年度代表馬の同期生を辿る(其の拾参)-ヒシアマゾン(1991.3.26)-

Pedigree

ヒシアマゾン 牝 黒鹿毛 1991.3.26生 米国・Masaichiro Abe生産 馬主・阿部雅一郎氏 美浦・中野隆良厩舎

ヒシアマゾン(1991.3.26)の4代血統表

Theatrical
鹿毛 1982.3.13
種付け時活性値:0.00
Nureyev
鹿毛 1977.5.2
Northern Dancer
鹿毛 1961.5.27
Nearctic 1954.2.11
Natalma 1957.3.26
Special
鹿毛 1969.3.28
Forli 1963.8.10
Thong 1964.4.23
ツリーオブノレッジ
鹿毛 1977.3.2
Sassafras
鹿毛 1967.2.19
Sheshoon 1956
Ruta 1960
Sensibility
鹿毛 1971
Hail to Reason 1958.4.18
Pange 1955
Katies
黒鹿毛 1981.4.22
仔受胎時活性値:0.25
ノノアルコ
鹿毛 1971.4.6
種付け時活性値:0.25
Nearctic
黒鹿毛 1954.2.11
Nearco 1935.1.24
Lady Angela 1944
Seximee
栗毛 1966.5.27
Hasty Road 1951
Jambo 1959.3.15
Mortefontaine
鹿毛 1969.4.21
仔受胎時活性値:0.75
ポリツク
黒鹿毛 1953.2.14
種付け時活性値:1.75
Relic 1945
Polaire 1947
Brabantia
黒鹿毛 1953
仔受胎時活性値:1.75
Honeyway
黒鹿毛 1941
種付け時活性値:0.75
Porthaven
鹿毛 1943
仔受胎時活性値:0.25

<5代血統表内のクロス:Nearctic4×3>

ヒシアマゾン(1991.3.26)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
★Theatrical
(Nureyev系)
ノノアルコ
(Nearctic系)
ポリツク
(Relic系)
Honeyway
(Fairway系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
ポリツク
(Mafubah)
3.00 母が愛1000ギニー馬
(No. 7-f)
5番仔
(5連産目)

*

第45回阪神3歳牝馬S(現阪神ジュベナイルフィリーズ、GI)の結果(上位5頭。馬齢は現年齢表記に合わせる)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 上り
3F
馬体重
[前走比]
調教師
1 3 ヒシアマゾン 牝2 53 中舘英二 1:35.9レコード 36.5 474
[0]
中野隆良 2
2 8 ローブモンタント 牝2 53 M.キネーン 1:36.7 5 37.0 456
[+10]
飯田明弘 9
3 4 ケイアイメロディー 牝2 53 熊沢重文 1:36.7 ハナ 37.2 422
[0]
田中章博 4
4 5 ツルマルガール 牝2 53 藤田伸二 1:36.8 クビ 37.0 432
[0]
橋口弘次郎 6
5 11 エイシンバーモント 牝2 53 南井克巳 1:36.9 3/4 36.6 430
[0]
坂口正則 5

1994年の第45回阪神3歳牝馬S。この阪神3歳牝馬Sは先行策から早めに抜け出し5馬身差圧勝。勝ち時計の1分35秒9はレコードタイム。鞍上の中館英二騎手はGIレース初制覇でした。

*

第19回エリザベス女王杯(GI)の結果(上位5頭。馬齢は現年齢表記に合わせる)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 上り
3F
馬体重
[前走比]
調教師
1 6 ヒシアマゾン 牝3 55 中舘英二 2:24.3   34.8 480
[0]
中野隆良 1
2 17 チョウカイキャロル 牝3 55 小島貞博 2:24.3 ハナ 34.9 462
[+6]
鶴留明雄 2
3 16 アグネスパレード 牝3 55 河内洋 2:24.4 クビ 35.1 472
[-4]
長浜博之 4
4 10 メモリージャスパー 牝3 55 角田晃一 2:24.7 2 34.8 478
[-4]
渡辺栄 7
5 8 ゴールデンジャック 牝3 55 四位洋文 2:25.3 3.1/2 35.4 452
[0]
北橋修二 3

1994年の第19回エリザベス女王杯。ヒシアマゾンとチョウカイキャロル(1991.3.26)。おなじ1991年3月26日生まれの2頭の名牝に、第55回優駿牝馬(GI)3着のアグネスパレード(1991.5.9)を加えた3頭による、直線火の出るような叩き合い。「ハナ」「クビ」差の大接戦を制したのは、黒鹿毛の外国産馬ヒシアマゾンでした。勝ち時計2分24秒3は前年のホクトベガ(1990.3.26)の記録を破るレース・レコードタイムでした。

*

ヒシアマゾンはエリザベス女王杯の次のレースに年末の大一番、第39回有馬記念(GI)を選びました。単勝6番人気でしたがナリタブライアン(1991.5.3)の2着に頑張り、デビュー以来の12戦連続連対で3歳を終えたヒシアマゾンは、最優秀3歳(現年齢表記)牝馬に選ばれました。

満4歳時の1995年。陣営は、4歳春の目標をヒシアマゾンの生まれ故郷である米国のGI戦、サンタアナH(米GI)に定めました。が、「左前脚球節の捻挫」により、残念ながら出走がなりませんでした。失意のままに帰国した影響があったのでしょうか、4歳緒戦となった7月の高松宮杯(当時GII。現高松宮記念、GI)では、初めて連対を外す5着に敗れてしまいました。しかし、ヒシアマゾンは立ち直り、続くオールカマー(GII)、京都大賞典(GII)とGIIを連勝。そして、ナリタブライアンが右股関節炎で苦しんでいる中、日本の「エース」として第15回ジャパンカップ(GI)に出走。結果はランド(1990.1.23)の2着でしたが、十二分な激走であったと思います。次走の第40回有馬記念は1番人気で5着に敗れましたが、ヒシアマゾンは最優秀4歳(現年齢表記)以上牝馬に選出され、3年連続でJRA賞を受賞しました。

満5歳時の1996年。馬体調整後、5ヶ月ぶりのぶっつけで挑んだ第46回安田記念(GI)で、ヒシアマゾンは生涯唯一の2ケタ着順である10着に敗れてしまいました。その後、ツメの不安で再び休養。「もう、ヒシアマゾンの強いところは見られないのでは」と思っていたところ、古馬に開放された初回となる第21回エリザベス女王杯で、ヒシアマゾンは往時の末脚を見せてくれました。同厩舎のもう1頭の名牝、生まれ日が同じ3月26日であるホクトベガとの初めての揃い踏みが嬉しかったのでしょうか、レース発走時ゲートの下にもぐり込み、外枠発走となったヒシアマゾン。それでも、ダンスパートナー(1992.5.25)の2着に「入線」しました-他馬への進路妨害で7着降着になりましたが-。次走、3年連続で出走となった第41回有馬記念で5着となり、グランプリ3年連続掲示板確保を残して、ヒシアマゾンはターフを去って行きました。

真っ黒で迫力あるその馬体、舶来、名前、レースっぷりから男勝りなイメージを持たれがちなヒシアマゾンですが、私には高貴で女性的なイメージが残ります。何故だか、そうなのです。出自が「母が愛1000ギニー馬」という良家のお嬢様だからでしょうか。見れば、愛らしい顔立ち、黒鹿毛は気品にあふれていました。

ヒシアマゾン、1990年代を代表する、本当の名牝の1頭でした。

  

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。

*

[ヒシアマゾンの主な競走成績]

  1. エリザベス女王杯(GI)、阪神3歳牝馬S(GI)、京都大賞典(GII)、オールカマー(GII)、ローズS(GII)、ニュージーランドT4歳S(GII)、クイーンS(GIII)、クリスタルC(GIII)、クイーンC(GIII)
  2. ジャパンカップ(GI)、有馬記念(GI)、京成杯3歳S(GII)、京成杯(GIII)

通算20戦10勝、2着5回。

20世紀の名馬 第21位 ヒシアマゾン
20世紀の名馬 第21位 ヒシアマゾン 人間で言えばボディビルのねーちゃんのような容姿なんだろうか。そうとしか思えない。   競馬動...