カルティエ賞年度代表馬を辿る(其の肆)-Barathea(1990.3.2)-

Barathea 牡 鹿毛 1990.3.2生~2009.5.14没 愛国・Gerald W Leigh生産 馬主・Sheikh Mohammed 英国・Luca Cumani厩舎

Barathea(1990.3.2)の4代血統表

Sadler’s Wells
鹿毛 1981.4.11
種付け時活性値:0.00
Northern Dancer
鹿毛 1961.5.27
Nearctic
黒鹿毛 1954.2.11
Nearco 1935.1.24
Lady Angela 1944
Natalma
鹿毛 1957.3.26
Native Dancer 1950.3.27
Almahmoud 1947.5.18
Fairy Bridge
鹿毛 1975.5.4
Bold Reason
鹿毛 1968.4.8
Hail to Reason 1958.4.18
Lalun 1952
Special
鹿毛 1969.3.28
Forli 1963.8.10
Thong 1964.4.23
Brocade
鹿毛 1981.5.31
仔受胎時活性値:2.00
Habitat
鹿毛 1966.5.4
種付け時活性値:1.50
Sir Gaylord
黒鹿毛 1959.2.12
Turn-to 1951
Somethingroyal 1952.3.12
Little Hut
鹿毛 1952
Occupy 1941
Savage Beauty 1934
Canton Silk
芦毛 1970
仔受胎時活性値:0.50
★Runnymede
芦毛 1961
種付け時活性値:0.00
★Petition 1944
Dutch Clover 1947
Clouded Lamp
鹿毛 1961
仔受胎時活性値:2.00(0.00)
ニンバス
黒鹿毛 1946
種付け時活性値:
Kepwick
鹿毛 1949
仔受胎時活性値:0.75

<5代血統表内のクロス:Nearco4×5、Turn-to5×4>

Barathea(1990.3.2)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
Sadler’s Wells
(Northern Dancer系)
Habitat
(Sir Gaylord系)
★Runnymede
(Fairway系)
ニンバス
(Nearco系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
Habitat
(Kai-Sang)
5.25 or 3.25 母が仏GI勝ち馬
(No. 14-a)
4番仔
(4連産目)

*

第73回愛2000ギニー(GI。カラ芝8F)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破時計
・着差
調教師
1 11 Barathea 牡3 57.2 M Roberts 1:43.00 Luca Cumani 1
2 3 Fatherland 牡3 57.2 L Piggott アタマ M V O’Brien 2
3 10 Massyar 牡3 57.2 Richard Hughes 1 John M Oxx 4
4 6 Fitzcarraldo 牡3 57.2 W R Swinburn アタマ Luca Cumani 9
5 7 Master Tribe 牡3 57.2 P V Gilson 1/2 C Collins 6

*

第11回ブリーダーズカップ・マイル(米GI。チャーチルダウンズ芝8F)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破時計
・着差
調教師
1 1 Barathea 牡4 57.2 Frankie Dettori 1:34.50 Luca Cumani 4
2 9 ヨハンクアッツ 牡5 57.2 Alex O Solis 3 Ronald McAnally 8
3 3 Unfinished Symph 牡3 55.8 G Baze アタマ Wesley A Ward 8
4 12 Megan’s Interco 牡5 57.2 C Black 1 1/2 Jenine Sahadi 2
5 8 Alice Springs 牝4 55.8 R R Douglas 1/2 Jonathan E Sheppard 13

*

1994年のカルティエ賞年度代表馬、Barathea。初年度のアラジ(1989.3.4)が2歳牡馬、2年目のユーザーフレンドリー(1989.2.4)が3歳牝馬、3年目のLochsong(1988.4.26)が5歳牝馬と来て、4年目にして4歳牡馬、古馬牡馬として初めてカルティエ賞年度代表馬に選出されたのがBaratheaでした。

Baratheaは、1994年のGI勝ちは↑で示した第11回ブリーダーズカップ・マイルのみでしたが、ヨハンクアッツ(1989.2.22)を3馬身突き放してのトラックレコード勝ちが評価されたのでしょう。シェイク・モハメドの勝負服、日本風に言うならば「海老、白袖」に「海老、白星」の帽子、鹿毛の額に星ひとつが鮮やかに駆けて、Barathea。鞍上のランフランコ・デットーリ騎手とその師匠のルカ・クマーニ調教師は、このブリーダーズカップ・マイルが、ブリーダーズカップ初勝利でした。

師弟愛の結実は、洋の東西を問わず、いつ見ても良いものです。

  

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。

*

<参考WEB>