年度代表馬の同期生を辿る(其の拾壱)-ワンダーパヒューム(1992.3.7)-

ワンダーパヒューム 牝 鹿毛 1992.3.7生~1996.1.28没 浦河・信岡牧場生産 馬主・山本信行氏 栗東・領家政蔵厩舎

ワンダーパヒューム(1992.3.7)の4代血統表
フオテイテン
黒鹿毛 1984.2.22
種付け時活性値:1.75
Nureyev
鹿毛 1977.5.2
Northern Dancer
鹿毛 1961.5.27
Nearctic 1954.2.11
Natalma 1957.3.26
Special
鹿毛 1969.3.28
Forli 1963.8.10
Thong 1964.4.23
Dry Fly
鹿毛 1977.5.8
★Mill Reef
鹿毛 1968.2.23
Never Bend 1960.3.15
Milan Mill 1962.2.10
Gay Missile
鹿毛 1967.3.27
Sir Gaylord 1959.2.12
Missy Baba 1958.5.13
ラブリースター
鹿毛 1979.5.3
仔受胎時活性値:1.00
トウシヨウボーイ
鹿毛 1973.4.15
種付け時活性値:1.25
テスコボーイ
黒鹿毛 1963
Princely Gift 1951
Suncourt 1952
ソシアルバターフライ
鹿毛 1957.4.13
Your Host 1947
Wisteria 1948
グツドサフアイア
鹿毛 1971.3.14
仔受胎時活性値:1.75
ロムルス
鹿毛 1959
種付け時活性値:0.75
Ribot 1952.2.27
Arietta 1953
クラツクリユウ
鹿毛 1958.4.11
仔受胎時活性値:1.00
ヒンドスタン
黒鹿毛 1946
種付け時活性値:0.75
フレーミングフアイア
栗毛 1946
仔受胎時活性値:0.75

<5代血統表内のクロス:Nasrullah5×5>

ワンダーパヒューム(1992.3.7)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
フオテイテン
(Nureyev系)
トウシヨウボーイ
(Princely Gift系)
ロムルス
(Ribot系)
ヒンドスタン
(Bois Roussel系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
フオテイテン
(Dry Fly)
4.50 母が重賞2勝馬
(No. 10-a フレーミングフアイア系)
5番仔
(2連産目)

*

1995年1月8日の新馬戦(京都ダート1200m)の結果(上位5頭。馬齢は現年齢表記に合わせる)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 上り
3F
馬体重
[前走比]
調教師
1 7 ワンダーパヒューム 牝3 53 四位洋文 1:13.8    36.0 468
[0]
領家政蔵 2
2 15 タマビッグエックス 牝3 53 藤田伸二 1:13.9 3/4 38.2 440
[0]
佐藤勇 8
3 2 ミスターストーム 牡3 55 田所秀孝 1:14.4 3 37.3 490
[0]
田所秀雄 10
4 1 アサクサムサシ 牡3 55 O.ペリエ 1:14.5 3/4 37.8 456
[0]
古川平 11
5 13 マヤノトップガン 牡3 55 武豊 1:14.9 2.1/2 38.9 446
[0]
坂口正大 1

1995年1月8日の新馬戦。淀のダート1200mの一戦、1番人気に推されたのはマヤノトップガン(1992.3.24)と武豊騎手でしたが、レースを制したのは中段位置から上がり3ハロン36秒フラットの鋭脚を見せた2番人気のワンダーパヒュームと四位洋文騎手でした。レースの上がりが38秒2、2番目に速い上がりを見せた3着のミスターストーム(1992.4.10)が37秒3ですから、他馬は止まったかのような末脚だったでしょう。

#余談。後の桜花賞(GI)馬と菊花賞(GI)馬のデビュー戦対決。私が知る中ではキョウエイマーチ(1994.4.19)とマチカネフクキタル(1994.5.22)もありましたが、キョウエイマーチ1着、マチカネフクキタル3着と、こちらも後の桜花賞馬が勝利を収めました。

*

第55回桜花賞(GI)の結果(上位5頭。馬齢は現年齢表記に合わせる)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 上り
3F
馬体重
[前走比]
調教師
1 18 ワンダーパヒューム 牝3 55 田原成貴 1:34.4    35.8 472
[+2]
領家政蔵 7
2 17 ダンスパートナー 牝3 55 武豊 1:34.4 クビ 35.3 424
[+2]
白井寿昭 3
3 13 プライムステージ 牝3 55 岡部幸雄 1:34.4 アタマ 35.6 420
[-4]
伊藤雄二 2
4 6 ライデンリーダー 牝3 55 安藤勝己 1:34.7 1.3/4 35.7 448
[0]
荒川友司 1
5 11 ユウキビバーチェ 牝3 55 松永幹夫 1:34.9 1.1/4 36.1 462
[+6]
新井仁 4

1995年の第55回桜花賞は、その年の1月17日に起きた阪神大震災の影響により、京都競馬場で行われました。薄曇り、雨中の決戦となったレースは、桃色の覆面をつけた7番人気の1勝馬ワンダーパヒュームが、桃色の帽子と「桃、白菱山形」の勝負服を身にまとったテン乗りの田原成貴騎手を鞍上に、しぶとい差し脚を見せて桜の女王となりました。1勝馬の桜花賞勝利は「新馬戦で日本レコード」ハギノトップレディ(1977.4.4)以来15年ぶり、JRA史上2頭目でした。ワンダーパヒュームの鞍上田原騎手はダイアナソロン(1981.3.18)、マックスビューティ(1984.5.3)についで桜花賞3勝目。管理された領家政蔵調教師にとってはGI初制覇でした。オーナーの山本信行氏は1972年のアチーブスター(1969.4.15)以来となる桜花賞2勝目。生産者は浦河・信岡牧場。開場35年目のクラシック初制覇でした。また、藤井美津子厩務員は女性2人目の「GI馬の厩務員」となられました。

母ラブリースターはその父トウショウボーイの初年度産駒となり、金鯱賞(現GII)、北九州記念(現GIII)など6勝を挙げました。母の所属も同じく領家厩舎で、主戦騎手も同じく田原騎手でした。ラブリースターの金鯱賞が領家厩舎の重賞初勝利であり、実は領家厩舎にとっては、ラブリースターの北九州記念以来12年ぶりのJRA重賞勝ちが、ワンダーパヒュームの桜花賞でした。

*

桜花賞の後。

ワンダーパヒュームは、第56回優駿牝馬(GI)を「何故か桜花賞と同じ7番人気」で3着。秋に入りローズS(GII)を4着、第20回エリザベス女王杯(GI)を16着、暮れの阪神牝馬特別(現阪神牝馬S、GII)は10着と精彩を欠きました。そして、明けた1996年の緒戦として選んだ京都牝馬特別(現京都牝馬S、GIII)。

その前週に京都競馬場へ出向いた私は、ワンダーパヒュームのぬいぐるみを買って帰りました。「桜の女王、もうひと花咲かせて」とハッパをかける意味もこめて、桃色の覆面を付けたワンダーパヒュームのぬいぐるみを買って帰りました。

淀の芝外回り1600m。桜の女王の栄光をつかんだ第3コーナーの坂越え芝1600m。その思い出のコースが、彼女の馬生の幕引きの舞台になってしまうとは。テレビでレースを観戦していた私は、第3コーナーで競走を中止した彼女の立ち姿を見て、「しっかり立ってるから、大丈夫やろう」と思っていたのです。

けれど。

翌日のスポーツ新聞を見ると、信じられない文字が記されていました。「ワンダーパヒューム、安楽死」。第55代桜花賞馬の生涯は、わずかに、満3年と10ヶ月を以て閉じられてしまったのでした。

咲いては散り行く花の命。短い命だからこそ、美しく見えるのでしょう。儚い命だからこそ、尊く感じるのでしょう。わかっています。でも、別れて行くには早すぎたよ、ワンダーパヒューム。今度は新しい樹となって、次代の花を産み出していくはずだったのに。だけど、それは叶わぬ夢。わかっています。

だから。

あなたのこと、一生忘れないようにします。

  

それでは、これから走る馬、人すべてが無事でありますように。