カルティエ賞年度代表馬を辿る(其の弐拾)-Frankel(2008.2.11)-

Pedigree

Frankel(フランケル) 牡 鹿毛 2008.2.11生 英国・Juddmonte Farms生産 馬主・Khalid Abdullah 英国・Henry Cecil厩舎

Frankel(2008.2.11)の4代血統表
Galileo
鹿毛 1998.3.30
種付け時活性値:0.25

Sadler’s Wells
鹿毛 1981.4.11
Northern Dancer
鹿毛 1961.5.27
Nearctic 1954.2.11
Natalma 1957.3.26 ♀
Fairy Bridge
鹿毛 1975.5.4
Bold Reason 1968.4.8
Special 1969.3.28
Urban Sea
栗毛 1989.2.18
▲Miswaki
栗毛 1978.2.22
Mr. Prospector 1970.1.28
Hopespringseternal 1971.5.27
Allegretta
栗毛 1978.3.10
▲Lombard 1967
Anatevka 1969
Kind
鹿毛 2001.4.21
仔受胎時活性値:1.50
デインヒル
鹿毛 1986.3.26
種付け時活性値:1.50
★Danzig
鹿毛 1977.2.12
Northern Dancer 1961.5.27
Pas de Nom 1968.1.27
Razyana
鹿毛 1981.4.18
His Majesty 1968.4.15
Spring Adieu 1974.5.10
Rainbow Lake
鹿毛 1990.4.10
仔受胎時活性値:0.50
★Rainbow Quest
鹿毛 1981.5.15
種付け時活性値:0.00
Blushing Groom 1974.4.8
I Will Follow 1975.4.29
Rockfest
栗毛 1979.3.12
仔受胎時活性値:0.50
Stage Door Johnny
栗毛 1965.5.22
種付け時活性値:1.25
Rock Garden
栗毛 1970
仔受胎時活性値:2.00(0.00)

<5代血統表内のクロス:Northern Dancer3×4、Natalma(♀)4×5×5、Buckpasser5×5>

Frankel(2008.2.11)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
Galileo
(Sadler’s Wells系)
デインヒル
(Danzig系)
Rainbow Quest
(Blushing Groom系)
Stage Door Johnny
(Princequillo系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
デインヒル
(Natalma)
4.50 or 2.50 伯父Powerscourt
(No. 1-k)
2番仔
(2連産目)

*

※↓の動画はサムネイルのみです。動画はYoutubeのWEBサイトでご覧ください。

2010年の第135回デューハーストS(英GI。ニューマーケット芝7F)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破時計
・着差
調教師
1 3 Frankel 牡2 57.6 Tom Queally 1:25.73 Sir Henry Cecil 1
2 1 Roderic O’Connor 牡2 57.6 Johnny Murtagh 2 1/4 A P O’Brien 4
3 2 Glor Na Mara 牡2 57.6 Kevin Manning 2 3/4 J S Bolger 5
4 6 New Greenfield 牡2 57.6 Kieren Fallon アタマ Brian Meehan 6
5 5 Dream Ahead 牡2 57.6 William Buick 1 3/4 David Simcock 2

*

2011年の第203回英2000ギニー(GI。ニューマーケット芝8F)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破時計
・着差
調教師
1 1 Frankel 牡3 57.2 Tom Queally 1:37.30 Sir Henry Cecil 1
2 5 Dubawi Gold 牡3 57.2 Richard Hughes 6 Richard Hannon Snr 8
3 11 Native Khan 牡3 57.2 Olivier Peslier 1/2 Ed Dunlop 6
4 6 Slim Shadey 牡3 57.2 Luke Morris 11 J S Moore 13
5 4 Fury 牡3 57.2 Johnny Murtagh 1/2 William Haggas 5

*

2011年の第167回セントジェームズパレスS(英GI。アスコット芝8F)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破時計
・着差
調教師
1 5 Frankel 牡3 57.2 Tom Queally 1:39.24 Sir Henry Cecil 1
2 8 Zoffany 牡3 57.2 Ryan Moore 3/4 A P O’Brien 7
3 1 Excelebration 牡3 57.2 Adam Kirby 1 1/2 Marco Botti 2
4 4 Neebras 牡3 57.2 Frankie Dettori アタマ Mahmood Al Zarooni 8
5 3 Dream Ahead 牡3 57.2 William Buick 3 1/4 David Simcock 5

*

2011年の第125回サセックスS(英GI。グッドウッド芝8F)の結果


馬名 性齢
騎手 走破時計
・着差
調教師
1 3 Frankel 牡3 56.7 Tom Queally 1:37.47 Sir Henry Cecil 1
2 2 Canford Cliffs 牡4 60.3 Richard Hughes 5 Richard Hannon Snr 2
3 1 Rio De La Plata 牡6 60.3 Frankie Dettori 2 1/2 Saeed bin Suroor 3
4 4 Rajsaman 牡4 60.3 Thierry Jarnet 2 1/2 F Head 3

*

※↓の動画はサムネイルのみです。動画はYoutubeのWEBサイトでご覧ください。

2011年の第56回クイーンエリザベス2世S(英GI。アスコット芝8F)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破時計
・着差
調教師
1 2 Frankel 牡3 57.2 Tom Queally 1:39.45 Sir Henry Cecil 1
2 7 Excelebration 牡3 57.2 Jamie Spencer 4 Marco Botti 2
3 6 Immortal Verse 牝3 55.8 Gerald Mosse 3 1/2 Robert Collet 3
4 3 Dubawi Gold 牡3 57.2 Johnny Murtagh クビ Richard Hannon Snr 5
5 5 Dick Turpin 牡4 58.5 Christophe Soumillon 3/4 Richard Hannon Snr 4

*

※↓の動画はサムネイルのみです。動画はYoutubeのWEBサイトでご覧ください。

2012年の第54回ロッキンジS(英GI。ニューベリー芝8F)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破時計
・着差
調教師
1 6 Frankel 牡4 57.2 Tom Queally 1:38.14 Sir Henry Cecil 1
2 7 Excelebration 牡4 57.2 Joseph O’Brien 5 A P O’Brien 2
3 2 Dubawi Gold 牡4 57.2 Richard Hughes 4 Richard Hannon Snr 3
4 5 Bullet Train 牡5 57.2 Ian Mongan 3 Sir Henry Cecil 6
5 3 Ransom Note 牡5 57.2 Kieren Fallon 7 Charles Hills 4

*

2012年の第162回クイーンアンS(英GI。アスコット芝8F)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破時計
・着差
調教師
1 8 Frankel 牡4 57.2 Tom Queally 1:37.85 Sir Henry Cecil 1
2 3 Excelebration 牡4 57.2 Joseph O’Brien 11 A P O’Brien 2
3 5 Side Glance 牡5 57.2 Jimmy Fortune クビ Andrew Balding 6
4 10 Indomito 牡6 57.2 William Buick 1 A Wohler 7
5 7 Windsor Palace 牡7 57.2 Seamie Heffernan 3 A P O’Brien 11

*

※↓の動画はサムネイルのみです。動画はYoutubeのWEBサイトでご覧ください。

2012年の第126回サセックスS(英GI。グッドウッド芝8F)の結果


馬名 性齢
騎手 走破時計
・着差
調教師
1 3 Frankel 牡4 60.3 Tom Queally 1:37.56 Sir Henry Cecil 1
2 4 Farhh 牡4 60.3 Frankie Dettori 6 Saeed bin Suroor 2
3 1 Gabrial 牡3 57.2 Paul Hanagan 3 1/4 Richard Fahey 3
4 2 Bullet Train 牡5 60.3 Ian Mongan 1/2 Sir Henry Cecil 4

*

2012年の第41回英インターナショナルS(GI。ヨーク芝10F88y)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破時計
・着差
調教師
1 7 Frankel 牡4 59.4 Tom Queally 2:06.59 Sir Henry Cecil 1
2 4 Farhh 牡4 59.4 Frankie Dettori 7 Saeed bin Suroor 3
3 3 St Nicholas Abbey 牡5 59.4 Joseph O’Brien ハナ A P O’Brien 2
4 9 Twice Over 牡7 59.4 Ian Mongan 6 Sir Henry Cecil 4
5 6 Bullet Train 牡5 59.4 Eddie Ahern クビ Sir Henry Cecil 7

*

2012年の第136回英チャンピオンS(GI。アスコット芝10F)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破時計
・着差
調教師
1 3 Frankel 牡4 58.5 Tom Queally 2:10.22 Sir Henry Cecil 1
2 1 Cirrus Des Aigles せん6 58.5 Olivier Peslier 1 3/4 Mme C Barande-Barbe 2
3 6 Nathaniel 牡4 58.5 William Buick 2 1/2 John Gosden 3
4 5 Pastorius 牡3 56.2 Frankie Dettori 3 1/2 Mario Hofer 4
5 2 Master of Hounds 牡4 58.5 Ryan Moore 4 William Haggas 5

*

2011年と2012年のカルティエ賞年度代表馬、Frankel。カルティエ賞史上初の2年連続年度代表馬に選出された、2010年代の欧州を飾る超名馬は、生涯14戦14勝で欧州GI10勝。若年期から見せたそのスピードは他を圧倒し、長じて10Fもこなすという距離に対する適正の広さも見せました。

↑に挙げたGI10勝はどれもこれも強いレースですが、特に第203回英2000ギニー、第162回クイーンアンS、第41回英インターナショナルSの3レースは「メチャクチャ強い」と唸らされます。英2000ギニーは、出脚の鋭さから一気に加速し、同馬主のペースメーカーだったはずのRerouted(2008.2.28)を始めとした他馬を完全に置き去りにして、終始ぶっ飛ばしての逃げで6馬身差圧勝。クイーンアンSは、タイムフォームが「147」、レーシングポストが「142」、ワールドサラブレッドランキングが「140」と、三者三様に史上最高の評価値を叩き出した11馬身差の大圧勝。そして初めてのミドルディスタンス挑戦となった英インターナショナルSは、出負け加減で後方からの競馬になったものの、直線で悠々と馬なりで抜け出すと、軽く気合を付けられただけで後続を尻目に7馬身差の楽勝。なんじゃこりゃ^^;

史上に残る脚を見せ続けたFrankel。当然、種牡馬としても大いに期待されており、その初年度産駒から

  1. Cracksman(2014.4.9)
    →英チャンピオンS(GI)、コロネーションC(英GI)、ガネー賞(仏GI)ほか
  2. ソウルスターリング(2014.2.13)
    →優駿牝馬(GI)、阪神ジュベナイルフィリーズ(GI)ほか
  3. モズアスコット(2014.3.31)
    →安田記念(GI)ほか
  4. Eminent(2014.3.4)
    →ギヨームドルナーノ賞(仏GII)、クレイヴンS(英GIII)ほか
  5. Finche(2014.2.22)
    →ウジェーヌアダム-メゾンラフィット大賞(仏GII)ほか
  6. Queen Kindly(2014.1.14)
    →ロウザーS(英GII)ほか
  7. ミスエルテ(2014.4.7)
    →ファンタジーS(GIII)
  8. Frankuus(2014.4.18)
    →ローズオブランカスターS(英GIII)、コンデ賞(仏GIII)ほか
  9. Fair Eva(2014.4.12)
    →プリンセスマーガレットS(英GIII)ほか
  10. Lady Frankel(2014.1.30)
    →リューリー賞(仏GIII)ほか
  11. Cunco(2014.1.11)
    →サンダウンクラシックトライアル(英GIII)
  12. Last Kingdom(2014.1.20)
    →ダフニ賞(仏GIII)
  13. Monarchs Glen(2014.2.5)
    →ダーリークラブS(英GIII)
  14. トゥリフォー(2014.1.29)
    →オマール賞(仏GIII)

と、14頭のGレース勝ち馬を送り込んでおり、2年度産駒もWithout Parole(2015.3.20)、Rostropovich(2015.2.3)、Nelson(2015.4.11)、Elarqam(2015.2.23)、Lightening Quick(2015.3.10)がグループレース勝ちを収めています。繋養場であるバンステッドマナースタッドの場長の言葉を引いておきますと

バンステッドマナー牧場のサイモン・モクリッジ(Simon Mockridge)場長はこう語った。「フランケルは初年度と2年目の産駒が活躍し、種牡馬として驚異的なスタートを切りました。特に2017年シーズンは、北半球で最も優れた種牡馬の1頭であることを示しました。フランケル産駒の重賞勝馬率は、驚くべきことに12%にもなります。現在までに、2014年生まれの産駒から13頭の重賞勝馬が出ています。北半球でこれに匹敵する数字を出している種牡馬はガリレオだけです」。

フランケル、驚異的な成績で種付料上昇(イギリス)【生産】 – 海外競馬情報(2017/11/20)【生産】 | 公益財団法人 ジャパン・スタッドブック・インターナショナル

Frankel、その卓越した身体能力が次世代に伝わっていくことを、遠く極東の空の下から、祈り願っています。

  

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。

*

[Frankelの主な競走成績]

  1. 英2000ギニー(GI)、英チャンピオンS(GI)、英インターナショナルS(GI)、サセックスS(英GI)2回、クイーンエリザベス2世S(英GI)、クイーンアンS(英GI)、ロッキンジS(英GI)、セントジェームズパレスS(英GI)、デューハーストS(英GI)、ロイヤルロッジS(英GII)、グリーナムS(英GIII)

通算14戦14勝。

<参考WEB>