東京優駿(GI)プレイバック(其の参)-ディープスカイ(2005.4.24)-

Result

競馬の祭典である東京優駿(GI)が開催される5月ということで、30年前、20年前、10年前の東京優駿を振り返る、気の長い企画です。其の参は2008年の第75回の勝ち馬、ディープスカイ。

ディープスカイ 牡 栗毛 2005.4.24生 浦河・笠松牧場生産 馬主・深見敏男氏 栗東・昆貢厩舎

ディープスカイ(2005.4.24)の4代血統表
アグネスタキオン
栗毛 1998.4.13
種付け時活性値:1.50
サンデーサイレンス
青鹿毛 1986.3.25
★Halo
黒鹿毛 1969.2.7
Hail to Reason 1958.4.18
Cosmah 1953.4.4
Wishing Well
鹿毛 1975.4.12
Understanding 1963.2.17
Mountain Flower 1964.3.23
アグネスフローラ
鹿毛 1987.6.18
ロイヤルスキー
栗毛 1974.5.24
Raja Baba 1968.4.5
Coz o’Nijinsky 1969.4.27
アグネスレデイー
鹿毛 1976.3.25
リマンド 1965.2.16
イコマエイカン 1967.5.18
アビ
栗毛 1995.5.5
仔受胎時活性値:
Chief’s Crown
鹿毛 1982.4.7
種付け時活性値:1.00
Danzig
鹿毛 1977.2.12
Northern Dancer 1961.5.27
Pas de Nom 1968.1.27
Six Crowns
栗毛 1976.4.21
Secretariat 1970.3.30
Chris Evert 19712.14
Carmelized
鹿毛 1990.4.9
仔受胎時活性値:
Key to the Mint
鹿毛 1969.3.9
種付け時活性値:1.00
Graustark 1963.4.7
Key Bridge 1959.4.10
Carmelize
鹿毛 1972.4.23
仔受胎時活性値:
Cornish Prince
黒鹿毛 1962.3.29
種付け時活性値:0.25
Miss Carmie
鹿毛 1966.2.21 ♀
仔受胎時活性値:

<5代血統表内のクロス:Bold Ruler5×5・5、Miss Carmie(♀)5×4(母方)>

ディープスカイ(2005.4.24)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
アグネスタキオン
(Halo系)
Chief’s Crown
(Danzig系)
Key to the Mint
(Ribot系)
Cornish Prince
(Bold Ruler系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
アグネスタキオン
(アグネスフローラ)
2.75 近親活躍馬多数
(No. 23-b)
4番仔
(不受胎後)

*

2008年の第75回東京優駿(JpnI。東京芝2400m)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 上り
3F
馬体重
[前走比]
調教師
1 1 ディープスカイ 牡3 57 四位洋文 2:26.7    34.2 514
[+6]
昆貢 1
2 7 スマイルジャック 牡3 57 小牧太 2:26.9 1.1/2 35.5 472
[0]
小桧山悟 12
3 3 ブラックシェル 牡3 57 武豊 2:27.0 3/4 34.7 526
[0]
松田国英 6
4 9 マイネルチャールズ 牡3 57 松岡正海 2:27.1 クビ 35.0 454
[+4]
稲葉隆一 2
5 10 レインボーペガサス 牡3 57 安藤勝己 2:27.1 クビ 35.4 484
[+4]
鮫島一歩 5

2008年の第75回東京優駿。直線、内を行くスマイルジャック(2005.3.8)と小牧太騎手が粘る姿を見て「すわ、15号族の馬がジーワンを、ましてやダービーを勝ってしまうのか!?」と思ったことが、懐かしい思い出です。そんな第75回東京優駿を制したのは、ディープスカイ。第68回皐月賞(JpnI)を制したキャプテントゥーレ(2005.4.5)不在の一戦、ファンは出走馬唯一のジーワン勝ち馬、前走の第13回NHKマイルカップ(JpnI)を1番人気で応えたディープスカイを1番人気に支持しました。1枠1番からの発走、白い帽子に「青、白玉霰、白袖青二本輪」の勝負服を背にした栗毛馬は、道中、悠然と後方4、5番手を進みました。決勝点手前、上述したスマイルジャックが頑張り切るのかと思われた瞬間。ある意味四位洋文騎手らしく、大外に持ち出していたディープスカイが、ものすごい脚色で捉え、しっかり1馬身2分の1差し切ったところがゴールでした。混戦と目された2008年春の牡馬クラシック戦線、終わってみれば「変則2冠馬の誕生」、そして鞍上の四位騎手が「史上2人目の東京優駿連覇」という結末でした。

ディープスカイ、毎日杯(JpnIII)で表舞台に立ったと思ったら、勢いそのままにNHKマイルカップとダービーを連勝するというキングカメハメハ(2001.3.20)コースを辿ったのでした。そう、気付いてみれば、彼らは毎日杯、NHKマイルカップ、東京優駿、そして神戸新聞杯(JpnII)と連勝で制した重賞4つが同じで、結果的に神戸新聞杯が最後の勝利になったのも同じですね。

そんなディープスカイ、種牡馬としての産駒成績を見れば、

  1. キョウエイギア(2013.2.16)
    →ジャパンダートダービー(JpnI)
  2. サウンドスカイ(2013.3.23)
    →全日本2再優駿(JpnI)、兵庫ジュニアグランプリ(JpnII)
  3. クリンチャー(2014.3.10)
    →京都記念(GII)ほか
  4. タマノブリュネット(2012.3.22)
    →レディスプレリュード(JpnII)ほか
  5. モルトベーネ(2012.3.24)
    →アンタレスS(GIII)ほか

と、砂上を中心として産駒が巻き返しを図っています。特に満8歳時のミニモの遺伝で送り出したクリンチャーは中長距離の芝路線で開花し、今年2018年の秋はニエル賞(仏GII)から第97回凱旋門賞(仏GI)への挑戦が発表されました。果敢な挑戦に期待したいと思います。

  

[ディープスカイの主な競走成績]

  1. 東京優駿(JpnI)、NHKマイルカップ(JpnI)、神戸新聞杯(JpnII)、毎日杯(JpnIII)
  2. ジャパンカップ(GI)、安田記念(GI)、大阪杯(GII)
  3. 天皇賞・秋(GI)、宝塚記念(GI)、アーリントンC(JpnIII)

通算17戦5勝、2着7回、3着3回。

  

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。