ブレイブスマッシュ(2013.3.22)

ブレイブスマッシュ 牡 鹿毛 2013.3.22生 日高・エスティファーム生産 馬主・島川隆哉氏→Australian Bloodstock, Mt Hallowell Stud Et Al 美浦・小笠倫弘厩舎→豪州・Darren Weir厩舎

ブレイブスマッシュ(2013.3.22)の4代血統表
トーセンファントム
黒鹿毛 2007.2.9
種付け時活性値:1.25
ネオユニヴァース
鹿毛 2000.5.21
サンデーサイレンス
青鹿毛 1986.3.25
★Halo 1969.2.7
Wishing Well 1975.4.12
ポインテッドパス
栗毛 1984.4.27
Kris 1976.3.23
Silken Way 1973
バースデイローズ
栗毛 1995.3.2
トニービン
鹿毛 1983.4.7
カンパラ 1976.2.19
Severn Bridge 1965
エリザベスローズ
栗毛 1989.5.3
ノーザンテースト 1971.3.15
ノーベンバーローズ 1982.2.7
トーセンスマッシュ
栗毛 2004.2.29
仔受胎時活性値:2.00
トウカイテイオー
鹿毛 1988.4.20
種付け時活性値:1.75
シンボリルドルフ
鹿毛 1981.3.13
パーソロン 1960
スイートルナ 1972.5.4
トウカイナチユラル
鹿毛 1982.5.20
ナイスダンサー 1969.3.6
トウカイミドリ 1977.3.20
アナスミラビリス
鹿毛 1991.6.9
仔受胎時活性値:1.00
リアルシヤダイ
黒鹿毛 1979.5.27
種付け時活性値:0.75
Roberto 1969.3.16
Desert Vixen 1970.4.19
スカーレツトブルー
栗毛 1982.5.1
仔受胎時活性値:2.00
ノーザンテースト
栗毛 1971.3.15
種付け時活性値:0.50
スカーレツトインク
栗毛 1971.5.5
仔受胎時活性値:0.50

<5代血統表内のクロス:ノーザンテースト4×4、Hail to Reason5×5、Northern Dancer5×5×5>

ブレイブスマッシュ(2013.3.22)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
トーセンファントム
(Halo系)
トウカイテイオー
(My Babu系)
リアルシヤダイ
(Roberto系)
◆ノーザンテースト
(Northern Dancer系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
トウカイテイオー 5.50 or 3.50 or 1.50 伯母トーセンジョウオー
(No. 4-d)
5番仔
(5連産目)

*

2018年のフューチュリティS(豪GI。コーフィールド芝1400m)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破時計
・着差
調教師
1 9ブレイブスマッシュ 牡5 59 Craig A Williams 1:23.16 Darren Weir 1
2 5トーセンスターダム 牡7 59 Ben Allen 3/4 Darren Weir 3
3 10 Showtime 牡3 55.5 Dwayne Dunn アタマ Michael, Wayne & John Hawkes 4
4 2 Humidor せん5 59 Damian Lane 2 Darren Weir 5
5 1 Snitzson 牡4 59 Kerrin McEvoy 3/4 David A & B Hayes & Tom Dabernig 10

2018年のフューチュリティS。遠く南半球、豪州の地におけるGIレースで、元々日本にて島川隆哉氏の勝負服で走っていた2頭のワンツーフィニッシュ。3着にも吉田勝己氏の勝負服の3歳馬が入り、日本に縁のある結果となりました。

ブレイブスマッシュ。豪州に渡ってから7戦目、1番人気に応えてGI初勝利を遂げました。ブレイブスマッシュは、距離1600mまでであれば、日豪併せて[4-6-3-4]の成績で、日本で言うところの掲示板を外したのは3歳春の第21回NHKマイルカップ(GI)8着だけ。短距離で安定して走ることができるチカラが、短距離の大レースも多い豪州で遺憾無く発揮されていますね。昨年2017年の第1回ジ・エベレスト3着も立派でした。

ブレイブスマッシュの父トーセンファントムは主な勝ち鞍がいちょうS(当時OP)というマイナー種牡馬ですが、自家生産に燃える島川オーナーの愛にも助けられ、2年度産駒から見事に国際GI勝ち馬を送り込みました。ブレイブスマッシュの祖父ネオユニヴァースは、ヴィクトワールピサ(2007.3.31)アンライバルド(2006.4.13)、そしてトーセンファントム等の活躍を見るにつけ、種牡馬の父としても優れた資質を持っていると改めて感じます。

そしてまた、ブレイブスマッシュの母父トウカイテイオー。近年の日本でも「ステイゴールド×メジロマックイーン牝馬」のステマ配合で注目されましたが、Tourbillon(1928)の血、母系に入って活かされました。元々豪州及び新国でもTourbillon系の血は活かされており、上述の第1回ジ・エベレストの勝ち馬Redzel(2012.9.19)は「父スニッツェル×母父Rubiton」で母父Rubiton(1983.10.18)がトウカイテイオーと同じくMy Babu(1945)系。トウカイテイオーと同じくジャパンカップ(GI)の勝ち馬である新国の名牝Horlicks(1983.10.7)は「父Three Legs×母父Moss Trooper」で母父Moss Trooper(1972.4.15)がDjebel(1937)系。そしてやはりジャパンカップの勝ち馬である豪州の名馬Better Loosen Up(1985.8.29)は「父Loosen Up×母父Better Boy」で母父Better Boy(1951)がMy Babu系。ブレイブスマッシュ、自身の母系の血が活きる地が、豪州なのかも知れません。

ブレイブスマッシュ、これからも豪州の地で活躍を続けて欲しいものです。勝利という滋養を蓄えて行って、第2回ジ・エベレストでは2017年よりも上の着順を期待しています。

  

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。