SS以降のエクリプス賞年度代表馬を辿る(其の壱)-サンデーサイレンス(1986.3.25)-

Pedigree

サンデーサイレンス(Sunday Silence) 牡 青鹿毛 1986.3.25生~2002.8.19没 米国・Oak Cliff Thoroughbreds, Ltd. 生産 馬主・Gaillard-Hancock III-Whittingham 米国・Charles E. Whittingham厩舎

サンデーサイレンス(1986.3.25)の4代血統表

Halo
黒鹿毛 1969.2.7
種付け時活性値:0.00
Hail to Reason
黒鹿毛 1958.4.18
Turn-to
鹿毛 1951
★Royal Charger 1942
Source Sucree 1940
Nothirdchance
鹿毛 1948
Blue Swords 1940
Galla Colors 1943
Cosmah
鹿毛 1953.4.4
★Cosmic Bomb
黒鹿毛 1944
Pharamond 1925
Banish Fear 1932
Almahmoud
栗毛 1947.5.18
Mahmoud 1933
Arbitrator 1937
Wishing Well
鹿毛 1975.4.12
仔受胎時活性値:0.50
Understanding
栗毛 1963.2.17
種付け時活性値:0.75
★Promised Land
芦毛 1954.3.31
Palestinian 1946
Mahmoudess 1942
Pretty Ways
黒鹿毛 1953.3.21
Stymie 1941
Pretty Jo 1948
Mountain Flower
鹿毛 1964.3.23
仔受胎時活性値:0.50
Montparnasse(ARG)
黒鹿毛 1956
種付け時活性値:1.625
Gulf Stream 1943
Mignon 1946
Edelweiss
鹿毛 1959.2.15
仔受胎時活性値:1.00
Hillary
黒鹿毛 1952
種付け時活性値:1.50
Dowager
鹿毛 1948
仔受胎時活性値:0.50

<5代血統表内のクロス:Mahmoud4×5、Blue Larkspur5×5(父方)>

サンデーサイレンス(1986.3.25)の0の理論的総括
母父祖母父曾祖母父
Halo
(Hail to Reason系)
Understanding
(Teddy系)
Montparnasse
(Hyperion系)
Hillary
(Khaled系)
形相の遺伝料の遺伝牝系母の何番仔?
Montparnasse
(Tiny)
2.50母が米GII勝ち馬
(No. 3-e)
血統登録された初めての仔

*

1989年の第115回ケンタッキーダービー(米GI。チャーチルダウンズ・ダート10F)の結果(上位5頭)


馬名性齢
騎手走破時計
・着差
調教師
110サンデーサイレンス牡357.2P. Valenzuela2:05.00C. Whittingham2
213Easy Goer牡357.2P. Day2 1/2C. McGaughey III1
312オウインスパイアリング牡357.2C. PerretアタマC. McGaughey III1
47Dansil牡357.2L. Snyder3/4F. Brothers5
54ホークスター牡357.2M. CastanedaハナR. McAnally10

*

1989年の第114回プリークネスS(米GI。ピムリコ・ダート9.5F)の結果(上位5頭)


馬名性齢
騎手走破時計
・着差
調教師
17サンデーサイレンス牡357.2Pat Valenzuela1:53.80Charlie Whittingham2
28Easy Goer牡357.2Pat DayハナClaude McGaughey III1
36Rock Point牡357.2Chris Antley5Sidney Watters, Jr.4
45Dansil牡357.2Larry Snyder2Frank Brothers5
51ホークスター牡357.2Marco Castaneda3 3/4Ronald McAnally7

*

1989年の第6回ブリーダーズカップ・クラシック(米GI。ガルフストリームパーク・ダート10F)の結果(上位5頭)


馬名性齢
騎手走破時計
・着差
調教師
18サンデーサイレンス牡355.3C. McCarron2:00.20C. Whittingham2
21Easy Goer牡355.3P. DayクビC. McGaughey III1
37ブラッシングジョン牡457.2A. Cordero, Jr.1R. Lundy6
42Present Value牡557.2E. Delahoussaye9 3/4J. Fanning5
53Cryptoclearance牡557.2J. Santos1/2F. Schulhofer4

*

1989年のエクリプス賞年度代表馬、サンデーサイレンス。言わずと知れた20世紀末の革命種牡馬は、現役時代に通算14戦9勝、2着5回。日本で言うところの100%連対を果たした名競走馬でもありました。

↑で挙げた3レースの2着はいずれもEasy Goer(1986.3.21)。そんな好敵手との対戦成績は、サンデーサイレンスの3勝1敗。

その血統を見れば、かたや雑草の出自のサンデーサイレンス、こなた極め付きの良血の出自のEasy Goer。

両極端なライバルの対決は、そのまま、生産牧場であるストーンファーム(=サンデーサイレンス)とクレイボーンファーム(=Easy Goer)の対決でもありました。世襲は時に難しい要因をはらみますが、ストーンファームの代表アーサー・ボイド・ハンコックIII世氏は、もともとは、クレイボーンファームの先代であるアーサー・ボイド・ハンコック・ジュニア氏の長子という背景。言うならば、実家を追い出された長男(=サンデーサイレンスの生産者)と、家督を継いだ次男(=Easy Goerの生産者)との代理闘争、という様相でした。

#念の為。Easy Goerの生産名義はもちろんオグデン・フィップス氏ですが、生産牧場についてのお話です。

サンデーサイレンスとイージーゴアの壮烈なライバル関係(アメリカ)【その他】
 25年前に米国競馬の最高の舞台で繰り広げられたイージーゴア(Easy Goer)とサンデーサイレンスの壮烈な叩き合いの接戦は、稀に見る素晴らしいものだった。  東海岸と西海岸、王子と乞食のような対立関係から、シービスケット(Seabiscuit)対ウォーアドミラル(War Admiral)を想起させ、米国競馬...

*

それでは、振り返ると改めてその恐ろしさを思い知らされる、サンデーサイレンスのGI勝ち産駒を生年順に記しますと、、、

  1. タヤスツヨシ(1992.4.26)
    →東京優駿(GI)
  2. ジェニュイン(1992.4.28)
    →皐月賞(GI)、マイルチャンピオンシップ(GI)
  3. ダンスパートナー(1992.5.25)
    →優駿牝馬(GI)、エリザベス女王杯(GI)
  4. マーベラスサンデー(1992.5.31)
    →宝塚記念(GI)
  5. フジキセキ(1992.4.15)
    →朝日杯3歳S(GI)
  6. バブルガムフェロー(1993.4.11)
    →天皇賞・秋(GI)、朝日杯3歳S(GI)
  7. イシノサンデー(1993.5.29)
    →皐月賞(GI)
  8. ダンスインザダーク(1993.6.5)
    →菊花賞(GI)
  9. サイレンススズカ(1994.5.1)
    →宝塚記念(GI)
  10. ステイゴールド(1994.3.24)
    →香港ヴァーズ(GI)
  11. スペシャルウィーク(1995.5.2)
    →東京優駿(GI)、ジャパンカップ(GI)、天皇賞・春(GI)、天皇賞・秋(GI)
  12. アドマイヤベガ(1996.3.12)
    →東京優駿(GI)
  13. トゥザヴィクトリー(1996.2.22)
    →エリザベス女王杯(GI)
  14. スティンガー(1996.5.15)
    →阪神3歳牝馬S(GI)
  15. アグネスフライト(1997.3.2)
    →東京優駿(GI)
  16. エアシャカール(1997.2.26)
    →皐月賞(GI)、菊花賞(GI)
  17. チアズグレイス(1997.3.30)
    →桜花賞(GI)
  18. マンハッタンカフェ(1998.3.5)
    →有馬記念(GI)、天皇賞・春(GI)、菊花賞(GI)
  19. アグネスタキオン(1998.4.13)
    →皐月賞(GI)
  20. ビリーヴ(1998.4.26)
    →スプリンターズS(GI)、高松宮記念(GI)
  21. メジロベイリー(1998.5.30)
    →朝日杯3歳S(GI)
  22. デュランダル(1999.5.25)
    →マイルチャンピオンシップ(GI)2回、スプリンターズS(GI)
  23. ゴールドアリュール(1999.3.3)
    →フェブラリーS(GI)、東京大賞典(統一GI)、ジャパンダートダービー(統一GI)、ダービーグランプリ(統一GI)
  24. アドマイヤマックス(1999.4.10)
    →高松宮記念(GI)
  25. Sunday Joy(1999.8.22)
    →ATCオークス(豪GI)
  26. ネオユニヴァース(2000.5.21)
    →東京優駿(GI)、皐月賞(GI)
  27. ゼンノロブロイ(2000.3.27)
    →ジャパンカップ(GI)、有馬記念(GI)、天皇賞・秋(GI)
  28. スティルインラブ(2000.5.2)
    →優駿牝馬(GI)、桜花賞(GI)、秋華賞(GI)
  29. ヘヴンリーロマンス(2000.3.5)
    →天皇賞・秋(GI)
  30. アドマイヤグルーヴ(2000.4.30)
    →エリザベス女王杯(GI)2回
  31. オレハマッテルゼ(2000.1.16)
    →高松宮記念(GI)
  32. ピースオブワールド(2000.2.18)
    →阪神ジュベナイルフィリーズ(GI)
  33. ダイワメジャー(2001.4.8)
    →皐月賞(GI)、天皇賞・秋(GI)、安田記念(GI)、マイルチャンピオンシップ(GI)2回
  34. ハーツクライ(2001.4.15)
    →有馬記念(GI)、ドバイシーマクラシック(UAE・GI)
  35. ダンスインザムード(2001.4.10)
    →桜花賞(GI)、ヴィクトリアマイル(GI)
  36. ダイワエルシエーロ(2001.5.11)
    →優駿牝馬(GI)
  37. スズカマンボ(2001.4.28)
    →天皇賞・春(GI)
  38. ハットトリック(2001.4.26)
    →マイルチャンピオンシップ(GI)、香港マイル(GI)
  39. ディープインパクト(2002.3.25)
    →東京優駿(GI)、ジャパンカップ(GI)、有馬記念(GI)、皐月賞(GI)、菊花賞(GI)、 天皇賞・春(GI)、宝塚記念(GI)
  40. エアメサイア(2002.2.4)
    →秋華賞(GI)
  41. スズカフェニックス(2002.3.29)
    →高松宮記念(GI)
  42. ショウナンパントル(2002.2.20)
    →阪神ジュベナイルフィリーズ(GI)
  43. マツリダゴッホ(2003.3.15)
    →有馬記念(GI)
  44. フサイチパンドラ(2003.2.27)
    →エリザベス女王杯(GI)。今はアーモンドアイ(2015.3.10)の母、と言ったほうが通りが良いでしょうか^^;

折々の活躍が思い出される、GI勝ち産駒の多さよ。その血は日本の枠組みを超えて、世界に広がって行きます。

 

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。

*

[サンデーサイレンス(1986.3.25)の主な競走成績]

  1. ケンタッキーダービー(米GI)、プリークネスS(米GI)、ブリーダーズカップ・クラシック(米GI)、サンタアニタダービー(米GI)、スーパーダービー(米GI)、カリフォルニアンS(米GI)、サンフェリペH(米GII)
  2. ベルモントS(米GI)、ハリウッドゴールドC(米GI)、スワップスS(米GII)

通算14戦9勝、2着5回。

*

ワイルドブラスター
ワイルドブラスター

やっぱり、サンデーサイレンスさんは凄いですね。競走成績も、種牡馬成績も。

マイシンザン
マイシンザン

ああ、サスガとしか言いようがないわ。