思い出の女馬を辿る(其の拾)-ティコティコタック(1997.3.11)-

Pedigree

ティコティコタック 牝 栗毛 1997.3.11生 浦河・バンブー牧場生産 馬主・(有)バンブー牧場 栗東・松田正弘厩舎

ティコティコタック(1997.3.11)の4代血統表
サツカーボーイ
栃栗毛 1985.4.28
種付け時活性値:0.75
デイクタス
栗毛 1967.4.11
Sanctus
鹿毛 1960.2.28
Fine Top 1949
Sanelta 1954
Doronic
栗毛 1960.3.25
▲Worden 1949
Dulzetta 1954.2.9
ダイナサツシユ
鹿毛 1979.3.16
ノーザンテースト
栗毛 1971.3.15
Northern Dancer 1961.5.27
Lady Victoria 1962.2.20
ロイヤルサツシユ
鹿毛 1966
Princely Gift 1951
Sash of Honour 1957
ワンアイドバンブー
黒鹿毛 1991.5.6
仔受胎時活性値:1.25
ブライアンズタイム
黒鹿毛 1985.5.28
種付け時活性値:1.25
Roberto
鹿毛 1969.3.16
Hail to Reason 1958.4.18
Bramalea 1959.4.12
Kelley’s Day
鹿毛 1977.5.11
Graustark 1963.4.7
Golden Trail 1958.3.5
ドロレスバンブー
青鹿毛 1984.4.13
仔受胎時活性値:1.50
ジヨンテイオンブル
栗毛 1973.4.2
種付け時活性値:0.50
No Mercy 1968
Kirisana 1966
シエンバンブー
黒鹿毛 1974.5.14
仔受胎時活性値:0.25
★ヴエンチア
黒鹿毛 1957
種付け時活性値:0.00
ブラツクバンブー
鹿毛 1966.4.19
仔受胎時活性値:1.75

<5代血統表内のクロス:なし>

ティコティコタック(1997.3.11)の0の理論的総括
母父祖母父曾祖母父
サツカーボーイ
(Fine Top系)
ブライアンズタイム
(Roberto系)
ジヨンテイオンブル
(フオルテイノ系)
ヴエンチア
(Relic系)
形相の遺伝料の遺伝牝系母の何番仔?
ブライアンズタイム4.75 (No. 4-g シルバーバツトン系)3番仔
(3連産目)

*

2000年の第5回秋華賞(GI。京都芝2000m)の結果(上位5頭。馬齢は現年齢表記に合わせる)


馬名性齢
騎手走破
時計
着差通過
順位
上り
3F
馬体重
[増減]
調教師
14ティコティコタック牝355武 幸四郎1:59.94-4-4-433.5420
[-20]
松田 正弘10
214ヤマカツスズラン牝355池添 謙一2:00.01/21-1-1-134.0496
[+2]
池添 兼雄7
35トーワトレジャー牝355上村 洋行2:00.13/411-10-9-833.4458
[-4]
橋田 満5
42チアズグレイス牝355松永 幹夫2:00.312-2-2-234.1502
[-6]
山内 研二2
53グランパドドゥ牝355河内 洋2:00.93 1/22-3-2-234.6448
[0]
長浜 博之8

2000年の第5回秋華賞。この秋華賞の前週、毎日王冠(GII)と京都大賞典(GII)のテレビ中継の終わりに、秋華賞の出走予定メンバーを見た時、1頭、名前が光って見えた馬がいました。それが、ティコティコタック。名前の響きが気になったのでしょう。確認すれば、前走札幌芝1800mの大倉山特別1着からやって来た別路線からのチャレンジャー。サッカーボーイは自身が第5回マイルチャンピオンシップ(GI)を制し、仔は前年1999年の第60回菊花賞(GI)をナリタトップロード(1996.4.4)が制しているように、秋に昇るHampton(1872)系。そして、淀のGIにはHampton系が合うというのは、その頃の私でも認識しており「これは楽しみが多いぞ」と思ったのでした。

ところが、秋華賞当日に発表されたティコティコタックの馬体重を見れば、前走比マイナス20kgの420kg。「あらら、これはいかに面白い馬とは言え、体調面に問題があるのでは、、、」と思っていたら、なんのことはない。終始先行4番手の絶好位から進めると、直線でも鋭脚を繰り出し、逃げ粘っていたヤマカツスズラン(1997.4.14)を半馬身捉えたところが、決勝点。美しい栗毛の流星2頭の決着、先んじたのは、出走18頭中最軽量だったティコティコタック。鞍上の武幸四郎騎手にとっても、初めてのGI勝利となりました。そんな幸四郎騎手、勝利騎手インタビューの時に目がひどく腫れていたのですが、結膜炎だったそうで。GI初制覇を遂げて感涙にむせぶ、という訳ではありませんでした^^;

目に関する話題と言えば、ティコティコタックの母はワンアイドバンブーですね。片目を失明してしまったので「One-eyed Bamboo」という名前を付けられたのでした。そんなワンアイドバンブーは不出走のまま繁殖入りし、3番仔として送り出したのがティコティコタック。ワンアイドバンブーは1991年生まれですので、その父ブライアンズタイムの初年度産駒であり、ブライアンズタイムにブルードメアサイアーとしてのGI初勝利を贈ったのが、ティコティコタックでした。

ティコティコタックは仔出し良好なものの、重賞戦線に顔を出すような産駒はまだいません。けれど、あの愛らしい小柄な栗毛の流星の仔孫から、活躍馬が輩出されることを、願ってやみません。

 

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。

*

[ティコティコタック(1997.3.11)の主な競走成績]

  1. 秋華賞(GI)
  2. 府中牝馬S(GIII)、中山牝馬S(GIII)
  3. エリザベス女王杯(GI)、阪神牝馬特別(GII)

通算22戦4勝、2着2回、3着4回。

*

マイシンザン
マイシンザン

ティコティコタック。バンブー牧場さんが、竹田春夫さんから辰紀さんに代替わりした後に生まれた、初めてのGI馬やね。

ワイルドブラスター
ワイルドブラスター

当時の月刊『優駿』で山河拓也さんが著された、ティコティコタックに関するGI勝ち馬の故郷の記事が良かったですよ。

マイシンザン
マイシンザン

お前、馬やのに月刊『優駿』読んでたんか。サスガやな。