思い出のGI1勝馬を辿る(其の肆)-グルメフロンティア(1992.5.23)-

Pedigree

グルメフロンティア 牡 鹿毛 1992.4.19生~2010.7.17没 門別・白井牧場生産 馬主・石井政義氏 美浦・田中清隆厩舎

グルメフロンティア(1992.4.19)の4代血統表
トウシヨウペガサス
鹿毛 1979.5.16
種付け時活性値:1.00
ダンデイルート
鹿毛 1972.5.10
Luthier
黒鹿毛 1965.3.22
Klairon 1952
Flute Enchantee 1950
Dentrelic
栗毛 1965.3.20
Prudent 1959.4.20
Relict 1958
ソシアルトウシヨウ
黒鹿毛 1972.4.2
ヴエンチア
黒鹿毛 1957
Relic 1945
Rose O’Lynn 1944
ソシアルバターフライ
鹿毛 1957.4.13
Your Host 1947
Wisteria 1948
バンビフアバー
栗毛 1980.5.20
仔受胎時活性値:0.75
フアバージ
鹿毛 1961.4.19
種付け時活性値:0.50
▲Princely Gift
鹿毛 1951
Nasrullah 1940.3.2
Blue Gem 1943
Spring Offensive
鹿毛 1943
Legend of France 1935
Batika 1934
スイートボルガ
栗毛 1975.3.5
仔受胎時活性値:1.00
バーボンプリンス
鹿毛 1957.3.31
種付け時活性値:0.25
★Princequillo 1940
Lyceum 1948
スイフトクイン
栗毛 1961.1.3
仔受胎時活性値:1.25
ライジングライト
鹿毛 1942
種付け時活性値:0.50
スウヰイスー
栗毛 1949.5.3
仔受胎時活性値:0.75

<5代血統表内のクロス:Relic4×5(父方)>

グルメフロンティア(1992.4.19)の0の理論的総括
母父祖母父曾祖母父
トウシヨウペガサス
(Clarion系)
フアバージ
(Princely Gift系)
バーボンプリンス
(Princequillo系)
ライジングライト
(Hyperion系)
形相の遺伝料の遺伝牝系母の何番仔?
トウシヨウペガサス
(ダンデイルート)
3.75高祖母が二冠牝馬
(No. 5-e ライン系)
7番仔
(7連産目)

*

1998年の第15回フェブラリーS(GI。東京ダート1600m)の結果(上位5頭。馬齢は現年齢表記に合わせる)


馬名性齢
騎手走破
時計
着差上り
3F
馬体重
[前走比]
調教師
16グルメフロンティア牡657岡部幸雄1:37.536.7534
[0]
田中清隆6
22メイショウモトナリ牡456安田康彦1:38.2437.7508
[-8]
安田伊佐夫8
313シャドウクリークせん557加藤和宏1:38.2クビ36.8470
[0]
藤沢和雄10
412ワシントンカラー牡456柴田善臣1:38.3クビ37.4504
[-2]
松山康久4
516タイキシャーロック牡657横山典弘1:38.3ハナ38.0524
[+7]
土田稔1

1998年の第15回フェブラリーS。前走中山金杯(GIII)を1番人気で制してフェブラリーSに挑んで来たグルメフロンティア。味の地平を切り開く、もとい、芝ダート兼用の地平を切り開くべく臨んだ一戦。勝負はあっけないもので、出走16頭中最重量となる534kgの巨漢馬グルメフロンティア、道中6番手から直線では馬場中央外側を伸びると、最後はメイショウモトナリ(1994.5.7)以下を4馬身切って捨てました。0の理論的な解釈となりますが、現代の極少数父系であるHerod(1758)~Tourbillon(1928)系を直父系に持つグルメフロンティア、最上級のレースでその血が持つボスとしての資質が一気に花開いたというところでしょうか。伊達や酔狂でGIレースを4馬身差で勝利を収めることは出来ません。グルメフロンティア、見事なGI勝利でした。

さて、グルメフロンティアの最優性先祖として判断した父トウショウペガサスは、現役時代に8勝を挙げ、その主な勝ち鞍に中山記念(GII)、ダービー卿チャレンジT(GIII)があります。トウショウペガサスは母が第36回優駿牝馬2着のソシアルトウショウであり、

  1. エイティトウショウ(1978.5.8)
    →中山記念2回、金杯、ラジオたんぱ賞ほか
  2. トウショウペガサス(1979.5.16)
    →中山記念(GII)、ダービー卿チャレンジT(GIII)ほか
  3. トウショウサミット(1982.5.5)
    →NHK杯(GII)ほか
  4. トウショウマリオ(1985.6.2)
    →東京新聞杯(GIII)、京成杯(GIII)ほか

という「4きょうだい重賞勝ち馬」の2頭目がトウショウペガサス。そしてまた伯父が中山記念、クモハタ記念、関屋記念と重賞3勝のトウショウピット(1967.5.13)、叔父が言わずと知れた「天馬」トウショウボーイ(1973.4.15)。むぅ、ピッカピカの良血馬ですね(^^)

そんなトウショウペガサスの繁殖成績を見ると、全14世代で315頭の種付けに対して生産頭数193頭、血統登録頭数186頭。産駒の出走頭数145頭に対して勝ち馬頭数が100頭、勝ち上がり率が6割9分。トウショウペガサス、極少数父系と母系の血筋の良さとが噛み合って、少ない産駒からスエヒロジョウオー(1990.4.16)、グルメフロンティア、トウショウフリート(1988.4.27)と3頭のJRAオープン馬を輩出しました。

また、グルメフロンティアの血統表内にSt. Simon(1881)~Princequillo系のバーボンプリンスが見えますので話題にしておきますと、近年の研究により、

2017年のウィーン獣医科大学を中心とした研究グループの報告によると、本馬の子孫であるパーシモン系やオレンジピール系のY染色体MSYにダーレーアラビアン系であれば本来存在するはずのSNPが無く、セントサイモンは実際にはバイアリータークの父系子孫である可能性が極めて高いことが明らかとなった[21]

セントサイモン – Wikipedia

ということ。今後も研究が進められて行く中で、どのような進展を見せるのか。血統好きとしては、その成り行きを見守りたいものです。

 

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。

*

[グルメフロンティア(1992.4.19)の主な競走成績]

  1. フェブラリーS(GI)、中山金杯(GIII)
  2. 愛知杯(GIII)
  3. カブトヤマ記念(GIII)

通算38戦9勝、2着8回、3着3回。

*

ワイルドブラスター
ワイルドブラスター

……。

マイシンザン
マイシンザン

どうした?

ワイルドブラスター
ワイルドブラスター

グルメフロンティアが勝った1998年のフェブラリーS、僕、GI初出走やったんですよ。でも、何も出来なかったなぁ、って。

マイシンザン
マイシンザン

そうか。とは言え、GIレースは出走するだけで大したものやねん。