トーセンスターダム(2011.3.14)

トーセンスターダム 牡 黒鹿毛 2011.3.14生 安平・ノーザンファーム生産 馬主・島川隆哉氏→Australian Bloodstock No 2 Syndicate, Doonaree Racing Et Al 栗東・池江泰寿厩舎→豪州・D.K.Weir厩舎

トーセンスターダム(2011.3.14)の4代血統表

ディープインパクト
鹿毛 2002.3.25
種付け時活性値:0.00
サンデーサイレンス
青鹿毛 1986.3.25
★Halo
黒鹿毛 1969.2.7
Hail to Reason 1958.4.18
Cosmah 1953.4.4
Wishing Well
鹿毛 1975.4.12
Understanding 1963.2.17
Mountain Flower 1964.3.23
ウインドインハーヘア
鹿毛 1991.2.20
Alzao
鹿毛 1980.2.28
Lyphard 1969.5.10
Lady Rebecca 1971.2.28
Burghclere
鹿毛 1977.4.26
Busted 1963
Highclere 1971.4.9
アドマイヤキラメキ
栗毛 2002.2.27
仔受胎時活性値:2.00(0.00)
エンドスウィープ
鹿毛 1991.5.31
種付け時活性値:0.50
フォーティナイナー
栗毛 1985.5.11
Mr. Prospector 1970.1.28
File 1976.4.30
Broom Dance
鹿毛 1979.4.10
Dance Spell 1973.3.29
Witching Hour 1960.3.31
エヴリウィスパー
栗毛 1997.3.13
仔受胎時活性値:1.00
ノーザンテースト
栗毛 1971.3.15
種付け時活性値:0.25
Northern Dancer 1961.5.27
Lady Victoria 1962.2.20
クラフテイワイフ
栗毛 1985.1.17
仔受胎時活性値:0.75
Crafty Prospector
栗毛 1979.4.7
種付け時活性値:1.25
Wife Mistress
栗毛 1979.4.20
仔受胎時活性値:1.25

<5代血統表内のクロス:Northern Dancer5×4×5、Mr. Prospector4×5(母方)>

トーセンスターダム(2011.3.14)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
ディープインパクト
(Halo系)
エンドスウィープ
(Mr. Prospector系)
ノーザンテースト
(Northern Dancer系)
Crafty Prospector
(Mr. Prospector系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
Crafty Prospector
(Real Crafty Lady)
5.00 or 3.00 叔父トーセンジョーダン
(No. 9-a)
3番仔
(3連産目)

*

2017年のトゥーラックH(豪GI。コーフィールド芝1600m)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破時計
・着差
調教師
1 1 トーセンスターダム 牡7 57.5 Damian Lane 1:35.86 Darren Weir 6
2 14 Sovereign Nation せん5 52 Beau Mertens 1 David A & B Hayes & Tom Dabernig 9
3 16 Petrology せん6 52 Chris Parnham 1 David A & B Hayes & Tom Dabernig 17
4 19 Mask Of Time 牡4 52 Daniel Moor アタマ Hugo Palmer 16
5 3 Seaburge 牡4 55 Mark Zahra 短アタマ David A & B Hayes & Tom Dabernig 15

2017年のトゥーラックH。出走18頭のうち最も重い斤量57.5kgを背負ったトーセンスターダム、ダミアン・レーン騎手に導かれて、現地年齢表記7歳-日本ならば満6歳秋-時に、豪州の地でGI初勝利を遂げました。レーン騎手、手応えの良さに自信があったのか、3コーナーから4コーナーで一気に進出して、直線大外ぶん回しから勢い良く先頭に立って押し切るという強い競馬を見せて、トーセンスターダム。これはお見事でした。

GI勝ちの金看板で箔が付きましたし、アローフィールドスタッドにシャトル種牡馬で供用されているリアルインパクト(2008.5.14)も人気ということで、トーセンスターダム、ダウンアンダーでの種牡馬入りはほぼ間違いないのではないでしょうか。0の理論的には、トーセンスターダムは、父ディープインパクトが満8歳時のミニモの遺伝を受けているため、良い種牡馬になってくれそうにも思います。なお、トーセンスターダムが2014年の第54回きさらぎ賞(GIII)を制した直後から、↑の4代血統表の準備をしていたのは、ここだけの秘密です^_^;

ともあれ、トーセンスターダム。齢重ねてますます盛んというところを見せてくれましたので、この後の進路も楽しみにしたいと思います。

  

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。

<参考WEB>