年度代表馬の同期生を辿る(其の壱)-メリーナイス(1984.3.22)-。

Pedigree

メリーナイス 牡 栗毛 1984.3.22生~2009.3.1没 静内・前田徹氏 馬主・浦房子氏 美浦・橋本輝雄厩舎

メリーナイス(1984.3.22)の4代血統表

コリムスキー
栗毛 1975.2.19
種付け時活性値:0.00
Northern Dancer
鹿毛 1961.5.27
Nearctic
黒鹿毛 1954.2.11
Nearco 1935.1.24
Lady Angela 1944
Natalma
鹿毛 1957.3.26
Native Dancer 1950.3.27
Almahmoud 1947.5.18
Libro D Oro
栗毛 1968.5.20
Francis S.
栗毛 1957.4.13
Royal Charger 1942
Blue Eyed Momo 1944
Exclusive
栗毛 1953.4.12
Shut Out 1939
Good Example 1944
ツキメリー
栗毛 1977.2.18
仔受胎時活性値:1.50

シヤトーゲイ
栗毛 1960.2.29
種付け時活性値:0.00
Swaps
栗毛 1952.3.1
★Khaled 1943
Iron Reward 1946
Banquet Bell
栗毛 1951
Polynesian 1942
Dinner Horn 1937
メリーブラツト
黒鹿毛 1969.2.17
仔受胎時活性値:1.75
テスコボーイ
黒鹿毛 1963
種付け時活性値:1.25
Princely Gift 1951
Suncourt 1952
コンチネンタル
黒鹿毛 1962.4.30
仔受胎時活性値:1.50
フエリオール
黒鹿毛 1951.3.2
種付け時活性値:0.50
ウラツキホマレ
栗毛 1953.5.19
仔受胎時活性値:2.00

<5代血統表内のクロス:Nearco4×5、Polynesian5×4、Hyperion5×5×5>

メリーナイス(1984.3.22)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
★コリムスキー
(Northern Dancer系)
シヤトーゲイ
(Khaled系)
テスコボーイ
(Princely Gift系)
フエリオール
(Fairway系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
テスコボーイ
(Inquisition)
6.75 母が南関東の活躍馬
(No.4-m チツプトツプ系)
2番仔
(不受胎後)

*

第38回朝日杯3歳S(現朝日杯FS、GI)の結果(上位5頭。馬齢は現年齢表記に合わせる)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 上り
3F
馬体重
[前走比]
調教師
1 8 メリーナイス 牡2 54 根本康広 1:35.6    35.5 468
[+8]
橋本輝雄 2
2 1 ホクトヘリオス 牡2 54 南田美知雄 1:35.8 1.1/2 35.4 468
[0]
中野隆良 1
3 6 スーパーファントム 牡2 54 柴田政人 1:35.9 3/4 36.1 470
[-4]
中村貢 4
4 9 ドウカンプレス 牡2 54 岡部幸雄 1:36.1 1.1/4 36.4 440
[+2]
山田要一 3
5 3 ナエボルーラ 牝2 53 大崎昭一 1:36.3 1.1/2 36.1 474
[-8]
中村貢 5

9頭立ての馬群外側、5~6番手あたりを終始絶好の手応えで進んだメリーナイスと根本康広騎手。直線、追い出しに掛かってからも鋭脚を発揮。根本騎手、伝説のヨーロピアンアクションによる鼓舞に応えて、メリーナイス。桃色の帽子、「桃、黒鋸歯形」の勝負服、そして四白流星の派手な馬体が、冬枯れの中山の芝を駆けました。

*

第54回東京優駿(GI)の結果(上位5頭。馬齢は現年齢表記に合わせる)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 上り
4F
馬体重
[前走比]
調教師
1 8 メリーナイス 牡3 57 根本康広 2:27.8    48.7 460
[-2]
橋本輝雄 4
2 1 サニースワロー 牡3 57 大西直宏 2:28.8 6 49.9 472
[-2]
中尾銑治 22
3 17 ニホンピロマーチ 牡3 57 田原成貴 2:28.9 1/2 49.3 500
[+8]
伊藤雄二 5
4 11 ゴールドシチー 牡3 57 本田優 2:28.9 ハナ 48.8 478
[0]
清水出美 2
5 4 チョウカイデュール 牡3 57 加藤和宏 2:29.1 1.1/4 49.2 470
[+2]
元石正雄 11

「ファンは良く知っている」と思わされる、メリーナイスの4番人気。明けて満3歳、スプリングS(GII)2番人気9着、皐月賞(GI)8番人気7着と来て、この大一番で4番人気。そうして、フタを開けてみればレース史上3番目の大差となる、2着サニースワロー(1984.5.28)に「6馬身差」の大圧勝。メリーナイスより後、この「6馬身差」を上回る着差で東京優駿を制した馬は、2016年時点で、まだ現れていません。メリーナイス、一世一代の大仕事を、鞍上の根本騎手と共に遂げました。

*

  1. サクラスターオー(1984.5.2)
  2. タマモクロス(1984.5.23)
  3. イナリワン(1984.5.7)
  4. メリーナイス

と、1984年生まれ世代のGI2勝以上の牡馬4頭を4週に渡りご紹介いたしましたが、0の理論的解釈からは、4頭共に「父が満8歳時の0交配」を受けた馬たちです。つまりは、4頭の父も皆同い年(=1975年生まれ)ですね。

また、メリーナイスとタマモクロスは、母父シャトーゲイという共通点があります。シャトーゲイは2頭の他にも

  1. Henbit(1977.3.28)
    →英ダービー(GI)、チェスターヴァーズ(英GIII)、ガーディアンクラシックトライアル(英GIII)
  2. Fair Salinia(1975.3.18)
    →英オークス(GI)、愛オークス(GI)、ヨークシャーオークス(英GI)。サー・マイケル・スタウトのGI初勝利馬
  3. ミヤマポピー(1985.5.26)
    →エリザベス女王杯(GI)の勝ち馬。タマモクロスの妹
  4. タカラスチール(1982.4.16)
    →マイルCS(GI)の勝ち馬。その母ルードーメン(1973.5.18)はウメノシンオー(1980.4.16)、タカラフラッシュ(1985.4.20)も産んだ名繁殖牝馬
  5. Buzz My Bell(1981.4.13)
    →スピナウェイS(米GI)の勝ち馬にして、ケンタッキーダービー(米GI)馬Grindstone(1993.1.23)の母

等の母父でもあり、ブルードメアサイアーとして大活躍しました。

合わせて、大きな括りで見ると、サクラスターオーの母父インターメゾ(1966)も、シャトーゲイと同じHyperion(1930.4.18)系です。サクラスターオーが菊花賞(GI)を制した翌年には、やはり母父インターメゾのスーパークリーク(1985.5.27)が菊花賞を制しましたし、母父に配されたHampton(1872)系が良い仕事をしていた時代でもありました。

  

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。

*

[メリーナイスの主な競走成績]

  1. 東京優駿(GI)、朝日杯3歳S(GI)、セントライト記念(GII)
  2. 目黒記念(GII)、函館記念(GIII)

通算14戦5勝、2着3回。