年度代表馬の同期生を辿る(其の漆)-レガシーワールド(1989.4.23)-。

レガシーワールド せん 鹿毛 1989.4.23生 静内・へいはた牧場生産 馬主・(株)ホースタジマ 栗東・戸山為夫厩舎→森秀行厩舎

レガシーワールド(1989.4.23)の4代血統表
モガミ
青鹿毛 1976.5.18
種付け時活性値:1.00
Lyphard
鹿毛 1969.5.10
Northern Dancer
鹿毛 1961.5.27
Nearctic 1954.2.11
Natalma 1957.3.26
Goofed
栗毛 1960.3.29
Court Martial 1942
Barra 1950
ノーラック
黒鹿毛 1968.4.25
Lucky Debonair
鹿毛 1962.5.2
Vertex 1954.4.16
Fresh as Fresh 1957.5.14
No Teasing
黒鹿毛 1957.4.7
Palestinian 1946
No Fiddling 1945
ドンナリディア
栗毛 1983.6.12
仔受胎時活性値:1.25
ジムフレンチ
鹿毛 1968.4.26
種付け時活性値:1.50
Graustark
栗毛 1963.4.7
Ribot 1952.2.27
Flower Bowl 1952
Dinner Partner
鹿毛 1959.5.27
Tom Fool 1949.3.31
Bluehaze 1945
ダイゴハマイサミ
栗毛 1966.6.14
仔受胎時活性値:2.00
チャイナロック
栃栗毛 1953
種付け時活性値:1.00
Rockefella 1941
May Wong 1934
ハマイサミ
栗毛 1957.4.14
仔受胎時活性値:2.00(0.00)
ヴィーノーピュロー(ARG)
栗毛 1934.7.27
種付け時活性値:1.375
ミスヒガシ
鹿毛 1943.4.11
仔受胎時活性値:1.25

<5代血統表内のクロス:なし>

レガシーワールド(1989.4.23)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
モガミ
(Lyphard系)
ジムフレンチ
(Ribot系)
チャイナロック
(Hyperion系)
ヴィーノーピュロー
(The Tetrarch系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
ジムフレンチ 6.50 or 4.50 祖母が阪神障害Sの勝ち馬
(No.4-d プロポンチス系)
2番仔
(2連産目)

*

第46回セントライト記念(GII)の結果(上位5頭。馬齢は現年齢表記に合わせる)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 上り
3F
馬体重
[前走比]
調教師
1 9 レガシーワールド せん3 56 小島貞博 2:13.6    37.0 478
[-6]
戸山為夫 4
2 14 ライスシャワー 牡3 56 田中勝春 2:13.6 アタマ 36.9 442
[+12]
飯塚好次 3
3 2 スーパーソブリン 牡3 56 田中剛 2:14.0 2.1/2 36.9 462
[-6]
稗田研二 11
4 4 ダイワジェームス 牡3 56 大塚栄三郎 2:14.1 クビ 36.8 456
[-8]
秋山史郎 9
5 8 トレヴィット 牡3 56 蛯名正義 2:14.2 1/2 37.5 470
[+6]
佐藤全弘 1

1992年の第46回セントライト記念。後の戦績を知る者が振り返れば、レガシーワールドが4番人気、ライスシャワー(1989.3.5)が3番人気というのも不思議なオッズ。ともあれ、レースは満3歳になってからオープンクラスのレースで連対を果たしていた2頭の一騎打ち。せん馬になってからのレガシーワールドには初めての騎乗となった小島貞博騎手、ライスシャワーには代打騎乗となった田中勝春騎手。馬と人の組み合わせからは、さながら春の東京優駿(GI)の代理闘争となったこのレース、勝ったのは、やはり逃げて先に行ったレガシーワールド。外から鋭く追い込んだライスシャワーにいったん交わされたかに見えましたが、その勝負根性により「アタマ」だけ差し返した結果が、セントライト記念史上初のせん馬による勝利でした。

*

第13回ジャパンカップ(GI)の結果(上位5頭。馬齢は現年齢表記に合わせる)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 上り
3F
馬体重
[前走比]
調教師
1 8 レガシーワールド せん4 57 河内洋 2:24.4    36.1 496
[+6]
森秀行 6
2 7 コタシャーン 牡5 57 K.デザーモ 2:24.6 1.1/4 35.7 470
[不明]
R.マンデラ 1
3 2 ウイニングチケット 牡3 55 柴田政人 2:24.6 アタマ 35.9 460
[-10]
伊藤雄二 4
4 4 プラティニ 牡4 57 M.E.リマー 2:24.7 クビ 35.9 488
[不明]
B.シュッツ 14
5 3 スターオブコジーン 牡5 57 J.A.サントス 2:24.9 1.1/4 35.6 462
[不明]
M.A.ヘニグ 3

1993年の第13回ジャパンカップ。いま思えば「アーバンシーがよく日本で走ってくれたなぁ」と思います。当年の凱旋門賞(GI)を制していたアーバンシー(1989.2.18)、ジャパンカップでは10番人気8着でした。そんな彼女の真価は、Galileo(1998.3.30)、Sea The Stars(2006.4.6)、Black Sam Bellamy(1999.4.21)、My Typhoon(2002.5.7)と、英ダービー(GI)馬2頭を含む4頭のGI勝ち馬を産んだ繁殖牝馬として発揮されたのですが、それはまた、別の話。

レースは、その年の5月に鬼籍に入られた戸山為夫調教師の遺産が世界を制した、という結果でした。その名もまさにレガシーワールド、日本で調教された「せん馬」として、初めてJRAGIで勝利を収めました。終始先行2番手から積極的に押し進め、後続勢の追い込みを封じました。ただ、せっかくの優勝にちょっとケチが付いてしまったのは、2着のコタシャーン(1988.5.4)にラスト100mで「ゴール板誤認事件」があったこと。それでも、事件があってもなくても、レガシーワールドが凌いでいたのではないかと思います。満3歳秋から満4歳時のレガシーワールドからは、勝負に行って、鬼気迫るものが発せられていました。

勝ち戻るレガシーワールドに対して、フジテレビ系列の中継で解説をされていた故・大川慶次郎さんが、「勝ったから言う訳じゃあないんですけど、いま日本で一番強い馬です」と、おっしゃっていたのを覚えています。それだけ、能力を買われていたのですね。

自分から勝ちに行く競馬が出来たレガシーワールド、絶頂期には本当に強い馬でした。

*

現在は故郷のへいはた牧場で余生を送っているレガシーワールド。

ポニーのハニーちゃんと仲良く寝食を共にする生活が、長く続くことを祈ります。

レガシーワールド、これからもどうぞ息災に。

  

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。