カルティエ賞年度代表馬を辿る(其の玖)-Daylami(1994.4.20)-

Daylami(デイラミ) 牡 芦毛 1994.4.20生 愛国・His Highness The Aga Khan’s Studs S C生産 馬主・H H Aga Khan→Godolphin 仏国・Alain de Royer-Dupre→UAE・Saeed bin Suroor厩舎

Daylami(1994.4.20)の4代血統表

Doyoun
鹿毛 1985.3.8
種付け時活性値:0.00

Mill Reef
鹿毛 1968.2.23
Never Bend
鹿毛 1960.3.15
Nasrullah 1940.3.2
Lalun 1952
Milan Mill
鹿毛 1962.2.10
Princequillo 1940
Virginia Water 1953.4.18
Dumka
黒鹿毛 1971
Kashmir
黒鹿毛 1963
Tudor Melody 1956
Queen of Speed 1950
Faizebad
黒鹿毛 1962.2.24
Prince Taj 1954
Floralie 1954
Daltawa
芦毛 1989.4.23
仔受胎時活性値:1.00
Miswaki
栗毛 1978.2.22
種付け時活性値:0.50
Mr. Prospector
鹿毛 1970.1.28
★Raise a Native 1961.4.18
Gold Digger 1962.5.28
Hopespringseternal
栗毛 1971.5.27
Buckpasser 1963.4.28
Rose Bower 1958.3.24
Damana
芦毛 1981.4.2
仔受胎時活性値:1.75
クリスタルパレス
芦毛 1974.3.25
種付け時活性値:1.50
Caro 1967.4.11
Hermieres 1958.4.10
Denia
栗毛 1973.4.19
仔受胎時活性値:1.75
Crepello
栗毛 1954
種付け時活性値:0.50
Rose Ness
鹿毛 1965
仔受胎時活性値:1.75

<5代血統表内のクロス:Princequillo4×5>

Daylami(1994.4.20)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
★Doyoun
(Mill Reef系)
Miswaki
(Mr. Prospector系)
クリスタルパレス
(フォルティノ系)
Crepello
(Blenheim系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
クリスタルパレス
(Ranavalo)
6.25 半弟Dalakhani
(No. 9-e)
初仔

*

1997年の仏2000ギニー(GI。ロンシャン芝1600m)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破時計
・着差
調教師
1 4 Daylami 牡3 58 Gerald Mosse 1:42.60 A De Royer-Dupre 3
2 7 Loup Sauvage 牡3 58 Olivier Peslier 2 A Fabre 4
3 3 Visionary 牡3 58 Thierry Jarnet 2 1/2 A Fabre 5
4 2 Yalaietanee 牡3 58 T Quinn 3/4 Sir Michael Stoute 1
5 1 Fantastic Fellow 牡3 58 John Reid 3 Clive Brittain 6

*

1998年のエクリプスS(英GI。サンダウン芝10F7y)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破時計
・着差
調教師
1 3 Daylami 牡4 60.3 Frankie Dettori 2:06.82 Saeed bin Suroor 1
2 7 Faithful Son せん4 60.3 John Reid 1/2 Saeed bin Suroor 3
3 1 Central Park 牡3 55.3 Daragh O’Donohoe 6 Saeed bin Suroor 6
4 6 Insatiable 牡5 60.3 Mick Kinane 1/2 Sir Michael Stoute 2
5 2 Poteen 牡4 60.3 W R Swinburn 3/4 Luca Cumani 5

*

1998年のマンノウォーS(米GI。ベルモントパーク芝11F)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破時計
・着差
調教師
1 2 Daylami 牡4 57.2 J D Bailey 2:13.18 Saeed bin Suroor 1
2 5 Buck’s Boy せん5 57.2 Earlie Fires 1 1/4 P Noel Hickey 3
3 4 Indy Vidual 牡4 57.2 R Migliore 2 3/4 John C Kimmel 5
4 3 Lazy Lode 牡4 57.2 Kent J Desormeaux アタマ Wallace Dollase 6
5 9 Honor Glide 牡4 57.2 J Santos 4 P Vestal 8

*

1999年のコロネーションC(エプソム芝12F10y)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破時計
・着差
調教師
1 3 Daylami 牡5 57.2 Frankie Dettori 2:40.26 Saeed bin Suroor 3
2 2 Royal Anthem 牡4 57.2 Kieren Fallon 3/4 Sir Henry Cecil 1
3 7 Dream Well 牡4 57.2 C Asmussen 1/2 P Bary 2
4 5 Silver Patriarch 牡5 57.2 Pat Eddery 1 John Dunlop 3
5 1 Borgia 牝5 55.8 Olivier Peslier 1 1/4 A Fabre 7

*

第49回”キング・ジョージ”(英GI。アスコット芝12F)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破時計
・着差
調教師
1 1 Daylami 牡5 60.3 Frankie Dettori 2:29.35 Saeed bin Suroor 2
2 7 Nedawi 牡4 60.3 Gary Stevens 5 Saeed bin Suroor 4
3 4 Fruits of Love 牡4 60.3 Olivier Peslier 1/2 Mark Johnston 3
4 3 Silver Patriarch 牡5 60.3 T Quinn 2 1/2 John Dunlop 6
5 8 Sunshine Street 牡4 60.3 Johnny Murtagh 1 1/2 Noel Meade 8

*

1999年の愛チャンピオンS(GI。レパーズタウン芝10F)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破時計
・着差
調教師
1 4 Daylami 牡5 59.0 Frankie Dettori 2:08.40 Saeed bin Suroor 2
2 8 Dazzling Park 牝3 54.4 Kevin Manning 9 J S Bolger 4
3 6 Dream Well 牡4 59.0 C Asmussen 2 1/2 P Bary 3
4 5 Sunshine Street 牡4 59.0 Eddie Ahern 1/2 Noel Meade 6
5 3 Royal Anthem 牡4 59.0 Gary Stevens 1 1/2 Sir Henry Cecil 1

*

第16回ブリーダーズカップ・ターフ(米GI。ガルフストリームパーク芝12F)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破時計
・着差
調教師
1 3 Daylami 牡5 57.2 Frankie Dettori 2:24.73 Saeed bin Suroor 1
2 2 Royal Anthem 牡4 57.2 Gary Stevens 2 1/2 William Mott 5
3 5 Buck’s Boy せん6 57.2 G K Gomez 2 P Noel Hickey 3
4 12 Yagli 牡6 57.2 J D Bailey 1 1/4 William Mott 4
5 1 Dream Well 牡4 57.2 C Asmussen 3 1/2 P Bary 6

*

1997年の春は、0の理論的良馬が日本のGIレースで次々と勝利を収めていたこともあり、海外のGIレースである仏2000ギニーでも0の理論的良馬が勝利を収めたということで、Daylamiに注目したのを思い出します。月刊『優駿』における、故・石川ワタルさんの海外競馬ニュースで報じられている、小さな記事ではありましたが。

1997年の3歳時にGI1勝(仏2000ギニー)、1998年の4歳時にGI2勝(エクリプスS、マンノウォーS)、そして1999年の5歳時にGI4勝(コロネーションC、”キング・ジョージ”、愛チャンピオンS、ブリーダーズカップ・ターフ)と、齢と白さを重ねる毎に強さを増して行った、Daylami。種牡馬ビジネスの観点から、活躍馬は早期引退が目立つ欧州馬としては珍しく5歳まで走り切り、そして確かに5歳時が絶頂でした。↑で示した”キング・ジョージ”と愛チャンピオンSの勝ちっぷりは、まさに圧巻。1990年代のインターナショナル・クラシフィケーション(現ロンジン・ワールド・ベストレースホース・ランキング)では、Daylamiが5歳時に叩き出した「135」が、欧州古馬の最高値でした。

#余談。1990年代に欧州で走った古馬勢で、インターナショナル・クラシフィケーションにおいてDaylamiに続く「134」の数値を得たのが、ピルサドスキー(1992.4.23)エルコンドルパサー(1995.3.17)。改めて、メチャ強い馬たちでした。

芦毛の大柄な馬体とロイヤルブルーの勝負服が緑のターフに映えて、Daylami。1999年のカルティエ賞年度代表馬は、忘れ難き、20世紀末の欧州の名馬です。

  

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。

*

[Daylamiの主な競走成績]

  1. ブリーダーズカップ・ターフ(米GI)、”キング・ジョージ”(英GI)、仏2000ギニー(GI)、エクリプスS(英GI)、コロネーションC(英GI)、マンノウォーS(米GI)、愛チャンピオンS(GI)、タタソールズゴールドC(愛GII)、フォンテンブロー賞(仏GIII)
  2. ジャック・ル・マロワ賞(仏GI)、タタソールズゴールドC(愛GI)、クリテリウム・ド・サンクルー(仏GI)
  3. 英チャンピオンS(GI)、ムーラン・ド・ロンシャン賞(仏GI)、セントジェームズパレスS(英GI)、プリンスオブウェールズS(英GII)

通算21戦11勝、2着3回、3着4回。

<参考WEB>