カルティエ賞年度代表馬を辿る(其の弐拾参)-Golden Horn(2012.3.27)-

Golden Horn(ゴールデンホーン) 牡 鹿毛 2012.3.27生 英国・Hascombe and Valiant Studs生産 馬主・Anthony Oppenheimer氏 英国・John Gosden厩舎

Golden Horn(2012.3.27)の4代血統表
Cape Cross
鹿毛 1994.3.13
種付け時活性値:0.25

Green Desert
鹿毛 1983.4.16
Danzig
鹿毛 1977.2.12
Northern Dancer 1961.5.27
Pas de Nom 1968.1.27
Foreign Courier
鹿毛 1979.4.11
Sir Ivor 1965.5.5
Courtly Dee 1968.3.8
Park Appeal
黒鹿毛 1982.4.9
Ahonoora
栗毛 1975.4.12
Lorenzaccio 1965
Helen Nichols 1966
Balidaress
芦毛 1973.4.22
Balidar 1966
Innocence 1968
Fleche d’Or
鹿毛 2006.5.21
仔受胎時活性値:1.25
Dubai Destination
鹿毛 1999.2.10
種付け時活性値:1.50
★Kingmambo
鹿毛 1990.2.19
Mr. Prospector 1970.1.28
Miesque 1984.3.14
Mysterial
鹿毛 1994.1.27
Alleged 1974.5.4
Mysteries 1986.2.26
Nuryana
鹿毛 1984.5.8
仔受胎時活性値:1.25
Nureyev
鹿毛 1977.5.2
種付け時活性値:1.50
Northern Dancer 1961.5.27
Special 1969.3.28
Loralane
鹿毛 1977.5.7
仔受胎時活性値:1.50
Habitat
鹿毛 1966.5.4
種付け時活性値:0.50
Lora
鹿毛 1972
仔受胎時活性値:1.00

<5代血統表内のクロス:Nureyev3×5、Northern Dancer4×4、Lorenzaccio4×5、Sir Gaylord5×5>

Golden Horn(2012.3.27)の0の理論的総括
母父祖母父曾祖母父
Cape Cross
(Danzig系)
Dubai Destination
(Mr. Prospector系)
◆Nureyev
(Northern Dancer系)
Habitat
(Sir Gaylord系)
形相の遺伝料の遺伝牝系母の何番仔?
Dubai Destination
(Princess Pout)
5.00伯母に英GI勝ち馬
(No. 9-c)
2番仔?

*

※↓の動画はサムネイルのみです。動画はYoutubeのWEBサイトでご覧ください。

2015年の第236回英ダービー(GI。エプソムダウンズ芝12F10y)の結果(上位5頭)


馬名性齢
騎手走破時計
・着差
調教師
18Golden Horn牡357.2Frankie Dettori2:32.32John Gosden1
210Jack Hobbs牡357.2William Buick3 1/2John Gosden2
37Storm The Stars牡357.2Pat Cosgrave4 1/2William Haggas8
49Giovanni Canaletto牡357.2Ryan Moore2A P O’Brien3
51Epicuris牡357.2Thierry Thulliez1 3/4Mme C Head-Maarek9

*

※↓の動画はサムネイルのみです。動画はYoutubeのWEBサイトでご覧ください。

2015年の第119回エクリプスS(英GI。サンダウン芝10F7y)の結果


馬名性齢
騎手走破時計
・着差
調教師
11Golden Horn牡355.3Frankie Dettori2:05.77John Gosden1
22The Grey Gatsby牡460.3Jamie Spencer3 1/2Kevin Ryan2
33Western Hymnせん460.3James Doyle4 1/2John Gosden3
44Cougar Mountain牡460.3Ryan Moore3/4A P O’Brien3
55Tulliusせん760.3Oisin Murphy1 1/4Andrew Balding5

*

2015年の第40回愛チャンピオンS(GI。レパーズタウン芝10F)の結果(上位5頭)


馬名性齢
騎手走破時計
・着差
調教師
11Golden Horn牡357.2Frankie Dettori2:05.41John Gosden1
23Found牝355.8Seamie Heffernan1A P O’Brien3
35Free Eagle牡460.3Pat Smullen1/2D K Weld2
42Pleascach牝355.8Kevin Manning2J S Bolger6
57Highland Reel牡357.2Joseph O’BrienクビA P O’Brien7

*

2015年の第94回凱旋門賞(仏GI。ロンシャン芝2400m)の結果(上位5頭)


馬名性齢
騎手走破時計
・着差
調教師
114Golden Horn牡356Frankie Dettori2:27.23John Gosden2
211Flintshire牡559.5Maxime Guyon2A Fabre6
35New Bay牡356Vincent CheminaudクビA Fabre3
48Treve牝558Thierry JarnetハナMme C Head-Maarek1
54Erupt牡356Stephane Pasquier1 1/2F-H Graffard7

*

2015年のカルティエ賞年度代表馬、Golden Horn。血統表を開いてみて、伯母Rebecca Sharp(1994.4.10)がアスコット芝8Fの第148回コロネーションS(英GI)勝ち馬、更にGI級マイラーの父の4代重ねであれば、馬主であるアンソニー・オッペンハイマー氏が「10Fまでの馬」と、距離不安を口にされたのも仕方ありませんね^_^;

Golden Hornの4代血統構成における各代の父の主な勝ち鞍を確認してみると、

  1. 父Cape Cross
    →ロッキンジS(英GI)、クイーンアンS(当時英GII)、セレブレーションマイル(英GII)
  2. 母父Dubai Destination
    →クイーンアンS(英GI)、シャンペンS(英GII)
  3. 祖母父Nureyev
    →英2000ギニー(GI)1着失格、トーマスブライアン賞(仏GIII)
  4. 曾祖母父Habitat
    →ムーラン・ド・ロンシャン賞(現仏GI)、ロッキンジS(現英GI)、クインシー賞(現仏GIII)

ズラリ並んだ欧州のマイルGIや短距離重賞。ともあれ、それぞれの代に配された父たちは、中距離から選手権距離でも、その血の確かさを見せていたのです。父Cape CrossはGolden Hornの前に、Ouija Board(2001.3.6)Sea The Stars(2006.4.6)と12ハロンGIの勝馬、しかも共にGI6勝という超ド級の2頭を輩出していました。Cape CrossはOuija Board、Sea The Stars、そしてGolden Hornとカルティエ賞年度代表馬を3頭も輩出したのですから、一発長打の名種牡馬でした。Cape Crossが1998年の第77回ジャック・ル・マロワ賞(仏GI)でタイキシャトル(1994.3.23)の3着に敗れたのも、今は昔です。また、母父Dubai Destinationは第65回”キング・ジョージ”(英GI)の勝ち馬Postponed(2011.4.4)、第23回ドバイワールドカップ(UAE・GI)の勝ち馬Thunder Snow(2014.3.24)の母父でもあります。合わせて、祖母父Nureyevは父としてTheatrical(1982.3.13)、パントレセレブル(1994.3.17)と、やはり2400m級GIのチャンピオンホースを送り込んでいます。最後に、曾祖母父Habitatは、ブルードメアサイアーとしてReference Point(1984.2.26)、Shaamit(1993.2.11)と2頭の英ダービー馬を輩出しました。

軽快な血を重ねたことによる距離不安を、自身のその稀有な能力を以て打ち破ったGolden Horn。種牡馬として、どんな仔を送り込んでくれるか。来年2019年に2歳を迎える初年度産駒の走りを楽しみに待ちたいものです。

 

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。