カルティエ賞年度代表馬を辿る(其の弐拾肆)-マインディング(2013.2.10)-

Pedigree

マインディング(Minding) 牝 鹿毛 2013.2.10生 愛国・Orpendale, Chelston & Wynatt生産 馬主・Mr D. Smith, Mrs J. Magnier, Mr M. Tabor 愛国・Aidan O’Brien厩舎

マインディング(2013.2.10)の4代血統表
Galileo
鹿毛 1998.3.30
種付け時活性値:1.50

Sadler’s Wells
鹿毛 1981.4.11
Northern Dancer
鹿毛 1961.5.27
Nearctic 1954.2.11
Natalma 1957.3.26
Fairy Bridge
鹿毛 1975.5.4
Bold Reason 1968.4.8
Special 1969.3.28
Urban Sea
栗毛 1989.2.18
Miswaki
栗毛 1978.2.22
Mr. Prospector 1970.1.28
Hopespringseternal 1971.5.27
Allegretta
栗毛 1978.3.10
Lombard 1967
Anatevka 1969
Lillie Langtry
黒鹿毛 2007.2.27
仔受胎時活性値:1.25
Danehill Dancer
鹿毛 1993.1.30
種付け時活性値:1.25
デインヒル
鹿毛 1986.3.26
★Danzig 1977.2.12
Razyana 1981.4.18
Mira Adonde
黒鹿毛 1986.4.19
★Sharpen Up 1969.3.17
Lettre d’Amour 1979.4.23
Hoity Toity
黒鹿毛 2000.4.30
仔受胎時活性値:1.50
Darshaan
黒鹿毛 1981.4.18
種付け時活性値:0.50
Shirley Heights 1975
Delsy 1972.3.20
Hiwaayati
黒鹿毛 1989.3.24
仔受胎時活性値:0.50
Shadeed
鹿毛 1982.3.21
種付け時活性値:1.50
Alathea
黒鹿毛 1975.4.28
仔受胎時活性値:1.25

<5代血統表内のクロス:Northern Dancer3×5>

マインディング(2013.2.10)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
Galileo
(Sadler’s Wells系)
Danehill Dancer
(Danzig系)
Darshaan
(Mill Reef系)
Shadeed
(Nijinsky系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
Galileo 4.50 母が英愛GI2勝馬
(No. 1-d)
2番仔+
(2連産目+)

*

2015年の第46回モイグレアスタッドS(愛GI。カラ芝7F)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破時計
・着差
調教師
1 10 マインディング 牝2 57.2 Seamie Heffernan 1:28.48 A P O’Brien 4
2 7 Ballydoyle 牝2 57.2 Joseph O’Brien 3/4 A P O’Brien 1
3 8 Alice Springs 牝2 57.2 Michael Hussey 1/2 A P O’Brien 7
4 6 Tanaza 牝2 57.2 Pat Smullen 2 3/4 D K Weld 2
5 4 Blue Bayou 牝2 57.2 Jimmy Fortune 1/2 Brian Meehan 3

*

※↓の動画はサムネイルのみです。動画はYoutubeのWEBサイトでご覧ください。

2015年の第42回フィリーズマイル(英GI。ニューマーケット芝8F)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破時計
・着差
調教師
1 10 マインディング 牝2 57.2 Ryan Moore 1:37.87 A P O’Brien 1
2 9 Nathra 牝2 57.2 Frankie Dettori 4 1/2 John Gosden 2
3 2 Hawksmoor 牝2 57.2 Pat Smullen 2 1/4 Hugo Palmer 6
4 3 Coolmore 牝2 57.2 Joseph O’Brien アタマ A P O’Brien 3
5 8 Beautiful Morning 牝2 57.2 Jamie Spencer 1 1/2 Luca Cumani 5

*

※↓の動画はサムネイルのみです。動画はYoutubeのWEBサイトでご覧ください。Racing UKがセコいので、決勝点手前だけですが……。

2016年の第203回英1000ギニー(GI。ニューマーケット芝8F)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破時計
・着差
調教師
1 8 マインディング 牝3 57.2 Ryan Moore 1:36.53 A P O’Brien 1
2 15 Ballydoyle 牝3 57.2 Seamie Heffernan 3 1/2 A P O’Brien 3
3 3 Alice Springs 牝3 57.2 Colm O’Donoghue 1/2 A P O’Brien 6
4 16 Fireglow 牝3 57.2 James Doyle クビ Mark Johnston 10
5 4 Nathra 牝3 57.2 Frankie Dettori 2 John Gosden 4

*

※↓英国ジョッキークラブにおける動画ページです。レースは7分8秒あたりからスタートします。

2016年の第238回英オークス(GI。エプソムダウンズ芝12F10y)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破時計
・着差
調教師
1 4 マインディング 牝3 57.2 Ryan Moore 2:42.66 A P O’Brien 1
2 9 Architecture 牝3 57.2 Frankie Dettori 1 3/4 Hugo Palmer 5
3 5 Harlequeen 牝3 57.2 Silvestre De Sousa 8 Mick Channon 7
4 6 Somehow 牝3 57.2 Seamie Heffernan 14 A P O’Brien 3
5 8 Skiffle 牝3 57.2 William Buick アタマ Charlie Appleby 2

*

2016年の第69回プリティポリーS(愛GI。カラ芝10F)の結果


馬名 性齢
騎手 走破時計
・着差
調教師
1 3 マインディング 牝3 56.2 Ryan Moore 2:09.94 A P O’Brien 1
2 5 Bocca Baciata 牝4 61.7 Colm O’Donoghue 4 1/2 Mrs John Harrington 5
3 2 Lucida 牝4 61.7 Kevin Manning 5 J S Bolger 4
4 1 Koora 牝4 61.7 Jamie Spencer 1/2 Luca Cumani 2
5 4 Speedy Boarding 牝4 61.7 Frederik Tylicki 1/2 James Fanshawe 3

*

※↓の動画はサムネイルのみです。動画はYoutubeのWEBサイトでご覧ください。Racing UKがセコいので、最後の直線だけですが……。

2016年の第167回ナッソーS(英GI。グッドウッド芝10F)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破時計
・着差
調教師
1 1 マインディング 牝3 55.8 Ryan Moore 2:05.05 A P O’Brien 1
2 5Queen’s Trust 牝3 55.8 James McDonald 1 1/4 Sir Michael Stoute 4
3 2 Jemayel 牝3 55.8 Gregory Benoist 1 1/4 J-C Rouget 4
4 3 Swiss Range 牝3 55.8 Frankie Dettori 6 John Gosden 2
5 4 Beautiful Romance 牝4 60.3 James Doyle 11 Saeed bin Suroor 3

*

※↓の動画はサムネイルのみです。動画はYoutubeのWEBサイトでご覧ください。Racing UKがセコいので(ry

2016年の第61回クイーンエリザベス2世S(英GI。アスコット芝8F)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破時計
・着差
調教師
1 8 マインディング 牝3 56.2 Ryan Moore 1:38.53 A P O’Brien 1
2 2 Ribchester 牡3 57.6 William Buick 1/2 Richard Fahey 2
3 7 Lightning Spear 牡5 59 Oisin Murphy 1 David Simcock 5
4 12 Awtaad 牡3 57.6 Chris Hayes 2 1/4 Kevin Prendergast 4
5 9 Galileo Gold 牡3 57.6 Frankie Dettori 3 1/4 Hugo Palmer 3

*

2016年のカルティエ賞年度代表馬、マインディング。通算13戦9勝、2着3回、3着1回。GI7勝の超名牝、このハンパないマインディングが、カタカナ表記のとおり繁殖牝馬として日本の地を踏んだ訳ですが、彼女はディープインパクト(2002.3.25)の種を宿すために来日したのでした。

キャリアだけは四半世紀以上競馬を見てきましたが「時代も変わったな」という感じがします。欧州で本当に超一線級の成績を残した馬が、わざわざ、日本まで種付けに来てくれたのですから。

そんな「ディープインパクト×マインディング」の仔が、世界の檜舞台で大活躍してくれることを祈って、

カルティエ賞年度代表馬
年度 馬名
(生年月日)
[F No.]
母の
何番仔?
4代血統構成
母父 祖母父 曾祖母父
1991アラジ
(1989.3.4)
[7]
2番仔?
(前年産駒なし後?)
Blushing Groom
(Red God系)
Northern Dancer
(Nearctic系)
Le Fabuleux
(Wild Risk系)
Raise a Native
(Native Dancer系)
1992User Friendly
(1989.2.4)

[1-s]
2番仔?
(2連産目?)
Slip Anchor
(Mill Reef系)
Blakeney
(Tourbillon系)
ソレイユ
(Fairway系)
Rockefella
(Hyperion系)
1993Lochsong
(1988.4.26)
[13-a]
初仔?Song
(Owen Tudor系)
Lochnager
(Dante系)
Great Nephew
(Fairway系)
Grey Sovereign
(Nasrullah系)
1994Barathea
(1990.3.2)
[14-a]
4番仔
(4連産目)
Sadler’s Wells
(Northern Dancer系)
Habitat
(Sir Gaylord系)
★Runnymede
(Fairway系)
ニンバス
(Nearco系)
1995Ridgewood Pearl
(1992.3.11)
[14-a]
2番仔?
(2連産目?)
Indian Ridge
(Clarion系)
タツプオンウツド
(Fair Trial系)
Joshua
(Owen Tudor系)
キングスベンチ
(Fair Trial系)
1996エリシオ
(1993.1.24)
[10-c]
初仔?Fairy King
(Northern Dancer系)
Slewpy
(Seattle Slew系)
Val de l’Orne
(Blandford系)
Cutlass
(Damascus系)
1997パントレセレブル
(1994.3.17)
[9]
2番仔
(2連産目)
★Nureyev
(Northern Dancer系)
Alydar
(Raise a Native系)
Habitat
(Sir Gaylord系)
Le Haar
(Blandford系)
1998ドリームウェル
(1995.1.31)
[16-c]
初仔?Sadler’s Wells
(Northern Dancer系)
Alleged
(Ribot系)
Northfields
(Northern Dancer系)
Relko
(Teddy系)
1999Daylami
(1994.4.20)
[9-e]
初仔 ★Doyoun
(Mill Reef系)
Miswaki
(Mr. Prospector系)
クリスタルパレス
(フォルティノ系)
Crepello
(Blenheim系)
2000Giant’s Causeway
(1997.2.14)
[11]
初仔 Storm Cat
(Storm Bird系)
Rahy
(Blushing Groom系)
Roberto
(Hail to Reason系)
Chieftain
(Bold Ruler系)
2001ファンタスティックライト
(1996.2.13)

[14-c]
3番仔?
(3連産目?)
Rahy
(Blushing Groom系)
Nijinsky
(Northern Dancer系)
Key to the Mint
(Ribot系)
Quadrangle
(Blenheim系)
2002ロックオブジブラルタル
(1999.3.8)
[10-a]
7番仔?
(2連産目?)
デインヒル
(Danzig系)
Be My Guest
(Northern Dancer系)
Bold Lad
(Bold Ruler系)
Prince John
(Princequillo系)
2003Dalakhani
(2000.2.16)

[9-e]
4番仔?
(前年産駒なし後?)
Darshaan
(Mill Reef系)
Miswaki
(Mr. Prospector系)
クリスタルパレス
(フォルティノ系)
Crepello
(Blenheim系)
2004Ouija Board
(2001.3.6)

[12-b]
10番仔?
(前年産駒なし後?)
Cape Cross
(Danzig系)
Welsh Pageant
(Owen Tudor系)
★Silly Season
(Tom Fool系)
Alycidon
(Blenheim系)
2005Hurricane Run
(2002.4.13)
[1-l]
6番仔?
(3連産目?)
Montjeu
(Sadler’s Wells系)
Surumu
(Birkhahn系)
Sharpen Up
(エタン系)
Sheshoon
(Hurry On系)
2006Ouija Board
(2001.3.6)

[12-b]
10番仔?
(前年産駒なし後?)
Cape Cross
(Danzig系)
Welsh Pageant
(Owen Tudor系)
★Silly Season
(Tom Fool系)
Alycidon
(Blenheim系)
2007Dylan Thomas
(2003.4.23)

[9-c]
8番仔?
(前年産駒なし後?)
★デインヒル
(Danzig系)
★Diesis
(エタン系)
Mount Hagen
(Bold Ruler系)
Francis S.
(Royal Charger系)
2008Zarkava
(2005.3.31)
[9-c]
2番仔?
(2連産目?)
Zamindar
(Mr. Prospector系)
Kahyasi
(Nijinsky系)
Doyoun
(Mill Reef系)
Shernazar
(Blenheim系)
2009Sea The Stars
(2006.4.6)

[9-h]
10番仔?
(3連産目?)
Cape Cross
(Danzig系)
Miswaki
(Mr. Prospector系)
Lombard
(Teddy系)
Espresso
(Blenheim系)
2010Goldikova
(2005.3.15)
[22-d]
9番仔?
(3連産目?)
Anabaa
(Danzig系)
Blushing Groom
(Red God系)
Lyphard
(Northern Dancer系)
◆Riverman
(Never Bend系)
2011Frankel
(2008.2.11)
[1-k]
2番仔
(2連産目)
Galileo
(Sadler’s Wells系)
デインヒル
(Danzig系)
Rainbow Quest
(Blushing Groom系)
Stage Door Johnny
(Princequillo系)
2012Frankel
(2008.2.11)
[1-k]
2番仔
(2連産目)
Galileo
(Sadler’s Wells系)
デインヒル
(Danzig系)
Rainbow Quest
(Blushing Groom系)
Stage Door Johnny
(Princequillo系)
2013Treve
(2010.4.7)
[4-n]
4番仔?
(前年産駒なし後?)
Motivator
(Sadler’s Wells系)
Anabaa
(Danzig系)
◆Riverman
(Never Bend系)
Lyphard
(Northern Dancer系)
2014Kingman
(2011.2.26)
[19]
7番仔?
(7連産目?)
Invincible Spirit
(Danzig系)
Zamindar
(Mr. Prospector系)
ダンシングブレーヴ
(Lyphard系)
★Mill Reef
(Never Bend系)
2015Golden Horn
(2012.3.27)

[9-c]
2番仔? Cape Cross
(Danzig系)
Dubai Destination
(Mr. Prospector系)
◆Nureyev
(Northern Dancer系)
Habitat
(Sir Gaylord系)
2016 マインディング
(2013.2.10)
[1-d]
2番仔+
(2連産目+)
Galileo
(Sadler’s Wells系)
Danehill Dancer
(Danzig系)
Darshaan
(Mill Reef系)
Shadeed
(Nijinsky系)

と、辿って参りましたカルティエ賞年度代表馬の記事も、ひとまず、終了いたします。丸2年間のお付き合い、本当に有り難うございました。

  

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。

*

[マインディングの主な競走成績]

  1. 英オークス(GI)、英1000ギニー(GI)、クイーンエリザベス2世S(英GI)、ナッソーS(英GI)、プリティポリーS(愛GI)、フィリーズマイル(英GI)、モイグレアスタッドS(愛GI)、ムーアズブリッジS(愛GII)
  2. 愛1000ギニー(GI)、デビュターントS(愛GII)
  3. 愛チャンピオンS(GI)

通算13戦9勝、2着3回、3着1回。

#余談。「ディープインパクト×マインディング」の仔ですが、今年2018年に種付けした初仔が来年2019年に無事生まれるとすると、ディープインパクトが満16歳時交配のミニモの遺伝を受けていることになります。0の理論的にはその点も楽しみな要素ですね。