カルティエ賞年度代表馬を辿る(其の参)-Lochsong(1988.4.26)-

Lochsong(ロックソング) 牝 鹿毛 1988.4.26生~2014.5.27没 英国・Littleton Stud生産 馬主・Jeff C. Smith 英国・Ian Balding厩舎

Lochsong(1988.4.26)の4代血統表
Song
鹿毛 1966
種付け時活性値:1.25

Sing Sing
鹿毛 1957
Tudor Minstrel
黒鹿毛 1944
Owen Tudor 1938
Sansonnet 1933
Agin the Law
鹿毛 1946
Portlaw 1928
Revolte 1933
Intent
芦毛 1952
★Vilmorin
芦毛 1943
Gold Bridge 1929
Queen of the Meadows 1938
Under Canvas
鹿毛 1943
Winterhalter 1937
Shelton 1935
Peckitts Well
鹿毛 1982.3.21
仔受胎時活性値:1.25
Lochnager
黒鹿毛 1972
種付け時活性値:0.25
Dumbarnie
黒鹿毛 1949
Dante 1942
Lost Soul 1931
Miss Barbara
黒鹿毛 1961
★Le Dieu d’Or 1952
Barbarona 1947
Great Grey Niece
芦毛 1976.3.31
仔受胎時活性値:1.25
Great Nephew
鹿毛 1963
種付け時活性値:1.00
Honeyway 1941
Sybil’s Niece 1951
Grey Shoes
芦毛 1970
仔受胎時活性値:1.25
Grey Sovereign
芦毛 1948
種付け時活性値:1.25
Evening Shoe
栗毛 1960
仔受胎時活性値:0.25

<5代血統表内のクロス:Fairway5×5>

Lochsong(1988.4.26)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
Song
(Owen Tudor系)
Lochnager
(Dante系)
Great Nephew
(Fairway系)
Grey Sovereign
(Nasrullah系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
Song 4.00 半妹も英GI勝ち馬
(No. 13-a)
初仔? 

*

1993年のナンソープS(英GI。ヨーク芝5F)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破時計
・着差
調教師 人気
1 5 Lochsong 牝5 58.5 Frankie Dettori 58.12 I A Balding 6
2 1 Paris House 牡4 59.9 John Carroll 1 1/2 J Berry 2
3 10 College Chapel 牡3 58.5 L Piggott 3/4 M V O’Brien 1
4 3 Elbio 牡6 59.9 W R Swinburn 1 Peter Makin 4
5 2 Blyton Lad せん7 59.9 S Webster クビ M J Camacho 7

*

1993年のアベイ・ド・ロンシャン賞(仏GI。ロンシャン芝1000m)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破時計
・着差
調教師 人気
1 9 Lochsong 牝5 61 Frankie Dettori 59.70 I A Balding 2
2 6 Stack Rock 牝6 61 Kieren Fallon 6 Eric Alston 6
3 4 Monde Bleu 牡5 62 S Guillot 短アタマ A Fabre 4
4 8 ザイーテン 牡3 62 Thierry Jarnet 1/2 A Fabre 1
5 2 Tropical 牝3 61 Mick Kinane 3/4 D K Weld 3

*

1994年のアベイ・ド・ロンシャン賞(仏GI。ロンシャン芝1000m)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破時計
・着差
調教師 人気
1 8 Lochsong 牝6 61 Frankie Dettori 57.20 I A Balding 1
2 2 Mistertopogigo 牡4 62 Kevin Darley 5 B Beasley 6
3 10 Spain Lane 牝3 61 W R Swinburn 2 A Fabre 5
4 7 Late Parade 牡3 62 M Roberts 1 P Lodigiani 10
5 1 Great Deeds 牝3 61 W Carson ハナ Mick Channon 9

*

1993年のカルティエ賞年度代表馬に選出されたのは、英国のスプリント女王Lochsong。同年のアベイ・ド・ロンシャン賞の6馬身差勝ちのインパクト故でしょうか。純粋なスプリンターのカルティエ賞年度代表馬の受賞は、2016年終了時点では、Lochsong唯1頭です。

なお、1993年のカルティエ賞の選出馬には、最優秀3歳牡馬にコマンダーインチーフ(1990.5.18)、最優秀古馬にオペラハウス(1988.2.24)がいました。後に日本に種牡馬として輸入されたこの2頭、前者が英ダービー(GI)と愛ダービー(GI)、後者がコロネーションC(英GI)、エクリプスS(英GI)、”キング・ジョージ”(英GI)と、共に中長距離の大レースを複数勝っていましたが、それでもLochsongのインパクトには勝てなかった、というところでしょうか。

1993年当時は、海の向こうの情報について、月刊『優駿』における、故・石川ワタルさんの記事で確認したものです。Lochsongのカルティエ賞年度代表馬の選出時も「へぇ、スプリンターが欧州年度代表馬とは。サスガに懐が深い」と思ったもの。

今は昔となりますが、世界が網の目でつながれている2017年現在からすると、2回り前のトリ年は世界が随分と遠かったのだと、改めて思います。

  

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。

*

[Lochsongの主な競走成績]

  1. ナンソープS(英GI)、アベイ・ド・ロンシャン賞(仏GI)2回、キングズスタンドS(英GII)、テンプルS(英GII)、キングジョージS(英GIII)2回、パレスハウスS(英GIII)
  2. ダイアデムS(英GIII)
  3. スプリントC(英GI)、グロシェーヌ賞(仏GII)、パレスハウスS(英GIII)

通算27戦15勝、2着2回、3着4回。

#余談。時折しも1993年、日本ではビワハヤヒデ(1990.3.10)ヤマニンゼファー(1988.5.27)の年度代表馬争いがなされており、前者が第54回菊花賞(GI)勝ちとGI2着3回、後者が第108回天皇賞・秋(GI)と第43回安田記念(GI)のGI2勝とGI2着1回。結果は、ビワハヤヒデに軍配が上がりましたが、物議を醸したところもありました。ともあれ、ビワハヤヒデの「菊花賞5馬身差の日本レコード勝ち」は大きく印象に残るものでしたし、着差のインパクトという意味では、Lochsongに通ずるところもありました。