平成の首位種牡馬を辿る(其の弐)-ノーザンテースト(1971.3.15)-

Pedigree

ノーザンテースト(Northern Taste) 牡 栗毛 1971.3.15生~2004.12.11没 加国・E. P. Taylor生産 馬主・吉田善哉氏 仏国・John Cunnington, Jr.厩舎

ノーザンテースト(1971.3.15)の4代血統表
Northern Dancer
鹿毛 1961.5.27
種付け時活性値:0.25
Nearctic
黒鹿毛 1954.2.11
Nearco
黒鹿毛 1935.1.24
Pharos 1920.4.4
Nogara 1928
Lady Angela
栗毛 1944 ♀
Hyperion 1930.4.18
Sister Sarah 1930
Natalma
鹿毛 1957.3.26
Native Dancer
芦毛 1950.3.27
Polynesian 1942
Geisha 1943
Almahmoud
栗毛 1947.5.18
Mahmoud 1933
Arbitrator 1937
Lady Victoria
黒鹿毛 1962.2.20
仔受胎時活性値:2.00(0.00)
Victoria Park
鹿毛 1957.5.10
種付け時活性値:1.00
★Chop Chop
黒鹿毛 1940
Flares 1933
Sceptical 1922
Victoriana
鹿毛 1952
★Windfields 1943
Iribelle 1942
Lady Angela
栗毛 1944 ♀
仔受胎時活性値:0.25
Hyperion
栗毛 1930.4.18
種付け時活性値:1.25
Gainsborough 1915.1.24
Selene 1919
Sister Sarah
黒鹿毛 1930
仔受胎時活性値:1.25
Abbots Trace
栗毛 1917
種付け時活性値:1.00
Sarita
黒鹿毛 1924
仔受胎時活性値:1.25

<5代血統表内のクロス:Lady Angela(♀)2×3>

ノーザンテースト(1971.3.15)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
Northern Dancer
(Nearctic系)
Victoria Park
(Teddy系)
Hyperion
(Gainsborough系)
Abbots Trace
(Rock Sand系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
Hyperion
(Gainsborough)
4.75 or 2.75 伯父Nearctic
(No. 14-c)
4番仔?
(2連産目?)

1990年から1992年の全日本首位種牡馬、ノーザンテースト。というよりも、1982年から1992年の11年連続中央首位種牡馬、ノーザンテースト。吉田照哉氏の慧眼により見出された同馬は、競走馬としてもフォレ賞(仏GI)を制したGI馬であり、日本のNorthern Dancer系種牡馬の嚆矢かつ日本史上に残る大種牡馬の一角として、その名を残しました。

ノーザンテーストに関する0の理論的な見解について、一部引用しておきます。

血統の構成が種牡馬としての能力を支えている。同馬はレディアンジェラ(Lady Angela 1944年)のM2×S3の近親交配馬である。

牝の先祖の近親交配はまったく無弊害の交配であると同時に、牝の先祖は交配に当たり太陽のサイクルの支配外であり0の交配の意と同一の働きがある。

-KKベストセラーズ、「競馬最強の法則」1998年10月号、P85より引用-

さて、ノーザンテーストの代表産駒には、

  1. ダイナガリバー(1983.3.23)
    →東京優駿(GI)、有馬記念(GI)、共同通信杯4歳S(GIII)ほか
  2. アンバーシャダイ(1977.3.10)
    →有馬記念、天皇賞・春、AJCC2回、目黒記念・秋
  3. ギャロップダイナ(1980.4.25)
    →天皇賞・秋(GI)、安田記念(GI)、東京新聞杯(GIII)ほか
  4. シャダイアイバー(1979.2.23)
    →優駿牝馬。孫にエアジハード(1995.4.9)
  5. シャダイソフィア(1980.3.19)
    →桜花賞、阪急杯(GIII)、函館3歳Sほか
  6. ダイナカール(1980.5.10)
    →優駿牝馬ほか。言わずと知れた、エアグルーヴ(1993.4.6)の母、アドマイヤグルーヴ(2000.4.30)の祖母、ドゥラメンテ(2012.3.22)の曾祖母
  7. アドラーブル(1989.3.28)
    →優駿牝馬(GI)ほか

という中央の八大競走勝ち馬7頭のほか多数の重賞勝ち馬がいます。7頭の内3頭は1980年生まれ世代ですが、ノーザンテーストが満8歳時のミニモの遺伝を受けた世代から輩出された、というところです。

0の理論的な余談になりますけれど、ノーザンテーストが複数の中央重賞勝ち馬を送り込んだ世代は、1980年生まれ世代、1988年生まれ世代1989年生まれ世代の3世代が、最多の「6頭」で並んでいます。1980年生まれ世代と1988年生まれ世代は、それぞれ満8歳時、満16歳時のミニモの遺伝を受けた世代ですね。1980年生まれ世代には上述の通り、ギャロップダイナ、シャダイソフィア、ダイナカールという八大競走勝ち馬が、1988年生まれ世代には重賞4勝馬スカーレットブーケ(1988.4.11)-ダイワメジャー(2001.4.8)&ダイワスカーレット(2004.5.13)兄妹の母-、JRA賞の最優秀3歳(現年齢表記2歳)牝馬に選出されたノーザンドライバー(1988.4.16)がいます。また、1989年生まれ世代には上述のアドラーブル、実は全8勝中7勝が左回りだった重賞4勝のマチカネタンホイザ(1989.5.7)がいます。

  

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。

*

[ノーザンテースト(1971.3.15)の主な競走成績]

  1. フォレ賞(仏GI)、トーマスブライアン賞(仏GIII)、エクリプス賞(仏GIII)
  2. ムーラン・ド・ロンシャン賞(仏GI)
  3. ウジェーヌアダム賞(仏GII)、リゾランジ賞(仏GIII)

通算20戦5勝、2着2回、3着3回。