思い出のGI1勝馬を辿る(其の壱)-タケノベルベット(1989.3.13)-

Pedigree

タケノベルベット 牝 黒鹿毛 1989.3.13生~2014.2.28没 静内・武岡牧場生産 馬主・武岡大佶氏 栗東・小林稔厩舎

タケノベルベット(1989.3.13)の4代血統表
パドスール
鹿毛 1979.5.8
種付け時活性値:0.25

Mill Reef
鹿毛 1968.2.23
Never Bend
鹿毛 1960.3.15
Nasrullah 1940.3.2
Lalun 1952
Milan Mill
鹿毛 1962.2.10
Princequillo 1940
Virginia Water 1953.4.18
Thereby
黒鹿毛 1965
Star Moss
栗毛 1960
Mossborough 1947
Star of France 1947
Besides
鹿毛 1952
Naucide 1945
Bees Knees 1939
タケノダンサー
栗毛 1971.4.26
仔受胎時活性値:0.25
チヤイナロツク
栃栗毛 1953
種付け時活性値:0.25
Rockefella
黒鹿毛 1941
Hyperion 1930.4.18
Rockfel 1935
May Wong
栗毛 1934
Rustom Pasha 1927
Wezzan 1924
ラダンスーズ
鹿毛 1964
仔受胎時活性値:1.50
Le Levanstell
鹿毛 1957
種付け時活性値:1.50
Le Lavandou 1944
Stella’s Sister 1950
Star Dancer
黒鹿毛 1954
仔受胎時活性値:0.25
Arctic Star
黒鹿毛 1942
種付け時活性値:0.75
Dancing Time
鹿毛 1938
仔受胎時活性値:1.75

<5代血統表内のクロス:Nearco5×5×5>

タケノベルベット(1989.3.13)の0の理論的総括
母父祖母父曾祖母父
パドスール
(Mill Reef系)
チヤイナロツク
(Rockefella系)
Le Levanstell
(Djebel系)
Arctic Star
(Nearco系)
形相の遺伝料の遺伝牝系母の何番仔?
Le Levanstell
(Djebel)
3.75半姉リーゼングロス
(No. 2-f ラダンスーズ系)
7番仔
(2連産目)

*

1992年の第17回エリザベス女王杯(GI。京都芝2400m)の結果(上位5頭。馬齢は現年齢表記に合わせる)


馬名性齢
騎手走破
時計
着差上り
4F
馬体重
[前走比]
調教師
112タケノベルベット牝355藤田伸二2:27.146.0444
[+2]
小林稔17
28メジロカンムリ牝355横山典弘2:27.73.1/247.1486
[+4]
松山康久2
32ニシノフラワー牝355河内洋2:27.7ハナ46.4432
[0]
松田正弘6
47アドラーブル牝355村本善之2:27.83/446.8430
[+20]
小林稔5
517サンエイサンキュー牝355田原成貴2:28.01.1/447.1436
[0]
佐藤勝美4

1992年の第17回エリザベス女王杯。「パドスール産駒が1、2着独占」と狂い咲いたGIでした。1着は出走馬18頭中17番人気のタケノベルベット、2着に2番人気のメジロカンムリ(1989.4.8)。馬番連勝の配当は70,470円という大穴馬券になりました。

しっかし、タケノベルベットの強さよ。3角から4角、坂の下りで馬群の外を進出し始めた時から、1頭だけ、違う競馬。直線半ばでは脚色がまったく違い、おいでおいでの大楽勝。弱冠20歳、デビュー2年目の藤田伸二騎手はこのレースがGI初制覇となりました。

「馬のローテーション」について述べられることも多い1992年のエリザベス女王杯ですが、1着のタケノベルベットは7月初めの中日スポーツ賞4歳S(現ファルコンS、GIII)7着以来4ヶ月半ぶりのレースでした。2着のメジロカンムリは春のクラシックとは無縁で、別路線からステップアップし、古馬混合重賞である府中牝馬S(現GII、当時GIII)2着からの参戦でした。また、4着のアドラーブル(1989.3.28)は5月末の第53回優駿牝馬(GI)1着以来5ヶ月半ぶりのレース。力量があり好走できる体調であるならば、人間の思惑(=人気)なんて全く関係無いと痛感させた、タケノベルベットが制した第17回エリザベス女王杯でした。

結局、1992年の現年齢表記3歳牝馬GIの勝ち馬は3月のチューリップ賞(現GII、当時OP)の1~3着馬で決まりました。チューリップ賞1着のアドラーブルが優駿牝馬、2着のニシノフラワー(1989.4.19)が第52回桜花賞(GI)、3着のタケノベルベットがエリザベス女王杯を制したのでした。

 

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。

*

[タケノベルベット(1989.3.13)の主な競走成績]

  1. エリザベス女王杯(GI)、鳴尾記念(GII)
  2. 阪神大賞典(GII)
  3. 日経新春杯(GII)

通算11戦5勝、2着1回、3着2回。

*

ワイルドブラスター
ワイルドブラスター

思い出のGI1勝馬を辿る」の企画は、今回が其の壱ですから、本当はタケノベルベットさんの記事が初回だったようです。

マイシンザン
マイシンザン

ところが、不意に其の零を書いて、レオダーバン(1988.4.25)さんとイブキマイカグラ(1988.2.24)さんの紹介をした訳やね。

ワイルドブラスター
ワイルドブラスター

ええ。他にも企画があるみたいですけれど、発作的に書いてしまった其の零により、「思い出のGI1勝馬を辿る」の企画を優先してアップしたそうです。