平成の首位種牡馬を辿る(其の漆)-マンハッタンカフェ(1998.3.5)-

Pedigree

マンハッタンカフェ(Manhattan Cafe) 牡 青鹿毛 1998.3.5生~2015.8.14没 千歳・社台ファーム生産 馬主・西川清氏 美浦・小島太厩舎

マンハッタンカフェ(1998.3.5)の4代血統表
サンデーサイレンス
青鹿毛 1986.3.25
種付け時活性値:0.75

Halo
黒鹿毛 1969.2.7
Hail to Reason
黒鹿毛 1958.4.18
Turn-to 1951
Nothirdchance 1948
Cosmah
鹿毛 1953.4.4
★Cosmic Bomb 1944
Almahmoud 1947.5.18
Wishing Well
鹿毛 1975.4.12
Understanding
栗毛 1963.2.17
★Promised Land 1954.3.31
Pretty Ways 1953.3.21
Mountain Flower
鹿毛 1964.3.23
Montparnasse 1956
Edelweiss 1959.2.15
サトルチェンジ
黒鹿毛 1988.4.2
仔受胎時活性値:0.25
Law Society
黒鹿毛 1982.2.16
種付け時活性値:1.25
Alleged
鹿毛 1974.5.4
Hoist the Flag 1968.3.31
Princess Pout 1966.3.29
Bold Bikini
鹿毛 1969.4.11
Boldnesian 1963.4.14
Ran-Tan 1960
Santa Luciana
黒鹿毛 1973
仔受胎時活性値:1.50
★Luciano
鹿毛 1964
種付け時活性値:0.00
Henry the Seventh 1958
Light Arctic 1954
Suleika
黒鹿毛 1954
仔受胎時活性値:0.50
Ticino
鹿毛 1939
種付け時活性値:1.50
Schwarzblaurot
鹿毛 1947
仔受胎時活性値:1.50

<5代血統表内のクロス:なし>

マンハッタンカフェ(1998.3.5)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
サンデーサイレンス
(Halo系)
Law Society
(Ribot系)
Luciano
(Owen Tudor系)
Ticino
(Sterling系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
Ticino
(Suleika)
3.75 半兄エアスマップ
(No. 16-c)
5番仔
(流産後)

*

2001年の第62回菊花賞(GI。京都芝3000m)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 通過
順位
上り
3F
馬体重
[増減]
調教師
1 2マンハッタンカフェ 牡3 57 蛯名 正義 3:07.2    10-9-7-6 34.0 494
[+4]
小島 太 6
2 10 マイネルデスポット 牡3 57 太宰 啓介 3:07.3 1/2 1-1-1-1 35.4 520
[-4]
柴田 光陽 11
3 8エアエミネム 牡3 57 松永 幹夫 3:07.4 3/4 4-4-5-6 34.4 502
[+2]
伊藤 雄二 3
4 13ジャングルポケット 牡3 57 角田 晃一 3:07.6 1 1/4 7-8-9-9 34.2 470
[0]
渡辺 栄 1
5 11ダンツフレーム 牡3 57 武 豊 3:07.7 3/4 15-15-15-13 33.9 496
[+6]
山内 研二 2

*

2001年の第46回有馬記念(GI。中山芝2500m)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 通過
順位
上り
3F
馬体重
[増減]
調教師
1 4 マンハッタンカフェ 牡3 55 蛯名 正義 2:33.1    7-8-11-9 33.9 504
[+10]
小島 太 3
2 1 アメリカンボス 牡6 57 江田 照男 2:33.3 1 1/4 3-3-2-2 34.7 486
[+6]
田子 冬樹 13
3 2トゥザヴィクトリー 牝5 55 武 豊 2:33.3 クビ 1-1-1-1 34.8 488
[-2]
池江 泰郎 6
4 13メイショウドトウ 牡5 57 安田 康彦 2:33.3 アタマ 5-6-3-4 34.6 512
[+4]
安田 伊佐夫 2
5 12テイエムオペラオー 牡5 57 和田 竜二 2:33.3 アタマ 7-8-7-6 34.3 480
[0]
岩元 市三 1

*

2002年の第125回天皇賞・春(GI。京都芝3200m)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 通過
順位
上り
3F
馬体重
[増減]
調教師
1 4 マンハッタンカフェ 牡4 58 蛯名 正義 3:19.5    5-5-5-5 34.1 504
[-6]
小島 太 2
2 7 ジャングルポケット 牡4 58 武 豊 3:19.5 クビ 7-7-7-7 34.0 474
[-4]
渡辺 栄 3
3 5ナリタトップロード 牡6 58 渡辺 薫彦 3:19.6 1/2 5-5-5-4 34.3 498
[0]
沖 芳夫 1
4 2ボーンキング 牡4 58 M.デムーロ 3:19.8 1 1/4 2-2-2-1 34.6 500
[-6]
松田 国英 6
5 9サンライズペガサス 牡4 58 安藤 勝己 3:19.8 ハナ 10-10-11-11 33.7 480
[-6]
石坂 正 4

*

2009年の全日本首位種牡馬、マンハッタンカフェ。日本のGIレースは出走機会3戦3勝、そしてすべての重賞勝ちもそのままGI3勝という勝負強さが光るサンデーサイレンス産駒は、父とよく似た青鹿毛の流星。2004年に関西テレビが制作した「運命の出会い サラブレッドにかけた夢」というドラマでは、父役として出演しました。

強力世代として知られる1998年生まれ世代の代表馬と言いますと、「天才ランナー」アグネスタキオン(1998.4.13)、「府中の申し子」ジャングルポケット(1998.5.7)、「ダートでも芝でも速く強い」クロフネ(1998.3.31)等がいますが、いずれも種牡馬としてGI勝ち馬を複数出しており、マンハッタンカフェも彼ら同様に種牡馬としてGI勝ち馬を複数輩出しています。そして、2008年のアグネスタキオンの後を受けて、2009年の全日本首位種牡馬に輝きました。むぅ、走ってよし、繁殖に行ってよし。21世紀最初のクラシックを戦った世代の素晴らしさよ。

それでは、マンハッタンカフェの代表産駒を生年順に記しますと、

  1. レッドディザイア(2006.4.19)
    →秋華賞(GI)、マクトゥームチャレンジラウンド3(UAE・GII)ほか
  2. ジョーカプチーノ(2006.4.11)
    →NHKマイルカップ(GI)、シルクロードS(GIII)、ファルコンS(GIII)ほか
  3. ヒルノダムール(2007.5.20)
    →天皇賞・春(GI)、産経大阪杯(GII)ほか
  4. グレープブランデー(2008.4.11)
    →フェブラリーS(GI)、ジャパンダートダービー(JpnI)、東海S(GII)ほか
  5. クイーンズリング(2012.5.25)
    →エリザベス女王杯(GI)、府中牝馬S(GII)、フィリーズレビュー(GII)、京都牝馬S(GII)ほか

代表産駒を見ると、芝ダート、距離の長短を問わないという感があります。色んな特徴を持った産駒を送り込めるあたり、サスガに首位種牡馬を獲得する種牡馬、というところです。上記の5頭のGI勝ち馬の内、印象深いのはヒルノダムールでしょうか。4歳春に阪神芝2000mの大阪杯を1分57秒8のコースレコード勝ちを収めて臨んだ第143回天皇賞・春。スローで出入りの激しい流れを、藤田伸二騎手と共にピッタリと折り合う姿を見た時、「良い感じ」と思ったら、最後は同じ2007年生まれ世代のエイシンフラッシュ(2007.3.27)の追撃を半馬身しのぎました。そうして、シーマー(1944.3.22)&タカオー(1951.3.8)以来、実に56年ぶりとなった「天皇賞・春父仔2代制覇」を遂げたのでした。

  

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。

*

[マンハッタンカフェ(1998.3.5)の主な競走成績]

  1. 有馬記念(GI)、菊花賞(GI)、天皇賞・春(GI)

通算12戦6勝、3着1回。