46.83 Bob Baffert 1
2 7 Shaman Ghost 牡5 56.2 Jose L Ortiz 4 3/4 James Jerkens 4
3 3 Neolithic 牡4 56.2 John R Velazquez 3 1/2 Todd Pletcher 5
4 9 Keen Ice 牡5 56.2 Javier Castellano 2 3/4 Todd Pletcher 3
5 5 War Story せん5 56.2 Antonio A Gallardo 2 1/4 Jorge Navarro 7

2017年の第1回ペガサスワールドカップ。賞金総額1200万ドル、1着賞金700万ドルという世界最高賞金額を競った一戦は、1枠1番から発進した1番人気馬Arrogateが、先行3番手で4角手前からは先頭に進出、直線では差を広げて2着Shaman Ghost(2012.5.5)に4と3分の4馬身差を着けての快勝でした。Arrogate、彗星の如く現れた第147回トラヴァーズS(米GI)では13馬身半差のコースレコード勝ちを収め、第33回ブリーダーズカップ・クラシック(米GI)ではCalifornia Chrome(2011.2.18)との一騎打ちを制し、そして今回のペガサスワールドカップと米GIを3連勝。強さと速さを兼ね備えた強者ぶりを立て続けに見せてくれています。

このレースで引退となった2番人気のCalifornia Chromeは、道中Arrogateを外からマークする形で進めましたが、Arrogateがスパートをかけた時には付いて行けず9着に終わりました。California Chrome、ケンタッキーダービー(米GI)、プリークネスS(米GI)、ドバイワールドカップ(UAE・GI)、パシフィッククラシックS(米GI)、サンタアニタダービー(米GI)、ハリウッドダービー(米GI)、オーサムアゲインS(米GI)とGI7勝の名馬は、カリフォルニア州産馬の星として、長きに渡り米国競馬界の主役を張り続けました。この後はテイラーメイドファームで種牡馬入りということで、仔の活躍にも期待したいものです。

  

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。