カルティエ賞年度代表馬を辿る(其の壱)-アラジ(1989.3.4)-

アラジ 牡 栗毛 1989.3.4生 米国・Ralph C. Wilson Jr. 生産 馬主・Allen E. Paulson & Sheikh Mohammed 仏国・Francois Boutin厩舎

アラジ(1989.3.4)の4代血統表
Blushing Groom
栗毛 1974.4.8
種付け時活性値:1.50
Red God
栗毛 1954.2.15
Nasrullah
鹿毛 1940.3.2
Nearco 1935.1.24
Mumtaz Begum 1932
Spring Run
鹿毛 1948
Menow 1935
Boola Brook 1937
Runaway Bride
鹿毛 1962
Wild Risk
鹿毛 1940
★Rialto 1923
Wild Violet 1935
Aimee
鹿毛 1957
Tudor Minstrel 1944
Emali 1945
ダンスールファビュルー
鹿毛 1982.3.2
仔受胎時活性値:1.50
Northern Dancer
鹿毛 1961.5.27
種付け時活性値:1.00
Nearctic
黒鹿毛 1954.2.11
Nearco 1935.1.24
Lady Angela 1944
Natalma
鹿毛 1957.3.26
Native Dancer 1950.3.27
Almahmoud 1947.5.18
Fabuleux Jane
栗毛 1974.4.11
仔受胎時活性値:1.50
Le Fabuleux
栗毛 1961
種付け時活性値:1.00
Wild Risk 1940
Anguar 1950
Native Partner
鹿毛 1966.4.5
仔受胎時活性値:1.75
Raise a Native
栗毛 1961.4.18
種付け時活性値:1.00
Dinner Partner
鹿毛 1959.5.27
仔受胎時活性値:1.50

<5代血統表内のクロス:Wild Risk3×4、Nearco4×4、Native Dancer4×5(母方)>

アラジ(1989.3.4)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
Blushing Groom
(Red God系)
Northern Dancer
(Nearctic系)
Le Fabuleux
(Wild Risk系)
Raise a Native
(Native Dancer系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
Blushing Groom
(Runaway Bride)
6.50 半弟Noverre
(No. 7)
2番仔?
(前年産駒なし後?)

*

1991年のモルニ賞(仏GI。ドーヴィル芝1200m)の結果


馬名 性齢
騎手 走破時計
・着差
調教師
1 1 アラジ 牡2 56 Gerald Mosse 1:13.3 F Boutin 1
2 2 Kenbu 牝2 54.5 F Head 3 F Boutin 3
3 4 Lion Cavern 牡2 56 S Cauthen 3/4 A Fabre 2
4 3 Calling Collect 牡2 56 Dominique Boeuf 2 E Lellouche 4

1991年のモルニ賞。アラジのGI初勝利は、ステーブルメイトの牝馬Kenbu(1989.2.28)、シンボリスウォード(1995.2.5)やスイートオーキッド(1997.2.13)の母に3馬身差を着けての快勝でした。3着のLion Cavern(1989.2.13)も懐かしい名前です。1998年のアーリントンC(GIII)を制したダブリンライオン(1995.1.26)のお父さん。

*

1991年のサラマンドル賞(仏GI。ロンシャン芝1400m)の結果(上位5頭)

馬名 性齢
騎手 走破時計
・着差
調教師
1 アラジ 牡2 56 Gerald Mosse 1:20.9 F Boutin
2 Made Of Gold 牡2 56 A Cruz 5 Mohamed Moubarak
3 Silver Kite 牡2 56 Thierry Jarnet クビ A Fabre
4 Code Breaker 牡2 56 E Legrix 短クビ P Bary
5 Cardoun 牡2 56 Dominique Boeuf 1/2 E Lellouche

1991年のサラマンドル賞。仏国のかつての伝統2歳レース、アラジはロンシャン芝1400mを1分20秒9という超抜の時計で、2着のMade Of Gold(1989.4.19)を5馬身置き去りにしました。

*

1991年のグランクリテリウム(仏GI。ロンシャン芝1600m)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破時計
・着差
調教師 人気
1 2 アラジ 牡2 56 Gerald Mosse 1:41.4 F Boutin 1
2 6 Rainbow Corner 牡2 56 Pat Eddery 3 A Fabre 5
3 4 Seattle Rhyme 牡2 56 C Asmussen 短頭 David Elsworth 6
4 1 St Jovite 牡2 56 C Roche 3/4 J S Bolger 2
5 5 Code Breaker 牡2 56 E Legrix 5 P Bary 4

1991年のグランクリテリウム。モルニ賞、サラマンドル賞と仏2歳GIを連勝して挑んだ、仏2歳王者決定戦グランクリテリウム。2歳時のアラジに敵う馬はなく、ここも3馬身差の楽勝。2着Rainbow Corner(1989.2.21)は、時が下って、マカヒキ(2013.1.28)の祖母父として血統表に現れます。

*

第8回ブリーダーズカップ・ジュヴェナイル(米GI。チャーチルダウンズ・ダート8.5F)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破時計
・着差
調教師
1 14 アラジ 牡2 55.3 P. Valenzuela 1:44.78 F. Boutin 1
2 5 Bertrando 牡2 55.3 A. Solis 5 J. Shirreffs 2
3 8 Snappy Landing 牡2 55.3 G. Stevens 3 1/2 D. Manning 12
4 13 Offbeat 牡2 55.3 M. Smith アタマ C. McGaughey 5
5 2 Agincourt 牡2 55.3 J. Chavez 1 3/4 N. Zito 13

1991年の第8回ブリーダーズカップ・ジュヴェナイル。「here INDEED is a SUPERSTAR」「ABSOLUTELY SENSATIONAL!」。実況を担当されたトム・ダーキン氏の英語版のWikipediaからそのまま引きました。レースは、向こう正面から馬群を縫うようにしてマクリ、直線では外に膨れ加減になりつつも5馬身差のぶっちぎり。2着のBertrando(1989.2.18)とて、ブリーダーズカップ・ジュヴェナイル前まで3戦3勝(内GI1勝、GII1勝)、後には1993年のエクリプス賞最優秀古牡馬に選出される兵です。強者が、更なる強者を、より一層引き立てます。

*

栄えある初回、1991年のカルティエ賞年度代表馬に選出されたのは、アラジ。

ブリーダーズカップ・ジュヴェナイル、グランクリテリウム、サラマンドル賞、モルニ賞、ロベールパパン賞(仏GII)、ボワ賞(仏GIII)と、米仏で2歳重賞6勝、内GI4勝。この活躍を以て、1991年のカルティエ賞年度代表馬、カルティエ賞最優秀2歳牡馬、そしてエクリプス賞最優秀2歳牡馬に選出されました。

今に続くカルティエ賞年度代表馬の表彰は、「Wonder Horse」アラジが見せた、その類まれな2歳戦成績からスタートしたのでした。

  

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。

*

<参考WEB>