年度代表馬の同期生を辿る(其の参)-スーパークリーク(1985.5.27)-。

スーパークリーク 牡 鹿毛 1985.5.27生~2010.8.29没 門別・柏台牧場 馬主・木倉誠氏 栗東・伊藤修司厩舎

スーパークリーク(1985.5.27)の4代血統表
ノーアテンション
鹿毛 1978.3.1
種付け時活性値:1.50
Green Dancer
鹿毛 1972.4.14
Nijinsky
鹿毛 1967.2.21
Northern Dancer 1961.5.27
Flaming Page 1959.4.24
Green Valley
黒鹿毛 1967
Val de Loir 1959
Sly Pola 1957.3.18
No No Nanette
芦毛 1973.2.4
★Sovereign Path
芦毛 1956
Grey Sovereign 1948
Mountain Path 1948
Nuclea
青毛 1961
Orsini 1954.4.10
Nixe 1941
ナイスデイ
鹿毛 1979.5.24
仔受胎時活性値:1.25
インターメゾ
黒鹿毛 1966
種付け時活性値:1.00
Hornbeam
栗毛 1953
Hyperion 1930.4.18
Thicket 1947
Plaza
鹿毛 1958
Persian Gulf 1940
Wild Success 1949
サチノヒメ
黒鹿毛 1957.2.14
仔受胎時活性値:1.25
Sayajirao
黒鹿毛 1944
種付け時活性値:1.00
Nearco 1935.1.24
Rosy Legend 1931
セントマキシム
鹿毛 1950
仔受胎時活性値:1.50
★Rockefella
黒鹿毛 1941
種付け時活性値:0.00
Sou’wester
鹿毛 1945
仔受胎時活性値:1.00

<5代血統表内のクロス:Hyperion4×5、Nasrullah5×5>

スーパークリーク(1985.5.27)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
ノーアテンション
(Nijinsky系)
インターメゾ
(Hyperion系)
Sayajirao
(Nearco系)
Rockefella
(Hyperion系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
ノーアテンション
(No No Nanette)
5.00 ケイタカシと同牝系
(No.1-l)
2番仔
(2連産目)

*

第49回菊花賞(GI)の結果(上位5頭。馬齢は現年齢表記に合わせる)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 上り
4F
馬体重
[前走比]
調教師
1 17 スーパークリーク 牡3 57 武豊 3:07.3    47.5 504
[0]
伊藤修司 3
2 5 ガクエンツービート 牡3 57 竹原啓二 3:08.1 5 48.0 476
[-2]
沢峰次 7
3 8 アルファレックス 牡3 57 南井克巳 3:08.1 ハナ 48.6 470
[+2]
内藤繁春 18
4 11 メイショクボーイ 牡3 57 岩元市三 3:08.1 ハナ 48.6 470
[0]
二分久男 8
5 2 キクカロイヤル 牡3 57 坂井千明 3:08.3 1.1/2 48.4 502
[0]
松山康久 9

獲得賞金順では19番目、賞金上位馬の回避待ちだったスーパークリークとガクエンツービート(1985.4.30)の2頭。スーパークリークの配合の考案者であったラフィアン代表の岡田繁幸さんが、春には武豊騎手できさらぎ賞(GIII)を制したマイネルフリッセ(1985.6.16)を回避させ、そしてもう1頭、嵐山S(準OP)を制したセンシュオーカン(1985.4.22)が故障回避した結果、2頭の出走が叶いました。

終わってみれば、「ノーアテンション×インターメゾ牝馬」という「これでもか」というステイヤー血統のスーパークリークが、2着ガクエンツービートに5馬身差の圧勝。出走18頭中、賞金順では最下位だった2頭がワンツーを決め、人気では最下位だったアルファレックス(1985.4.6)が3着に入るという結末でした。

後にGI100勝以上を挙げる「平成の天才」武豊騎手の初めてのGI制覇が、この第49回菊花賞。19歳8か月という、史上最年少のクラシック制覇でした。

*

第100回天皇賞・秋(GI)の結果(上位5頭。馬齢は現年齢表記に合わせる)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 上り
4F
馬体重
[前走比]
調教師
1 14 スーパークリーク 牡4 58 武豊 1:59.1    46.3 520
[+6]
伊藤修司 2
2 4 オグリキャップ 牡4 58 南井克巳 1:59.1 クビ 46.1 496
[-2]
瀬戸口勉 1
3 5 メジロアルダン 牡4 58 岡部幸雄 1:59.2 クビ 46.2 508
[-4]
奥平真治 3
4 11 ヤエノムテキ 牡4 58 西浦勝一 1:59.5 1.3/4 46.5 496
[-2]
荻野光男 6
5 6 キリパワー 牡4 58 大塚栄三郎 1:59.7 1.1/4 46.2 480
[+10]
清水利章 13

満4歳春を全休し、秋の復帰戦となった京都大賞典(GII)では斤量59kgを背負いながら淀芝2400m2分25秒0のレコード(当時)勝ち。叩いて2戦目となったのが、記念の第100回天皇賞・秋。

左前脚に不安を持ち続けたスーパークリークが、唯1回だけ本調子になったというこのレース。府中芝2000mでは不利と言われる大外8枠14番からの発進、先行3番手で進むと、ラスト1ハロンで前を行くメジロアルダン(1985.3.28)を捉え、後は先頭を譲ることはありませんでした。

馬群を割るのに苦労したオグリキャップ(1985.3.27)は、外から懸命に追いましたが、2着まで。ステイヤーのスーパークリークとマイラーのオグリキャップという、気質のまるで違うライバルとの戦いを制したスーパークリーク。自身はコテコテの長距離血統でしたが、その天賦の才、豊かなスピードを示した府中芝2000mの戦いでした。

*

第101回天皇賞・春(GI)の結果(上位5頭。馬齢は現年齢表記に合わせる)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 上り
4F
馬体重
[前走比]
調教師
1 5 スーパークリーク 牡5 58 武豊 3:21.9    48.0 520
[-2]
伊藤修司 1
2 7 イナリワン 牡6 58 柴田政人 3:22.0 1/2 47.9 452
[+4]
鈴木清 2
3 14 カシマウイング 牡7 58 的場均 3:22.3 1.3/4 48.6 464
[-8]
飯塚好次 12
4 12 ランニングフリー 牡7 58 南井克巳 3:22.5 1.1/4 48.2 452
[-10]
本郷一彦 6
5 13 ミスターシクレノン 牡5 58 松永幹夫 3:22.6 1/2 49.1 500
[0]
小林稔 5

第49回菊花賞で見せたスタミナ、第100回天皇賞・秋で見せたスピード、そしてやはりその無尽蔵のスタミナを見せ付けた第101回天皇賞・春。前年の第34回有馬記念(GI)では決勝点で「ハナ」だけ交わされてしまったイナリワン(1984.5.7)に詰め寄られたものの、永遠に詰まらない2分の1馬身差。そうして、史上初の「天皇賞秋春連覇」が成されたのでした。合わせて、鞍上の武豊騎手は、天皇賞について、春秋通じて騎乗機会3連勝を遂げられました。むぅ、やっぱり「平成の天才」です。

菊花賞と天皇賞・春を制したことにより、スーパークリークの配合の考案者であった岡田繁幸さん、生産者の柏台牧場は「本懐を遂げた」というところだったでしょう。

淀芝3000mと淀芝3200mの長距離GI、この2つを制したことは、ステイヤーのステイヤーたる証明なのですから。

*

スーパークリークという馬名の由来からでしょうか、彼を思う時には、不思議と、スメタナの「わが祖国」の第2曲「ヴルダヴァ(モルダウ)」がよぎります。

武豊という大河の源流となった、スーパークリーク。

それ故に、スーパークリークより後、幾多の名馬の背に跨ったユタカさんにとって、唯1頭だけの「特別な馬」であり続けます。

  

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。