平成元年のJRAクラシック勝ち馬を辿る(其の参)-ライトカラー(1986.3.27)-

Pedigree

(父)ライトカラー 牝 鹿毛 1986.3.27生~1993.2.22没 荻伏・大北牧場生産 馬主・伊藤照三氏 栗東・清田十一厩舎→栗東・柴田光陽厩舎

ライトカラー(1986.3.27)の4代血統表
ヤマニンスキー
栗毛 1975.4.28
種付け時活性値:0.50
Nijinsky
鹿毛 1967.2.21
Northern Dancer
鹿毛 1961.5.27
Nearctic 1954.2.11
Natalma 1957.3.26
Flaming Page
鹿毛 1959.4.24
Bull Page 1947
Flaring Top 1947
アンメンシヨナブル
鹿毛 1970.3.25
Buckpasser
鹿毛 1963.4.28
Tom Fool 1949.3.31
Busanda 1947
Petticoat
栗毛 1961.5.11
Palestinian 1946
Sabana 1955.3.9
ユウライコー
鹿毛 1977.1.29
仔受胎時活性値:2.00(0.00)

パーソロン
鹿毛 1960
種付け時活性値:0.00
Milesian
鹿毛 1953
My Babu 1945
Oatflake 1942
Paleo
鹿毛 1953
★Pharis 1936
Calonice 1940
ユウコウ
鹿毛 1972.4.2
仔受胎時活性値:1.00
St. Paddy
鹿毛 1957
種付け時活性値:1.50
Aureole 1950
Edie Kelly 1950
インデイアナウエイ
鹿毛 1967
仔受胎時活性値:1.00
インデイアナ
鹿毛 1961
種付け時活性値:1.25
Welsh Way
芦毛 1954
仔受胎時活性値:1.00

<5代血統表内のクロス:Menow5×5>

ライトカラー(1986.3.27)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
ヤマニンスキー
(Nijinsky系)
パーソロン
(My Babu系)
St. Paddy
(Aureole系)
インデイアナ
(Nearco系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
St. Paddy
(Edie Kelly)
5.00 or 3.00
(No. 9-h)
2番仔
(2連産目)

*

1989年の第50回優駿牝馬(GI。東京芝2400m)の結果(上位5頭。馬齢は現年齢表記に合わせる)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 上り
4F
馬体重
[前走比]
調教師
1 4 ライトカラー 牝3 55 田島良保 2:29.0   49.4 432
[-2]
清田十一 10
2 7シャダイカグラ 牝3 55 武豊 2:29.0 クビ 49.6 444
[-2]
伊藤雄二 1
3 8 ヤンゲストシチー 牝3 55 本田優 2:29.2 1.1/4 50.0 402
[-2]
清水出美 11
4 5 ファンドリポポ 牝3 55 西浦勝一 2:29.6 2.1/2 50.2 454
[0]
夏村辰男 7
5 2 メジロモントレー 牝3 55 河内洋 2:29.6 ハナ 49.0 462
[0]
奥平真治 2

「必殺仕事人」が見せた、最後のGI大仕事が、平成元年の第50回優駿牝馬でした。現年齢表記2歳時には新馬、クローバー賞(OP)と連勝し、函館3歳S(現函館2歳S、GIII)では2着と早くからその才能を見せていた、ライトカラー。けれど、現年齢表記3歳になってからは、4着、2着、8着、5着と、好戦は見られるものの、勝ち切ることが出来ずにいたライトカラー。

それでも、後になって思えば「左回りのヤマニンスキー」。この大一番で、左回りオンリーの米国で継承された父の血が騒いだのか、ライトカラー。道中はシャダイカグラ(1986.3.23)のすぐ後ろを、内ラチ沿いにピッタリと追走。直線は馬場中央を駆けるシャダイカグラを目掛けて、外から強襲。黒の帽子に「海老、黄菱山形」の勝負服をまとった田島良保騎手が渾身の力を込めて追うと、小柄な鹿毛のライトカラー、決勝点では桜花賞(GI)馬を「クビ」だけ差し切っていました。

ゴール後、右手を挙げられた田島騎手。当時41歳のベテランが、20歳の若き天才を打ち負かしての、優駿牝馬初制覇でした。牡馬ではヒカルイマイ(1968.3.27)で中央競馬史上に残る23歳7ヶ月という東京優駿最年少勝利記録を打ち立てられた田島騎手、18年の星霜を経て、府中芝2400mのクラシックレースに再びその名を刻まれたのでした。

  

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。

*

[ライトカラー(1986.3.27)の主な競走成績]

  1. 優駿牝馬(GI)
  2. 函館3歳S(GIII)

通算12戦3勝、2着2回。