カルティエ賞年度代表馬を辿る(其の陸)-エリシオ(1993.1.24)-

Pedigree

エリシオ(Helissio) 牡 鹿毛 1993.1.24生~2013.10.9没 仏国・Ecurie Skymarc Farm生産 馬主・E. サラソラ氏 仏国・E. ルルーシュ厩舎

エリシオ(1993.1.24)の4代血統表
Fairy King
鹿毛 1982.3.4
種付け時活性値:0.50
Northern Dancer
鹿毛 1961.5.27
Nearctic
黒鹿毛 1954.2.11
Nearco 1935.1.24
Lady Angela 1944
Natalma
鹿毛 1957.3.26
Native Dancer 1950.3.27
Almahmoud 1947.5.18
Fairy Bridge
鹿毛 1975.5.4
Bold Reason
鹿毛 1968.4.8
Hail to Reason 1958.4.18
Lalun 1952
Special
鹿毛 1969.3.28
Forli 1963.8.10
Thong 1964.4.23
Helice
鹿毛 1988.4.4
仔受胎時活性値:1.00
Slewpy
黒鹿毛 1980.3.28
種付け時活性値:1.75
Seattle Slew
黒鹿毛 1974.2.15
Bold Reasoning 1968.4.29
My Charmer 1969.3.25
Rare Bouquet
栗毛 1963.5.10
Prince John 1953.4.6
Forest Song 1958.5.16
Hirondelle
鹿毛 1981.5.5
仔受胎時活性値:1.50
★Val de l’Orne
黒鹿毛 1972
種付け時活性値:0.00
Val de Loir 1959.5.7
Aglae 1965.5.28
Hermanville
鹿毛 1976.4.4
仔受胎時活性値:1.00
Cutlass
鹿毛 1970.4.26
種付け時活性値:1.25
Peaceful Lane
鹿毛 1971.2.17
仔受胎時活性値:1.00

<5代血統表内のクロス:なし>

エリシオ(1993.1.24)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
Fairy King
(Northern Dancer系)
Slewpy
(Seattle Slew系)
Val de l’Orne
(Blandford系)
Cutlass
(Damascus系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
Slewpy
(Fair Charmer)
4.50
(No. 10-c)
初仔?

*

1996年のリュパン賞(仏GI。ロンシャン芝2100m)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破時計
・着差
調教師
1 2 エリシオ 牡3 58 Dominique Boeuf 2:10.30 E Lellouche 1
2 3 Loup Solitaire 牡3 58 Olivier Peslier 3/4 A Fabre 3
3 1 Fort Nottingham 牡3 58 C Asmussen 2 1/2 J E Hammond 2
4 5 Le Triton 牡3 58 F Head クビ Mme C Head-Maarek 4
5 4 Cachet Noir 牡3 58 F Grenet 4 P Bary 5

*

1996年のサンクルー大賞(仏GI。サンクルー芝2400m)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破時計
・着差
調教師
1 7 エリシオ 牡3 54.5 Olivier Peslier 2:27.40 E Lellouche 2
2 4 Swain 牡4 61 Thierry Jarnet 1 A Fabre 1
3 8 Poliglote 牡4 61 F Head 4 Mme C Head-Maarek 4
4 1 Lear White 牡5 61 G Guignard 1/2 P A Kelleway 9
5 2 Oliviero 牡3 54.5 E Saint-Martin 1/2 A Mauchamp 6

*

第75回凱旋門賞(仏GI。ロンシャン芝2400m)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破時計
・着差
調教師
1 5 エリシオ 牡3 56 Olivier Peslier 2:29.90 E Lellouche 1
2 10 ピルサドスキー 牡4 59.5 W R Swinburn 5 Sir Michael Stoute 7
3 11 オスカーシンドラー 牡4 59.5 C Asmussen 短クビ Kevin Prendergast 6
4 13 Swain 牡4 59.5 Thierry Jarnet 1 A Fabre 2
5 9 Luna Wells 牝3 54.5 Thierry Thulliez 1 1/2 A Fabre 13

*

1997年のガネー賞(仏GI。ロンシャン芝2100m)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破時計
・着差
調教師
1 2 エリシオ 牡4 58 Olivier Peslier 2:12.10 E Lellouche 1
2 5 Le Destin 牡4 58 Thierry Gillet 6 P Demercastel 7
3 7 ピルサドスキー 牡5 58 Mick Kinane 1 1/2 Sir Michael Stoute 2
4 3 River Bay 牡4 58 Thierry Jarnet 2    3
5 8 ストラテジックチョイス 牡6 58 T Quinn 3 Paul Cole 5

*

1997年のサンクルー大賞(仏GI。サンクルー芝2400m)の結果


馬名 性齢
騎手 走破時計
・着差
調教師
1 2 エリシオ 牡4 61 C Asmussen 2:29.50 E Lellouche 1
2 1 Magellano 牡3 54.5 Thierry Gillet 5 A Fabre 4
3 3 Riyadian 牡5 61 T Quinn 3 Paul Cole 3
4 4 Darazari 牡4 61 Gerald Mosse 4 A De Royer-Dupre 2

*

1996年のカルティエ賞年度代表馬エリシオ。カルティエ賞創設6年目にして初めて3歳牡馬による年度代表馬の受賞がなされたました。やはり当年の第75回凱旋門賞における5馬身差勝ちはインパクトがあったのでしょう。鞍上を務めた日本でもおなじみのオリビエ・ペリエ騎手は当時23歳。気鋭の若手が大逃げで制した母国最大のビッグレース、それは3連覇の始まりでもありました。

エリシオ、その1996年には第16回ジャパンカップ(GI)にも出走して1番人気3着。シングスピール(1992.2.25)、ファビラスラフイン(1993.4.13)に続いて、ストラテジックチョイス(1991.3.4)と共に3着同着でした。直線、内から抜け出したシングスピールの鋭さには遅れを取ったエリシオでしたが、外から一旦は前に出たストラテジックチョイスには負けじと伸び返し、3着同着に持ち込みました。そこには世界の超一流馬の矜持が見えたものです。なお、2016年までに36回を重ねたジャパンカップには、凱旋門賞馬の金看板を掲げて出走した馬がエリシオを含めて8頭いますが、エリシオの3着が最高着順です。

軽快な逃げ先行策を得意としたエリシオ、仏GI5勝を引っ提げて、引退後は種牡馬として供用されました。その主な産駒には

  1. Helenus(1999.9.5)
    →ヴィクトリアダービー(豪GI)、コーフィールドギニー(豪GI)、ローズヒルギニー(豪GI)ほか
  2. ポップロック(2001.3.19)
    →目黒記念(GII)2回、メルボルンカップ(豪GI)2着、ジャパンカップ2着、有馬記念(GI)2着ほか
  3. ヘルスウォール(1999.3.6)
    →チューリップ賞(GIII)ほか

がいます。ちょっぴり寂しくはありますが、それでもダービー馬の父になったのですから、ね。

日本で走った産駒では、やはりポップロックです。GII2勝の実力馬、2006年の第146回メルボルンカップでは僚馬デルタブルース(2001.5.3)と共に日本馬ワンツーを決めました。また、2007年の第27回ジャパンカップではアドマイヤムーン(2003.2.23)とタイム差なしのアタマ差2着。すんでのところで大魚を逃した2戦でしたけれど、黒っぽい鹿毛の大型馬、懸命な走りぶりでした。

  

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。

*

[エリシオの主な競走成績]

  1. 凱旋門賞(仏GI)、サンクルー大賞(仏GI)2回、ガネー賞(仏GI)、リュパン賞(仏GI)、ニエル賞(仏GII)、ノアイユ賞(仏GII)
  2. ムーラン・ド・ロンシャン賞(仏GI)
  3. ジャパンカップ(GI)、”キング・ジョージ”(英GI)

通算13戦8勝、2着1回、3着2回。