年度代表馬の同期生を辿る(其の拾肆)-タイキブリザード(1991.3.12)-

タイキブリザード 牡 黒鹿毛 1991.3.12生~2014.8.18没 米国・H & Y Bloodstock生産 馬主・(有)大樹ファーム 美浦・藤沢和雄厩舎

タイキブリザード(1991.3.12)の4代血統表

Seattle Slew
黒鹿毛 1974.2.15
種付け時活性値:0.00
Bold Reasoning
黒鹿毛 1968.4.29
Boldnesian
鹿毛 1963.4.14
★Bold Ruler 1954.4.6
Alanesian 1954.4.28
Reason to Earn
鹿毛 1963
Hail to Reason 1958.4.18
Sailing Home 1948
My Charmer
鹿毛 1969.3.25
Poker
鹿毛 1963.3.20
★Round Table 1954.4.6
Glamour 1953.4.2
Fair Charmer
栗毛 1959.2.3
Jet Action 1951
Myrtle Charm 1946
ツリーオブノレッジ
鹿毛 1977.3.2
仔受胎時活性値:1.25
Sassafras
鹿毛 1967.2.19
種付け時活性値:0.25
Sheshoon
栗毛 1956
Precipitation 1933
Noorani 1950
Ruta
鹿毛 1960
ラテイフイケイシヨン 1953
Dame d’Atour 1955
Sensibility
鹿毛 1971
仔受胎時活性値:1.25
Hail to Reason
黒鹿毛 1958.4.18
種付け時活性値:1.00
Turn-to 1951
Nothirdchance 1948
Pange
栗毛 1955
仔受胎時活性値:1.75
キングスベンチ
鹿毛 1949
種付け時活性値:1.25
York Gala
鹿毛 1939
仔受胎時活性値:1.75

<5代血統表内のクロス:Hail to Reason4×3、Nasrullah5×5(父方)、Court Martial5×5(母方)>

タイキブリザード(1991.3.12)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
★Seattle Slew
(Bold Ruler系)
Sassafras
(Hurry On系)
◆Hail to Reason
(Turn-to系)
キングスベンチ
(Fairway系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
キングスベンチ
(Court Martial)
6.00 半兄Theatrical
(No. 3-h)
8番仔
(2連産目)

*

第40回大阪杯(GII)の結果(上位5頭。馬齢は現年齢表記に合わせる)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 上り
3F
馬体重
[前走比]
調教師
1 10 タイキブリザード 牡5 57 岡部幸雄 2:00.7    34.7 530
[0]
藤沢和雄 1
2 11 インターユニーク 牡5 57 田面木博公 2:00.8 クビ 34.2 428
[-14]
高松邦男 8
3 7 アラタマワンダー 牡7 57 四位洋文 2:00.8 ハナ 34.7 496
[+4]
新川恵 10
4 3 ダンスパートナー 牝4 56 武豊 2:00.8 クビ 34.4 420
[-6]
白井寿昭 2
5 8 サマーサスピション 牡4 56 田中勝春 2:01.0 1 34.7 490
[+2]
鈴木康弘 5

1996年の第40回大阪杯。主な勝ち鞍「谷川岳S(OP)」を打ち破った満5歳春。半兄Theatrical(1982.3.13)の世界的良血馬、タイキブリザード。

*

第42回京王杯スプリングC(GII)の結果(上位5頭。馬齢は現年齢表記に合わせる)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 上り
3F
馬体重
[前走比]
調教師
1 14 タイキブリザード 牡6 58 岡部幸雄 1:20.5レコード 34.9 546
[不明]
藤沢和雄 1
2 12 オースミマックス 牡6 57 菊沢隆徳 1:20.7 1 34.8 486
[0]
白井寿昭 12
3 15 ヤマニンパラダイス 牝5 55 的場均 1:20.8 1/2 34.2 480
[+2]
浅見秀一 7
4 10 タイキフォーチュン 牡4 58 柴田善臣 1:20.9 3/4 33.5 494
[-2]
高橋祥泰 4
5 11 クラウンシチー 牡7 57 横山典弘 1:21.1 1.1/4 34.2 500
[-4]
奥平真治 11

1997年の第42回京王杯スプリングC。失意のブリーダーズカップ・クラシック(米GI)13着から6ヶ月半後、帰って来たタイキブリザードは、その巨漢に輪を掛けた姿で、京王杯スプリングCをコースレコードにて制しました。

*

第47回安田記念(GI)の結果(上位5頭。馬齢は現年齢表記に合わせる)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 上り
3F
馬体重
[前走比]
調教師
1 10 タイキブリザード 牡6 58 岡部幸雄 1:33.8    34.5 546
[0]
藤沢和雄 1
2 16 ジェニュイン 牡5 58 田中勝春 1:33.9 クビ 34.9 494
[-12]
松山康久 5
3 7 スピードワールド 牡3 54 田原成貴 1:34.1 1.1/2 34.3 484
[-4]
小西一男 3
4 9 アマジックマン 牡5 58 武豊 1:34.2 3/4 34.6 486
[不明]
R.マッカナリー 4
5 17 ナムラホームズ 牡4 58 上村洋行 1:34.4 1.1/4 34.7 436
[-4]
野村彰彦 15

1997年の第47回安田記念。「今度こそ、今度こそ、今度こそ勝ったぁ!!」。フジテレビ系列の中継の実況、青嶋達也アナの絶叫の通り、前々年の3着、前年の2着と来て、まさに「三度目の正直」でもぎ取った1着でした。

*

大柄の黒い馬体、深く沈み込むクビ使いの疾走、そして鞍上の「緑、白星散、袖白縦縞」の勝負服から、ひと目見ただけで「タイキブリザード」と分かったものです。

競馬を知って以後、「世界的良血馬」という響きを何度も耳にしましたが、最初期に出会ったタイキブリザードに勝る馬は、未だに現れておらず。まま、何せ米GI6勝のTheatricalの半弟、そして父が米国首位種牡馬にもなった名馬Seattle Slewですから、ね^^;

そんな「良家のお坊っちゃん」然としたタイキブリザードでしたが、ど根性を見せて、満6歳の春に京王杯スプリングC、安田記念と連勝してくれたのは、本当に嬉しいことでした。京王杯スプリングCは、馬の気持ちが萎えていてもおかしくないはずだったのに、走ってみれば府中芝1400mを1分20秒5のレコード勝ち。藤沢和雄調教師は「偉い」と声を掛けられたそうな。そうして、安田記念はジェニュイン(1992.4.28)を決勝点前で図ったように「クビ」だけ差して、通算7回目のGI挑戦で、ついに大輪を蹄中に収めたのでした。

1997年の春は、0の理論的良馬、つまりは父から0交配を受けた馬が次から次へとGIを勝って、改めて威力の凄さを思ったもの。その締めがタイキブリザードによる、安田記念の勝利。シビレました。

  

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。