思い出の女馬を辿る(其の参)-スキーパラダイス(1990.5.12)-

Pedigree

スキーパラダイス(Ski Paradise) 牝 芦毛 1990.5.12生 米国・Fontainebleau Farm, Inc.生産 馬主・吉田照哉氏 仏国・A Fabre厩舎

スキーパラダイス(1990.5.12)の4代血統表
Lyphard
鹿毛 1969.5.10
種付け時活性値:1.00
Northern Dancer
鹿毛 1961.5.27
Nearctic
黒鹿毛 1954.2.11
Nearco 1935.1.24
Lady Angela 1944
Natalma
鹿毛 1957.3.26
Native Dancer 1950.3.27
Almahmoud 1947.5.18
Goofed
栗毛 1960.3.29
Court Martial
栗毛 1942
▲Fair Trial 1932
Instantaneous 1931
Barra
栗毛 1950
Formor 1934
La Favorite 1934
Ski Goggle
芦毛 1980.5.25
仔受胎時活性値:0.25
ロイヤルスキー
栗毛 1974.5.24
種付け時活性値:1.25
Raja Baba
鹿毛 1968.4.5
Bold Ruler 1954.4.6
Missy Baba 1958.5.13
Coz O’Nijinsky
栗毛 1969.4.27
★Involvement 1960.4.12
Gleam 1952
Mississippi Siren
芦毛 1973.4.10
仔受胎時活性値:1.50
Delta Judge
黒鹿毛 1960.3.23
種付け時活性値:1.00
Traffic Judge 1952
Beautillion 1953.3.4
Cable Censor
芦毛 1968.4.23
仔受胎時活性値:1.00
Sailor
栗毛 1952
種付け時活性値:1.75
New Lede
芦毛 1961.3.3
仔受胎時活性値:1.50

<5代血統表内のクロス:なし>

スキーパラダイス(1990.5.12)の0の理論的総括
母父祖母父曾祖母父
Lyphard
(Northern Dancer系)
ロイヤルスキー
(Bold Ruler系)
Delta Judge
(Hyperion系)
Sailor
(Rock Sand系)
形相の遺伝料の遺伝牝系母の何番仔?
Sailor
(Cable Censor)
4.25母が米GI勝ち馬
(No. 3-l)
5番仔?
(3連産目?)

*

1994年の第39回京王杯スプリングC(GII。東京芝1400m)の結果(上位5頭。馬齢は現年齢表記に合わせる)


馬名性齢
騎手走破
時計
着差上り
3F
馬体重
[前走比]
調教師
11スキーパラダイス牝455武豊1:21.434.6432
[不明]
A.ファーブル1
22ザイーテン牡456岡部幸雄1:21.61.1/234.9444
[不明]
H.イブラヒム4
310サイエダティ牝456W.スウィンバーン1:21.6ハナ34.2456
[不明]
C.ブリテン3
47ドルフィンストリート牡458C.アスムッセン1:21.81.1/234.6500
[不明]
J.ハモンド2
59ホクトベガ牝456加藤和宏1:21.91/234.7492
[+4]
中野隆良5

1994年の京王杯スプリングC。「なんじゃこりゃ!?」と思いながら見ていたのを、今でも思い出します。古馬の牡牝混合GIIを持ったまま、ノーステッキで楽々と抜け出して来て、完勝。「あんな持ったままの手応えでGIIレースを勝てる馬がいるのか!!」と、競馬2年生だった私は深い衝撃を受けました。

そしてまた、いかに日本勢が手薄だったとはいえ、スキーパラダイス、Zieten(ザイーテン。1990.3.23)、Sayyedati(サイエダティ。1990.1.26)、Dolphin Street(ドルフィンストリート。1990.2.27)という、海外から遠征して来た馬たちの1着~4着までの独占には素直に驚いて、「海外の競走馬は恐ろしいなぁ」と思ったものでした。

*

スキーパラダイス。京王杯スプリングCの衝撃も凄かったのですが、同じ1994年の第38回ムーラン・ド・ロンシャン賞では、スキーパラダイス自身のGI初勝利と共に、武豊騎手に史上初となる「日本人騎手による海外GI初勝利」をプレゼントしました。

1994年の第38回ムーラン・ド・ロンシャン賞(仏GI。ロンシャン芝1600m)の結果(上位5頭)


馬名性齢
騎手走破時計
・着差
調教師
16スキーパラダイス牝456.5武豊1:37.80A Fabre5
24East of the Moon牝354.5C Asmussen3/4F Boutin1
32Green Tune牡356Olivier Doleuze短アタマMme C Head-Maarek4
43Bigstone牡458Olivier Peslier1 1/2E Lellouche3
57Sayyedati牝456.5W R Swinburn3/4Clive Brittain2

戦って負かした相手も強い。2着から5着に入った馬たちのGI勝ち鞍を列挙しますと、、、

  • East of the Moon(1991.3.25)
    →1994年に仏1000ギニー(GI)、ディアヌ賞(仏GI)、ジャック・ル・マロワ賞(仏GI)とGI3勝。かのMiesque(1984.3.14)の2番仔
  • Green Tune(1991.5.5)
    →1994年の仏2000ギニー(GI)の勝ち馬で、1995年にはイスパーン賞(仏GI)勝ち
  • Bigstone(1990.2.8)
    →1993年にクイーンエリザベス二世S(英GI)とサセックスS(英GI)、1994年にイスパーン賞(仏GI)とフォレ賞(仏GI)とGI4勝。メイショウドトウ(1996.3.25)の父、と言ったほうが通りが良いでしょうか
  • Sayyedati(1990.1.26)
    →1992年にチェヴァリーパークS(英GI)とモイグレアスタッドS(愛GI)、1993年に英1000ギニー(GI)とジャック・ル・マロワ賞(仏GI)、1995年にサセックスS(英GI)とGI5勝

という強豪たちを向こうに回してのGI初勝利。スキーパラダイスとユタカさん、お見事でした。

*

スキーパラダイスの血は世代を重ねて広がりを見せています。以下に近親牝系図を示しておきます。なお、近親牝系図内のレース名、格付けはいずれも施行当時のものです。

Ski Goggle 1980.5.25 5勝 エイコーンS(米GI) レイルバードS(米GIII)ほか
|Ski Champ 1986.5.29 5勝 5月25日大賞(亜GI) アメリカ賞(亜GII)ほか
|Ski Chief 1988.2.1 2勝 プティクヴェール賞(仏GIII)ほか
|スキーパラダイス 1990.5.12 (本馬) 5勝 ムーラン・ド・ロンシャン賞(仏GI) 京王杯スプリングC(GII) アスタルテ賞(仏GII) サンドリンガム賞(仏GIII)ほか
||アグネスショコラ 1996.2.26 2勝
|||ゴールデンチケット 2006.3.2 3勝 兵庫チャンピオンシップ(GII) 毎日杯(GIII)2着ほか
|||ロワジャルダン 2011.3.24 6勝 みやこS(GIII)ほか
|||ショコラブラン 2012.3.21 京葉S(OP) 北海道スプリントC(JpnIII)2着ほか
||エアトゥーレ 1997.3.10 6勝 阪神牝馬S(GII) モーリス・ド・ゲスト賞(仏GI)2着ほか
|||アルティマトゥーレ 2004.4.14 7勝 セントウルS(GII) シルクロードS(GIII)ほか
||||アルティマブラッド 2012.4.30 6勝 ラピスラズリS(OP)
|||キャプテントゥーレ 2005.4.5 5勝 皐月賞(JpnI) デイリー杯2歳S(JpnII) 朝日チャレンジC(GIII)2回 中山記念(GII)2着 金鯱賞(GII)2着ほか
|||クランモンタナ 2009.2.12 7勝 小倉記念(GIII) 新潟記念(GIII)2着
|||コンテッサトゥーレ 2012.4.5 紅梅S(OP) 桜花賞(GI)3着
||アスピリンスノー 2002.5.10 3勝 フローラS(GII)3着
|スキーキャプテン 1992.4.24 3勝 きさらぎ賞(GIII) 京都3歳S(OP) 朝日杯3歳S(GI)2着
|バーボンカントリー 1994.5.17 3勝 すみれS(OP)

米国から日本で継承されている3号族l分枝系。社台さんが米国でフォンテンブローファームを所有されていた折に生産されたのが、スキーパラダイスの母Ski Goggle。何かの雑誌で吉田照哉さんが「種牡馬ロイヤルスキーとの縁」をお話されていたように記憶しているのですけれど、Ski Goggleからスキーパラダイスが輩出され、繁殖牝馬として社台ファームに繋養したアグネスフローラ(1987.6.18)からアグネスフライト(1997.3.2)&アグネスタキオン(1998.4.13)兄弟が生み出されたのですから、確かに縁があったのでしょう。そうして、ロイヤルスキー3×4のクロスを持って生まれたのが「アグネスタキオン×エアトゥーレ」のキャプテントゥーレ。2008年の第68回皐月賞を制したキャプテントゥーレ、川田将雅騎手のジーワン初勝利でもありました。

 

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。

*

[スキーパラダイス(1990.5.12)の主な競走成績]

  1. ムーラン・ド・ロンシャン賞(仏GI)、アスタルテ賞(仏GII)、京王杯スプリングC(GII)、サンドリンガム賞(仏GIII)
  2. 仏1000ギニー(GI)、ブリーダーズカップ・マイル(米GI)、ジャック・ル・マロワ賞(仏GI)、ムーラン・ド・ロンシャン賞(仏GI)、フォレ賞(仏GI)、アスタルテ賞(仏GII)
  3. アランベール賞(仏GIII)

通算20戦6勝、2着8回、3着1回。

*

マイシンザン
マイシンザン

スキーパラダイス。俺、同い年なんやけど、京王杯スプリングCを見た時「なんや、あの外国の牝馬」って思ったね。

ワイルドブラスター
ワイルドブラスター

持ったまんまで、凄かったですもんね。芦毛の馬体もターフに映えました。