年度代表馬の同期生を辿る(其の伍)-ヤマニンゼファー(1988.5.27)-。

Pedigree

ヤマニンゼファー 牡 鹿毛 1988.5.27生 新冠・錦岡牧場生産 馬主・土井肇氏 美浦・栗田博憲厩舎

ヤマニンゼファー(1988.5.27)の4代血統表
ニホンピロウイナー
黒鹿毛 1980.4.27
種付け時活性値:1.75
ステイールハート
黒鹿毛 1972.3.25
Habitat
鹿毛 1966.5.4
Sir Gaylord 1959.2.12
Little Hut 1952
A.1.
芦毛 1963
★Abernant 1946
Asti Spumante 1947
ニホンピロエバート
鹿毛 1974.3.17
チヤイナロツク
栃栗毛 1953
Rockefella 1941
May Wong 1934
ライトフレーム
黒鹿毛 1959.3.15
ライジングフレーム 1947
グリンライト 1947.4.6
ヤマニンポリシー
鹿毛 1981.5.4
仔受胎時活性値:1.50
Blushing Groom
栗毛 1974.4.8
種付け時活性値:1.50
Red God
栗毛 1954.2.15
Nasrullah 1940.3.2
Spring Run 1948
Runaway Bride
鹿毛 1962
Wild Risk 1940
Aimee 1957
ヤマホウユウ
黒鹿毛 1968.4.19
仔受胎時活性値:1.00
ガーサント
鹿毛 1949.4.5
種付け時活性値:0.50
Bubbles 1925
Montagnana 1937
ミスタルマエ
鹿毛 1963.5.13
仔受胎時活性値:1.00
ハクリヨウ
鹿毛 1950.5.6
種付け時活性値:1.00
バドミントン
黒鹿毛 1953
仔受胎時活性値:0.25

<5代血統表内のクロス:なし>

ヤマニンゼファー(1988.5.27)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
ニホンピロウイナー
(Habitat系)
Blushing Groom
(Red God系)
ガーサント
(Hermit系)
ハクリヨウ
(Blandford系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
ニホンピロウイナー 3.75
(No.1-m)
3番仔
(3連産目)

*

第42回安田記念(GI)の結果(上位5頭。馬齢は現年齢表記に合わせる)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 上り
3F
馬体重
[前走比]
調教師
1 18 ヤマニンゼファー 牡4 57 田中勝春 1:33.8    36.5 454
[+2]
栗田博憲 11
2 8 カミノクレッセ 牡5 57 南井克巳 1:33.9 3/4 35.8 504
[+6]
工藤嘉見 5
3 2 ムービースター 牡6 57 武豊 1:34.0 クビ 35.8 426
[0]
坪憲章 10
4 14 マルマツエース 牡4 57 的場均 1:34.0 クビ 35.7 526
[+4]
仲住芳雄 12
5 17 ダイナマイトダディ 牡4 57 加藤和宏 1:34.1 1/2 36.1 458
[0]
鈴木康弘 2

「初の重賞はなんとGIです!!」。フジテレビの中継では、塩原恒夫アナウンサーがそう叫ばれた、1992年の第42回安田記念。ヤマニンゼファーにとっては、初の重賞どころか、芝の初勝利がこの安田記念で、1600mの距離も初挑戦。鞍上の田中勝春騎手にとっても、GI初制覇となりました。

*

第43回安田記念(GI)の結果(上位5頭。馬齢は現年齢表記に合わせる)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 上り
3F
馬体重
[前走比]
調教師
1 14 ヤマニンゼファー 牡5 57 柴田善臣 1:33.5    35.6 460
[0]
栗田博憲 2
2 6 イクノディクタス 牝6 55 村本善之 1:33.7 1.1/4 34.9 464
[0]
福島信晴 14
3 7 シンコウラブリイ 牝4 55 岡部幸雄 1:33.7 ハナ 35.7 436
[-2]
藤沢和雄 3
4 4 シスタートウショウ 牝5 55 角田晃一 1:33.7 アタマ 35.4 474
[0]
鶴留明雄 5
5 15 ロータスプール 牡6 57 R.ロメロ 1:33.7 ハナ 35.7 486
[不明]
B.ケシンガーJr. 7

チャレンジャーとして挑んだ前年からは一変して、ディフェンディングチャンピオンとして臨んだ1993年の第43回安田記念。その前走京王杯SC(GII)では59kgを背負いながら、シンコウラブリイ(1989.2.2)以下を完封。この1993年から国際競走となった安田記念ですが、恐らく、陣営は前年以上の自信を持って、レースに向かわれたのではないでしょうか。

果たせるかな、ヤマニンゼファー。先行2番手から軽やかに抜け出して、連覇達成。混戦の2着争いを尻目に完勝を遂げ、鞍上の柴田善臣騎手にGI初制覇を贈りました。

*

第108回天皇賞・秋(GI)の結果(上位5頭。馬齢は現年齢表記に合わせる)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 上り
3F
馬体重
[前走比]
調教師
1 8 ヤマニンゼファー 牡5 58 柴田善臣 1:58.9    36.4 456
[+2]
栗田博憲 5
2 2 セキテイリュウオー 牡4 58 田中勝春 1:58.9 ハナ 35.9 456
[0]
藤原敏文 6
3 12 ウィッシュドリーム 牡4 58 藤田伸二 1:59.4 3 36.0 458
[+2]
坪憲章 8
4 11 ゴールデンアイ 牡5 58 菊沢隆徳 1:59.5 クビ 36.0 462
[0]
柄崎孝 17
5 9 ナリタチカラ 牡5 58 武豊 1:59.6 3/4 36.2 472
[0]
大久保正陽 7

1993年の第108回天皇賞・秋。府中の直線で見せた、根性比べ。2頭の叩き合いになり、内のヤマニンゼファーが外のセキテイリュウオー(1989.4.30)に対して、自ら、馬体を併せに行きました。鞍上の柴田善臣騎手の意図ではなく、ヤマニンゼファー自身の意思によって、内から詰め寄って行ったように見えました。この天皇賞までにGI2勝のチャンピオンホースの意地が、そうさせたように見えました。

よしんば柴田騎手の指示だとしても、「ヤマニンゼファーならば競り合いになったら負けない」という柴田騎手の鞍下への信頼があったのでしょう。そんな柴田騎手に応えてか、ボスになろうという競走意欲に燃えてか、ヤマニンゼファー。456kgの豆タンクは、同じ456kgとは思えない大柄に見えるセキテイリュウオーを、決勝点で「ハナ」だけ抑えていました。負かしたセキテイリュウオーの鞍上は田中勝春騎手。上述のとおり、田中騎手のGI初制覇はヤマニンゼファーによる1992年の安田記念です。

1993年の天皇賞・秋は、ヤマニンゼファーの強さを知り尽くした騎手同士の一騎討ちでもありました。そうして、ヤマニンゼファーは初挑戦となる2000mの距離を克服して、父ニホンピロウイナーが成し得なかった天皇賞制覇を遂げたのでした。

*

あの耳を「ピュッ」と後ろに絞って走る姿。「一所懸命」という言葉も似つかわしかった、ヤマニンゼファー。でも、私にとっては「紅顔の美少年」というイメージなんですよね。オメメぱちくりの本当に可愛らしい馬でした。

種牡馬生活を引退した今は、故郷の錦岡牧場で余生を過ごしているそうです。そんな「最強のそよ風」も、気がつけば満28歳。サラブレッドとして、すでに老境の域。

ヤマニンゼファー、どうぞ、ずっと息災で。

  

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。

*

[ヤマニンゼファーの主な競走成績]

  1. 天皇賞・秋(GI)、安田記念(GI)2回、京王杯スプリングC(GII)
  2. スプリンターズS(GI)2回、マイラーズC(GII)、セントウルS(GIII)
  3. 京王杯スプリングC(GII)、クリスタルC(GIII)

通算20戦8勝、2着5回、3着2回。

20世紀の名馬 第67位 ヤマニンゼファー
20世紀の名馬 第67位 ヤマニンゼファー ヤマニン唯一のランクイン   競馬動画→mylist/7354219