東京優駿(GI)プレイバック(其の弐)-スペシャルウィーク(1995.5.2)-

競馬の祭典である東京優駿(GI)が開催される5月ということで、30年前、20年前、10年前の東京優駿を振り返る、気の長い企画です。其の弐は1998年の第65回の勝ち馬、スペシャルウィーク。

スペシャルウィーク 牡 黒鹿毛 1995.5.2生~2018.4.27没 門別・日高大洋牧場生産 馬主・臼田弘義氏 栗東・白井寿昭厩舎

スペシャルウィーク(1995.5.2)の4代血統表

サンデーサイレンス
青鹿毛 1986.3.25
種付け時活性値:0.00

Halo
黒鹿毛 1969.2.7
Hail to Reason
黒鹿毛 1958.4.18
Turn-to 1951
Nothirdchance 1948
Cosmah
鹿毛 1953.4.4
★Cosmic Bomb 1944
Almahmoud 1947 ♀
Wishing Well
鹿毛 1975.4.12
Understanding
栗毛 1963.2.17
★Promised Land 1954.3.31
Pretty Ways 1953.3.21
Mountain Flower
鹿毛 1964.3.23
Montparnasse 1956
Edelweiss 1959.2.15
キャンペンガール
鹿毛 1987.4.19
仔受胎時活性値:1.75
マルゼンスキー
鹿毛 1974.5.19
種付け時活性値:1.00
Nijinsky
鹿毛 1967.2.21
Northern Dancer 1961.5.27
Flaming Page 1959.4.24
シル
鹿毛 1970.4.22
Buckpasser 1963.4.28
Quill 1956.2.24
レデイーシラオキ
鹿毛 1978.4.3
仔受胎時活性値:2.00(0.00)
セントクレスピン
栗毛 1956
種付け時活性値:1.25
Aureole 1950
Neocracy 1944
ミスアシヤガワ
鹿毛 1964.5.24
仔受胎時活性値:1.25
ヒンドスタン
鹿毛 1946
種付け時活性値:0.25
シラオキ
栗毛 1946.4.7
仔受胎時活性値:0.25

<5代血統表内のクロス:なし>

スペシャルウィーク(1995.5.2)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
サンデーサイレンス
(Halo系)
マルゼンスキー
(Nijinsky系)
セントクレスピン
(Aureole系)
ヒンドスタン
(Bois Roussel系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
セントクレスピン
(Angelola)
5.25 or 3.25 高祖母の分枝から活躍馬多数
(No. 3-l フロリースカツプ系)
5番仔
(5連産目)

*

1998年の第65回東京優駿(GI)の結果(上位5頭。馬齢は現年齢表記に合わせる)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 上り
3F
馬体重
[前走比]
調教師
1 5 スペシャルウィーク 牡3 57 武豊 2:25.8    35.3 468
[-8]
白井寿昭 1
2 16 ボールドエンペラー 牡3 57 河内洋 2:26.7 5 36.1 452
[+4]
中村均 14
3 15 ダイワスペリアー 牡3 57 菊沢隆徳 2:26.8 1/2 36.6 460
[+8]
二ノ宮敬宇 15
4 12セイウンスカイ 牡3 57 横山典弘 2:26.8 ハナ 36.8 470
[-2]
保田一隆 3
5 11 ミツルリュウホウ 牡3 57 南井克巳 2:27.0 1 1/4 36.1 416
[-4]
松元茂樹 10

1998年の第65回東京優駿。ユタカさんをして、ムチを落としてしまった最後の直線。それでもメンバー中最速の上がりを繰り出して、5馬身差圧勝。ゴール後、ユタカさんの嬉しそうなこと。競馬社会に生きる人にとって、やはり「ダービーは特別なもの」であることが、改めて分かった瞬間でした。

そんなスペシャルウィークの訃報が、先日伝えられました。2018年4月27日金曜日の16時40分頃、生まれ故郷の日高大洋牧場にて死亡したとのこと。JRAを通じて発表されたユタカさんのコメントを引いておきます。

武 豊騎手のコメント

突然のことで驚いています。自分にとっては、自分をダービージョッキーにしてくれた馬なので、とても特別な一頭です。素晴らしい馬でした。たくさんの思い出があり、一生忘れられない馬です。

スペシャルウィーク号が死亡 JRA

スペシャルウィークは、ユタカさんに東京優駿とジャパンカップ(GI)、2つの大レースの初勝利をプレゼントした馬でした。武豊TV!IIで「あの馬はホントに強かった」と、しみじみとおっしゃっていたので、本当に強かったのでしょう。そしてまた「大好きな馬でした」 ともおっしゃっていました。

私も、数多いるサンデーサイレンス産駒のGI馬の中で、最も好きな馬でした。スペシャルウィーク。

  

[スペシャルウィークの主な競走成績]

  1. 東京優駿(GI)、天皇賞・春(GI)、天皇賞・秋(GI)、ジャパンカップ(GI)、京都新聞杯(GII)、阪神大賞典(GII)、AJCC(GII)、きさらぎ賞(GIII)
  2. 菊花賞(GI)、有馬記念(GI)、宝塚記念(GI)
  3. 皐月賞(GI)、ジャパンカップ(GI)

通算17戦10勝、2着4回、3着2回。

  

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。