カルティエ賞年度代表馬を辿る(其の拾陸)-Dylan Thomas(2003.4.23)-

Dylan Thomas 牡 鹿毛 2003.4.23生 愛国・Tower Bloodstock生産 馬主・Sue Magnier and Michael Tabor 愛国・Aidan O’Brien厩舎

Dylan Thomas(2003.4.23)の4代血統表

デインヒル
鹿毛 1986.3.26
種付け時活性値:0.00

Danzig
鹿毛 1977.2.12
Northern Dancer
鹿毛 1961.5.27
Nearctic 1954.2.11
Natalma 1957.3.26 ♀
Pas de Nom
黒鹿毛 1968.1.27
★Admiral’s Voyage 1959.3.23
Petitioner 1952
Razyana
鹿毛 1981.4.18
His Majesty
鹿毛 1968.4.15
Ribot 1952.2.27
Flower Bowl 1952
Spring Adieu
鹿毛 1974.5.10
Buckpasser 1963.4.28
Natalma 1957.3.26 ♀
Lagrion
栗毛 1989.3.15
仔受胎時活性値:1.25

Diesis
栗毛 1980.4.23
種付け時活性値:0.00
Sharpen Up
栗毛 1969.3.17
エタン 1961.3.14
Rocchetta 1961
Doubly Sure
鹿毛 1971.5.3
★Reliance 1962.4.11
Soft Angels 1963
Wrap It Up
栗毛 1979.5.3
仔受胎時活性値:0.25
Mount Hagen
栗毛 1971.3.4
種付け時活性値:1.75
★Bold Bidder 1962.3.22
Moonmadness 1963.5.3
Doc Nan
栗毛 1963.4.20
仔受胎時活性値:1.75
Francis S.
栗毛 1957.4.13
種付け時活性値:1.25
Betty W.
栗毛 1957
仔受胎時活性値:1.25

<5代血統表内のクロス:Natalma(♀)4×4(父方)、Native Dancer5×5×5、Tom Fool5×5>

Dylan Thomas(2003.4.23)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
★デインヒル
(Danzig系)
★Diesis
(エタン系)
Mount Hagen
(Bold Ruler系)
Francis S.
(Royal Charger系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
Mount Hagen
(Bois Roussel)
4.50 半姉と半妹が英GI勝ち馬
(No. 9-c)
8番仔?
(前年産駒なし後?)

*

2006年の第141回愛ダービー(GI。カラ芝12F)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破時計
・着差
調教師
1 5 Dylan Thomas 牡3 57.2 Kieren Fallon 2:29.70 A P O’Brien 1
2 6 Gentlewave 牡3 57.2 Johnny Murtagh 3 1/2 A Fabre 3
3 7 Best Alibi 牡3 57.2 Mick Kinane 1 1/2 Sir Michael Stoute 6
4 2 Dragon Dancer 牡3 57.2 Darryll Holland 1 1/2 G Wragg 5
5 12 Darsi 牡3 57.2 Christophe Soumillon 1/2 A De Royer-Dupre 2

*

2006年の第31回愛チャンピオンS(GI。レパーズタウン芝10F)の結果


馬名 性齢
騎手 走破時計
・着差
調教師
1 2 Dylan Thomas 牡3 57.2 Kieren Fallon 2:02.90 A P O’Brien 1
2 5 Ouija Board 牝5 59 Jamie Spencer クビ Ed Dunlop 2
3 3 Alexander Goldrun 牝5 59 Kevin Manning 2 1/2 J S Bolger 3
4 6 Mustameet 牡5 60.3 Declan McDonogh 1 1/2 Kevin Prendergast 4
5 4 Ace 牡5 60.3 Mick Kinane 2 1/2 A P O’Brien 5

*

2007年の第115回ガネー賞(仏GI。ロンシャン芝2100m)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破時計
・着差
調教師
1 3 Dylan Thomas 牡4 58 Christophe Soumillon 2:07.90 A P O’Brien 1
2 6 Irish Wells 牡4 58 Dominique Boeuf 2 F Rohaut 2
3 5 Doctor Dino 牡5 58 Olivier Peslier 3/4 Richard Gibson 6
4 2 Boris De Deauville 牡4 58 Y Barberot アタマ S Wattel 4
5 8 Egerton 牡6 58 Christophe-Patrice Lemaire 6 P Rau 3

*

2007年の第57回”キング・ジョージ”(英GI。アスコット芝12F)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破時計
・着差
調教師
1 3 Dylan Thomas 牡4 60.3 Johnny Murtagh 2:31.11 A P O’Brien 1
2 7 Youmzain 牡4 60.3 Richard Hughes 4 Mick Channon 6
3 5 Maraahel 牡6 60.3 Richard Hills 3 1/2 Sir Michael Stoute 3
4 1 Laverock 牡5 60.3 Frankie Dettori 1/2 Saeed bin Suroor 5
5 6 Scorpion 牡5 60.3 Mick Kinane 3 A P O’Brien 2

*

2007年の第32回愛チャンピオンS(GI。レパーズタウン芝10F)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破時計
・着差
調教師
1 5 Dylan Thomas 牡4 60.3 Kieren Fallon 2:02.27 A P O’Brien 1
2 3 Duke Of Marmalade 牡3 57.2 Seamie Heffernan 1 1/2 A P O’Brien 3
3 1 Red Rock Canyon 牡3 57.2 Colm O’Donoghue 2 A P O’Brien 6
4 4 Red Rocks 牡4 60.3 Richard Hughes 2 1/2 Brian Meehan 4
5 2 Maraahel 牡6 60.3 Richard Hills 3 1/2 Sir Michael Stoute 5

*

2007年の第86回凱旋門賞(仏GI。ロンシャン芝2400)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破時計
・着差
調教師
1 6 Dylan Thomas 牡4 59.5 Kieren Fallon 2:28.50 A P O’Brien 3
2 4 Youmzain 牡4 59.5 Richard Hughes アタマ Mick Channon 9
3 11 Sagara 牡3 56 Thierry Gillet 1 1/2 J E Pease 7
4 10 Getaway 牡4 59.5 Olivier Peslier 短アタマ A Fabre 8
5 5 Soldier Of Fortune 牡3 56 Johnny Murtagh 1/2 A P O’Brien 2

*

2007年のカルティエ賞年度代表馬、Dylan Thomas。同一年における”キング・ジョージ”と凱旋門賞の勝利は1995年のラムタラ(1992.2.2)以来12年振り、古馬としては1958年のBallymoss(1954)以来49年振りの快挙でした。が、凱旋門賞では、最後の直線で外から切れ込んだ時にインターフェアがあったのではないかと審議になりました。けれど、到達順のとおりにDylan Thomasが優勝。”キング・ジョージ”の4馬身差をアタマ差まで詰めた2着Youmzain(2003.2.20)、彼の「3年連続凱旋門賞2着」という不滅の銀字塔(?)は、このレースから始まりました。

Dylan Thomasは21世紀の欧州強豪馬、そしてエイダン・パトリック・オブライエン調教師の管理馬としては珍しく、2007年の第27回ジャパンカップ(GI)の招待を受託してくれたものの、検疫にパスできず、結局出走できず仕舞い。欧州GI6勝馬の走りを日本のファンの前でも見せて欲しかったものです。

そんなDylan Thomasの代表産駒を示しておきます。以下、代表産駒と共に示すGレースのレース名および格付けは、いずれも施行当時のものです。

  1. Blazing Speed(2009.3.29)
    →クイーンエリザベス2世C(香GI)、香港チャンピオンズ&チャターC(GI)ほか
  2. Nymphea(2009.2.19)
    →ベルリン大賞(独GI)ほか
  3. Tannery(2009.2.22)
    →E.P.テイラーS(加GI)ほか
  4. Pether’s Moon(2010.4.15)
    →コロネーションC(英GI)ほか
  5. Dylan Mouth(2011.3.13)
    →ジョッキークラブ賞(伊GI)、ミラノ大賞(伊GI)、ローマ賞(伊GI)、伊ダービー(GII)ほか
  6. ファイナルスコア(2011.4.5)
    →リディアテシオ賞(伊GI)、伊オークス(GII)
  7. Nightflower(2012.2.17)
    →オイロパ賞(独GI)2回ほか
  8. Ladies First(2012.10.1)
    →オークランドC(新GI)

2頭目に挙げたNympheaは第146代独ダービー(GI)馬Nutan(2012.2.27)の半姉で、ベルリン大賞を制した折の鞍上は、ペーター・シールゲン調教師の実子である当時18歳のデニス・シールゲン氏でしたが、デニス氏は学生を本業とするアマチュア騎手だったのです。欧州GIの歴史の中でも、アマチュア騎手がGIを勝つのは、恐らく、初めてのことだったそうな。また6頭目に挙げたファイナルスコアは、半姉チェリーコレクト(2009.3.4)、チャリティーライン(2010.4.12)に続いて、3姉妹で伊オークス制覇を遂げています。この3姉妹は年子であり、つまり母Holy Moon(2000.4.25)は「3年連続で伊オークス馬の母になる」という離れ業を演じました。なお、チェリーコレクト、チャリティーライン、ファイナルスコアと3姉妹いずれもカタカナ馬名であることからもお分かりのように、3頭共に社台グループによって輸入されています。併せて、7頭目に挙げたNightflower(ナイトフラワー)は、父の無念を晴らすべく、第35回ジャパンカップ第36回ジャパンカップと2年連続で来日してくれました。ちなみに、前述のNymphea&Nutan姉弟とNightflowerは、いとこの間柄です。

2018年現在は、クールモアのナショナルハント用種牡馬として供用されているDylan Thomas。その血筋の良さを、新たな舞台で見せてくれることを期待しましょう。

  

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。

<参考WEB>

This interactive publication is created with FlippingBook, a service for streaming PDFs online. No download, no waiting. Open and start reading right away!