年度代表馬の同期生を辿る(其の拾漆)-サニーブライアン(1994.4.23)-

サニーブライアン 牡 鹿毛 1994.4.23生~2011.3.3没 浦河・村下ファーム生産 馬主・宮崎守保氏 美浦・中尾銑治厩舎

サニーブライアン(1994.4.23)の4代血統表

ブライアンズタイム
黒鹿毛 1985.5.28
種付け時活性値:0.00
Roberto
鹿毛 1969.3.16
Hail to Reason
黒鹿毛 1958.4.18
Turn-to 1951
Nothirdchance 1948
Bramalea
黒鹿毛 1959.4.12
Nashua 1952.4.14
Rarelea 1949
Kelley’s Day
鹿毛 1977.5.11
Graustark
栗毛 1963.4.7
Ribot 1952.2.27
Flower Bowl 1952
Golden Trail
黒鹿毛 1958.3.5
Hasty Road 1951
Sunny Vale 1946
サニースイフト
鹿毛 1988.4.27
仔受胎時活性値:1.25
スイフトスワロー
鹿毛 1977.2.16
種付け時活性値:0.50
Northern Dancer
鹿毛 1961.5.27
Nearctic 1954.2.11
Natalma 1957.3.26
Homeward Bound
栗毛 1961
Alycidon 1945.3.15
Sabie River 1949
サニーロマン
鹿毛 1974.4.9
仔受胎時活性値:1.25
フアバージ
鹿毛 1961.4.19
種付け時活性値:1.00
Princely Gift 1951
Spring Offensive 1943
フアイナルクイン
鹿毛 1958.4.15
仔受胎時活性値:1.75
フアイナルスコア
鹿毛 1950
種付け時活性値:1.75
ツキカワ
鹿毛 1948.4.4
仔受胎時活性値:0.25

<5代血統表内のクロス:Nasrullah5×5>

サニーブライアン(1994.4.23)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
★ブライアンズタイム
(Roberto系)
スイフトスワロー
(Northern Dancer系)
フアバージ
(Princely Gift系)
フアイナルスコア
(Rock Sand系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
ファイナルスコア
(Baroness La Fleche)
4.50 高祖母が桜花賞馬
(No. 1-l 星谷系)
初仔

*

第57回皐月賞(GI)の結果(上位5頭。馬齢は現年齢表記に合わせる)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 上り
3F
馬体重
[前走比]
調教師
1 18 サニーブライアン 牡3 57 大西直宏 2:02.0    36.5 462
[-4]
中尾銑治 11
2 2 シルクライトニング 牡3 57 安田富男 2:02.1 クビ 35.6 420
[-2]
大和田稔 10
3 3 フジヤマビザン 牡3 57 村本善之 2:02.2 3/4 36.4 490
[+10]
山内研二 12
4 8 メジロブライト 牡3 57 松永幹夫 2:02.2 クビ 35.4 458
[+8]
浅見秀一 1
5 9 セイリューオー 牡3 57 蛯名正義 2:02.3 3/4 36.0 480
[-4]
河野通文 9

1997年の第57回皐月賞。サニーブライアンが皐月賞を制した時。私、まだ10代でした。むぅ、もはや遥か昔のことのように思えます。

サニーブライアンというと「逃げ」のイメージですが、この皐月賞では向こう正面で番手に付けるレース運びを取っています。息が入った後の3コーナーから4コーナーの脚が速く、コーナーワークで後続との差を広げると、なんとなんと、最後まで粘り切りました。前走若葉S(OP)からやって来た馬たちが3着までを占めたという、皐月賞としては珍しい結果。そして、その結果に沿うように、馬連配当51790円。日本の中央クラシックレース史上、最高の馬連配当でした。

「展開利」という言葉があるように、サニーブライアンの皐月賞勝利は「フロック」として人々に受け止められました。「皐月賞は展開がハマっただけ。ダービーではあんなに上手くいかないよ」と。しかし、7週間後の第64回東京優駿(GI)において、人々は、意外な「現実」を目の当たりにするのでした。

*

第64回東京優駿(GI)の結果(上位5頭。馬齢は現年齢表記に合わせる)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 上り
3F
馬体重
[前走比]
調教師
1 18 サニーブライアン 牡3 57 大西直宏 2:25.9    35.1 466
[+4]
中尾銑治 6
2 5 シルクジャスティス 牡3 57 藤田伸二 2:26.1 1 34.2 454
[+4]
大久保正陽 3
3 15 メジロブライト 牡3 57 松永幹夫 2:26.2 1/2 34.5 454
[-4]
浅見秀一 1
4 7 エリモダンディー 牡3 57 河北通 2:26.2 クビ 34.2 414
[+2]
大久保正陽 8
5 12 ランニングゲイル 牡3 57 武豊 2:26.3 クビ 34.9 500
[0]
加用正 2

1997年の第64回東京優駿。フロックで皐月賞を勝てるものではない。人々がサニーブライアンの「真の強さ」を理解したのは、府中芝2400mを2分25秒9で駆けた後。皐月賞と同じ大外18番枠からの発進。桃色の帽子、「桃、紫一本輪、黄袖」の勝負服を背にした鹿毛馬が、鮮やかに逃げ切りました。

このレースにおける、サニーブライアンの上がり3ハロンは35秒1。その内訳は11秒9、11秒2、12秒0。2000mから2200mの1ハロンが圧巻の11秒2。逃げた馬にこの鋭脚を使われたのでは、追いかけた馬たちはかなりの絶望感を覚えたのではないでしょうか。↑の動画でも、直線で後続勢にいったんフォーカスして、先頭を行くサニーブライアンにパンした時には、その差が広がっています。最後、別路線からやって来た挑戦者のシルクジャスティス(1994.3.18)の追い込み脚に詰め寄られましたが、それでも決勝点では1馬身差を着けていました。

目にも見よ皐月賞馬の二枚腰、ただただ、見事な2冠達成でした。

*

サニーブライアンが牡馬クラシックの2冠を達成した1997年の春のGIレースは、0の理論的良馬がことごとく好戦して、ちょっと、いえだいぶん嬉しかったことを覚えています。サニーブライアンも、

  1. 父ブライアンズタイムが満8歳時の0交配
  2. 母サニースイフトの初仔
  3. 牝系は御料牧場の星谷系

と、振り返れば好材料が揃っています。って、走る前に気付いていたら、大したものなんですけれどね^_^;

手元に資料がないので記憶を辿るだけですが、サニーブライアンが皐月賞を制した後、月刊「優駿」のGI勝ち馬の故郷を取材する記事で、生産牧場である村下ファームさんが「初仔は我が家の宝物」と述べられていたように思います。これは、故・戸山為夫調教師からの受け売りだそうで、実際、戸山師は「初仔」と聞くと、どんな馬でも見に来てくれたそうです。ああ、そういえば、サニーブライアンの前に、東京優駿で逃げて牡馬2冠を達成したのは、ミホノブルボン(1989.4.25)でしたね。ええ、戸山師がテシオに掛けた、もとい、手塩に掛けた栗毛の超特急は、母カツミエコー(1983.5.18)の初仔でした。

#晩年の戸山厩舎のオープン馬を見ると、ミホノブルボンの他にも、フジヤマケンザン(1988.4.20)が母の初仔、タニノボレロ(1988.5.17)が母の初仔、ユートジェーン(1989.3.25)が母が不受胎および流産後の仔、ドージマムテキ(1990.3.31)が母が不受胎後の仔と、母が前年産駒無し後の仔が目立ちます。ちなみに、レガシーワールド(1989.4.23)は母が2連産目の2番仔でした。

*

サニーブライアンが制した1997年の東京優駿は、最も繰り返し見ている東京優駿です。上で述べた血統背景もありますが、実は前年の1996年の春は当時住んでいた下宿にテレビがなく、1997年になって、ようやっと下宿にテレビとビデオを導入したのでした。そして、ビデオに収めた第64回東京優駿を、テープがすり切れるほど見直したものです。

「これはもう、フロックでも、何でもない、2冠達成!!」。

私が20歳の誕生日を迎えた翌週に見た東京優駿。自身の青春にオーバーラップして、晩春の東京の芝を逃げ切った鹿毛馬の姿が、今も、強く心に刻まれています。

  

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。