思い出の女馬を辿る(其の捌)-マックスキャンドゥ(1995.5.20)-

Pedigree

マックスキャンドゥ 牝 栗毛 1995.5.20生~2011.10.11没 門別・天羽牧場生産 馬主・田所英子氏 栗東・伊藤雄二厩舎

マックスキャンドゥ(1995.5.20)の4代血統表

キンググローリアス
黒鹿毛 1986.2.6
種付け時活性値:0.00
Naevus
栗毛 1980.1.29
Mr. Prospector
鹿毛 1970.1.28
★Raise a Native 1961.4.18
Gold Digger 1962.5.28
Mudville
鹿毛 1968.2.12
Bold Lad 1962.4.23
Batter Up 1959.4.13
Glorious Natalie
黒鹿毛 1980.1.10
Reflected Glory
鹿毛 1964.4.8
★Jester 1955.4.1
Lysistrata 1954.5.12
Blue Eyed Blonde
栗毛 1964.4.23
The Pie King 1951
Blue-Eyed Barbie 1959.6.14
マツクスドリーマー
栗毛 1981.3.15
仔受胎時活性値:1.25

ノーザリー
鹿毛 1972.4.29
種付け時活性値:0.00
Northern Dancer
鹿毛 1961.5.27
Nearctic 1954.2.11
Natalma 1957.3.26
Politely
栗毛 1963.4.21
Amerigo 1955
Morn Again 1954.4.8
アーチエンゼル
栗毛 1965.6.5
仔受胎時活性値:1.75
ネヴアービート
栃栗毛 1960
種付け時活性値:1.00
★Never Say Die 1951.3.26
Bride Elect 1952
テツノホマレ
鹿毛 1950.4.8
仔受胎時活性値:1.50
大鵬
黒鹿毛 1929.4.10
種付け時活性値:1.00
コロナ
栗毛 1943.4.20
仔受胎時活性値:1.50

<5代血統表内のクロス:Native Dancer5×5、Tom Fool5×5、Nearco5×5>

マックスキャンドゥ(1995.5.20)の0の理論的総括
母父祖母父曾祖母父
★キンググローリアス
(Mr. Prospector系)
★ノーザリー
(Northern Dancer系)
ネヴアービート
(Never Say Die系)
大鵬
(Sundridge系)
形相の遺伝料の遺伝牝系母の何番仔?
ネヴアービート
(Bride Elect)
6.00半姉がGIII勝ち馬
(No. 11 クレイグダーロツチ系)
8番仔
(9連産目)

*

1998年の飛梅賞(京都ダート1800m)の結果(上位5頭。馬齢は現年齢表記に合わせる)


馬名性齢
騎手走破
時計
着差上り
3F
馬体重
[前走比]
調教師
19マックスキャンドゥ牝353四位洋文1:51.436.4482
[-10]
伊藤雄二1
210メガラ牝353田原成貴1:51.82.1/236.5428
[+12]
田島良保2
311エリモエクセル牝353佐藤哲三1:52.5436.9424
[-2]
加藤敬二8
46スイートマティルダ牝353後藤浩輝1:52.63/437.1462
[+4]
後藤由之6
512グレースアミーガ牝353高橋亮1:53.02.1/237.2428
[-6]
安田隆行7

メガラ(1995.4.27)に騎乗していた田原成貴騎手はこの飛梅賞がラストライドでした。兄弟子である田島良保調教師の管理馬で2番人気2着。先んじたのが田原騎手ゆかりの田所祐オーナーのご息女である田所英子オーナーの所有馬、マックスキャンドゥでした。

*

1998年の第32回4歳牝馬特別(GII。阪神芝1400m)の結果(上位5頭。馬齢は現年齢表記に合わせる)


馬名性齢
騎手走破
時計
着差上り
3F
馬体重
[前走比]
調教師
14マックスキャンドゥ牝354四位洋文1:22.436.6486
[+4]
伊藤雄二3
214メイショウアヤメ牝354飯田祐史1:22.61.1/436.5424
[-2]
飯田明弘6
35バプティスタ牝354岡部幸雄1:22.7クビ36.6420
[-2]
前田禎2
49ロンドンブリッジ牝354松永幹夫1:22.7ハナ37.1478
[-4]
中尾謙太郎1
511オータムリーフ牝354石橋守1:23.0237.1452
[-4]
境直行5

*

1998年の第33回4歳牝馬特別(GII。東京芝2000m)の結果(上位5頭。馬齢は現年齢表記に合わせる)


馬名性齢
騎手走破
時計
着差上り
3F
馬体重
[前走比]
調教師
115マックスキャンドゥ牝354蛯名正義2:00.334.7482
[0]
伊藤雄二1
25スイートマティルダ牝354加藤和宏2:00.51.1/434.0446
[-8]
後藤由之5
38ナオミシャイン牝354柴田善臣2:00.71.1/234.6436
[0]
清水利章4
42オータムリーフ牝354石橋守2:00.81/236.0462
[0]
境直行6
53ラティール牝354高橋亮2:00.93/434.3482
[+2]
加藤敬二2

*

0の理論的良馬として中島国治氏の評価が高かったマックスキャンドゥ。原文のママ引用しておきますと、

血統の構成はエクリプス系を4世代積み重ねたもので一般的ではあるが、父のキンググローリアスが9歳時の0交配、ブルードメアサイアーのノーザリーも9歳時の0交配であり、0、0化の先祖もたいへん多く、8代目に残る有数値の先祖は3/128と極めて少ない、非常に純粋な血に戻し交配さ名牝である。

-KKベストセラーズ、「競馬最強の法則」、1998年4月号P34より-

結果的にはクラシックのトライアルに強い馬としてGII2勝。第59回優駿牝馬(GI)で彼女から大勝負をして、散ったワタクシ(^^;)。でも、よいよい。大柄な栗毛に、ピンクのメンコとピンクの髪結が、とても可愛らしかった。

そんなマックスキャンドゥ、現年齢表記3歳秋初戦のクイーンS(GIII)を13着と大敗すると、あっさりと引退。早生の血統を見切る早さに感心したものですが、そこは11号族クレイグダーロッチ(1922)系大好きの伊藤雄二調教師、繁殖牝馬としての期待もあったのでしょう。

ところがマックスキャンドゥ、繁殖牝馬となってからの初期には不受胎や死産で仔を競馬場に送り込めず、苦労が続きました。マックスキャンドゥの血統登録された仔は5頭いますが、自身に並び超えるような産駒は現れませんでした。それでも、ゼンノロブロイ(2000.3.27)の牝駒ガルネリ(2008.1.23)、ゴールドアリュール(1999.3.3)の牝駒マックスユーキャン(2011.4.30)が繁殖牝馬として世代を重ねています。

願うは、マックスキャンドゥの仔孫から、マックスキャンドゥを彷彿させ、そして超えていくような馬に出会いたいもの。静かに待っています。

 

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。

*

[マックスキャンドゥ(1995.5.20)の主な競走成績]

  1. 4歳牝馬特別・東(GII)、4歳牝馬特別・西(GII)

通算9戦4勝、2着1回、3着1回。

*

マイシンザン
マイシンザン

マックスキャンドゥ。彼女が勝った飛梅賞、俺が走った時は1番人気で6着やったんよなぁ。ダートが合わんかった。

ワイルドブラスター
ワイルドブラスター

まま、兄さんの平爪は、芝でこそですよね。ダートは僕みたいなツボ爪でないと。あ、京都ダート1800mと言えば、僕、1998年のアンタレスS(GIII)勝ってます。

マイシンザン
マイシンザン

サスガにダート1800m重賞3勝はダテではない、な。